東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

せんべろnetとは?

スポンサーリンク

IMG_5899

当サイトのせんべろ定義

せんべろnetでは、立ち飲み、角打ち、大衆酒場をはじめとした一軒1000円程度で気軽に楽しめる飲み歩き情報をお届けしています。

安く美味しく愉しく飲んで酔い気分…そんな日常での気軽な一息が大好きです。それを一番わかりやすく伝えられるのは何だろう?と考えた時に、しっくりきたのが「せんべろ=1000円でべろべろに酔える」という言葉でした。

そもそも「せんべろ」とは、1000円でべろべろに酔えるという酒場などの俗称で、「せんべろ探偵が行く (集英社文庫)」がルーツと言われています。著書を読むと、1980年代頃に中島らもさんの身内言葉から全国区に広まったとの記載もあります。

この「せんべろ」という俗称のイメージや定義は、人によってさまざまだと思います。

お酒1杯・おつまみ1品で会計が1000円以内であれば、「せんべろ」と考える人もいるかも知れませんし、本当にべろべろになれるのはお酒5杯以上だから、それを1000円以内で収めることができないのであれば「せんべろ」ではないと考える人もいるかも知れません。

イメージやお酒の量は人それぞれだと思いますし、どれが正解というのは無いと捉えています。

当サイトでは1軒あたり下記の様に定義し、予算の目安として表示しています。
※お通し・席料、消費税などすべて含む。

せんべろの定義:
酒2杯、つまみ1品=会計が1000円以内
1500べろの定義:
酒2杯、つまみ1品=会計が1001円以上~1500円以内

もちろん、筆者はその量で本当にべろべろになることはありません(物凄く強いお酒の場合を除く)。基本的には自身が1軒でほろ酔いになれる程度の量を定義としています。

関連投稿:せんべろの定義についてせんべろの考察

運営者について

都内在住の自称せんべろ放浪人ひろみんが運営しています。2015年2月に当サイトのドメインを取得しました。

立ち飲み、角打ち、大衆酒場や食堂などが大好きで、基本ひとり飲みが多いです。更新は都内が中心になりますが、好きなアーティストのLIVE遠征も趣味の一つなので地方の投稿もしています。

人気店もいいですが、マニアックだったり、味のあるお店だったり、ユニークだったり、激安だったり…訪れてワクワクできるお店が好きです。当サイトには、上記のせんべろ定義に該当し、自身が訪れてまた立ち寄りたいと感じた酒場をアップしています。

031

もともと、美味しいものを食べることが趣味でした。数年前から前職の勤務先である新橋の立ち飲みにハマりだし、そこからいつの間にか安ウマなせんべろ酒場を探すことが趣味になっていました。

何でせんべろなのか?それは限られた生活費の中で、仕事の活力になる酒場でのお酒をより沢山愉しみたいと考えるようになったからです。

数年前の筆者は、日々の仕事に追われストレスが溜まる一方でした。そんな時活力になっていたのが、とある立ち飲み屋に寄ってひとりで一杯飲むこと。その酒場はいつも、安いのにちゃんと美味しくて、店員さんも笑顔だったり、常連さんも気さくだったりと居心地のよい温かなお店でした。

そんなお店が数年前に閉店したことや、グルメサイトRettyを始めたことがキッカケとなり、より沢山のせんべろ酒場を巡るようになりました。

庶民の味方とも言えるせんべろ酒場を、これからもせんべろ好きな皆さんと共有できたらとても嬉しいです。

せんべろnet以前の投稿はこちらをどうぞ↓

Retty(登録者のみ公開)食べログ

雑誌・メディア掲載

■2016年3月:宝島社「大衆酒場の達人
「せんべろ酒場20選(4ページ)」に寄稿。

■2016年9月:扶桑社「週刊SPA!
週刊SPA!「S級グルメ」でちょい飲みについて取材を受けました。

■「酒場立ち飲みバルバール
⇒短期連載「ひろみんの安ウマ酒場」寄稿。

■ニュースサイト「イロリオ
⇒不定期でネタのある際に寄稿。最近、手一杯で寄稿が止まっちゃってます。

グルメサイト・SNS配信

食べログ
Retty
twitter
facebook
instagram
vine

情報提供やご意見・ご感想などのお問い合わせはこちらからどうぞ。

当サイトの情報が皆さんのお役に立てたり、酒場の応援に繋がれば幸いです。

最終更新
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加