立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

【たまにはプチ贅沢】都内のウニ料理が美味しい居酒屋まとめ7選(2016年10月更新版)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

せんべろとはちょっと離れてしまうのですが…今回はウニも大好物な筆者が訪れたことのある、ウニ料理が美味しい居酒屋を厳選してご紹介します。

甘くとろけるウニが好きなので、訪問時にミョウバン特有の苦さを感じたお店は入れてないつもりです。

もちろん、プチ贅沢と言っても制御すれば客単価1~5000円以内でイケる価格帯ですのでご安心ください。

魚祥(神田)New

2016年7月にオープンされたばかりの、魚料理メインの立ち飲みです。

IMG_6411

名物の「炙り中とろ生うに巻き480円」は、疲れを吹き飛ばしてくれる至福な逸品。うに・イクラ・中トロ好きな方にぜひ食べていただきたいです。

IMG_6420

イクラがピカピカとたっぷり盛られています!「生うに」は入ってるのかな、なんて思いつつ中トロをめくると…。

IMG_6426

生うにもたっぷりとこんにちは!

ミョウバンとは無縁の濃厚でとろける生うにを、脂の乗った中トロでくるりと巻いて炙っています。そしてたっぷりとその周りを囲むのは、しっかりと味のついた醤油漬けいくら…とろける!濃厚!本当美味しいです。

真新しい店内は、L字カウンターとテーブルが幾つかあり、壁や箸入れなど所々で竹をあしらっていたりして、落ち着いた「和」の雰囲気です。カウンターに立つ店員さんたちは皆、気さくで距離感も丁度良いので居心地が良いですよ。

お酒300円~、お料理は200円台~。
★使用金額の目安:1人あたり1000円~2000円程度。

»「魚祥」のせんべろレビューはこちら

魚輝(六本木)

隠れ家的な予約必須の海鮮居酒屋。ウニ好きの間では言わずと知れたお店です。

077

「ウニいくら土鍋ご飯4000円」は看板メニュー(ウニだけにもできるそう)。

土鍋は注文を受けてから1時間ほどで炊き上げてくれます。蓋をあけるとパーっと煌びやかな彩りで綺麗すぎてウットリ。

078

硬めに炊きあがった出汁ごはんにとろけたウニと漬けイクラが絡み合う。濃厚で甘みが感じられて口の中にパーっと幸せが広がっていきます。鍋の底にはおこげも!香ばしくて最高です。

店内は掘りごたつ式のカウンターとテーブルがあり、しっぽり隠れ家的な雰囲気。訪れた日の客層は3~40代のIT系が多めな印象でした。店員さんのホスピタリティも◎ですよ。

お通し700円(ホタテ煮)、お酒500円程度~、お料理は7~800円台多め。
★使用金額の目安:1人あたり5~6000円程度。

»「魚輝」の食べログページはこちら

備長炭火焼 じげ 築地店 (築地)

備長炭火焼のオシャレでモダンな居酒屋。

6412

「ウニ焼おにぎり790円」はウニがこれでもかってくらい山盛りでビジュアルにうっとり。

6416

甘く口の中でとろけるウニは、苦味なんて一切なし。そして焼きおにぎりは炭火焼きで香ばしくこのハーモニーが堪りませんね。

店内は接待にも使えそうなオシャレでモダンな雰囲気。きちんとした接客が受けられます。訪れた日の客層は4~50代のサラリーマンが多めな印象でした。

お通し500円(七輪のししゃもとカニのすみ汁)、お酒450円~、お料理は5~600円台多め。
★使用金額の目安:1人あたり5~6000円程度。

»「備長炭火焼 じげ 築地店 」の食べログページはこちら

かねます(勝どき)

大人気の立ち飲み割烹です。開店前に行列ができることもしばしば。

1541

「生うに牛巻2300円」は口に入れた瞬間幸せが広がります。

うにが甘くて新鮮ですし、牛刺しも新鮮で脂が乗っています。2つの相性がバツグンで、本当に美味しいです。

店内は静かで落ち着いた凛とした雰囲気。客層は若い人からお年を召した方までいらっしゃいます。

お通し・席料なし、お料理は2000円前後が多め。
★使用金額の目安:1人あたり3~4000円程度。

»「かねます」の食べログページはこちら

4番サード魚真(渋谷)

魚介メインの賑やか系な居酒屋。「うにぎり」で一躍有名になったお店です。

6971

「生うにむすび450円(うにぎり)」は人気メニュー。

パリパリ食感でバター醤油が香ばしい焼きおにぎりと、とろける濃厚ウニが好相性ですよ。思わずもう1つ注文したくなる美味しさです。

店内は座敷とテーブルがあり、ワイワイガヤガヤで楽しい雰囲気。訪れた日の客層は2~40代が多めな印象でした。落ち着いて飲みたい時には向かないけれど、気軽に友人や同僚と行くのにちょうど良い店です。

お通しは恐らく無料、お酒500円程度、お料理は7~800円台多め。
★使用金額の目安:1人あたり3~4000円程度。

»「4番サード魚真」の食べログページはこちら

煮込 千成 本店(巣鴨)

煮込みで有名な大衆酒場。酒場放浪記でもおなじみですね。実はレギュラーメニューにウニ料理があったりします。

1521

「うにスパゲッティ中盛り1300円」は〆にピッタリ。

ふんだんにウニが和えられていて、濃厚で磯の香りがします。そして、クリーミー。

店内は小上りとテーブルがあり、ワイガヤで楽しい雰囲気。訪れた日の客層はやや年齢層が高め。こちらは、煮込みが絶品ですよ!

お通し300円程(小鉢)、お酒400円程度~、お料理は4~500円台多め。
★使用金額の目安:1人あたり3000円程度。

»「煮込 千成 本店」の食べログページはこちら

八吉

魚介メインのチェーン居酒屋です。ウニトーストが恋しくなると訪れています。

2315

「ウニトースト竹炭バケット980円」は個人的に好きなメニュー。

ウニと竹炭バケット3個入り。バケットはカリカリモチっとしたタイプで、マヨベースの特製ソースが塗られておりトーストされてます。こちらに、豪快に生ウニを乗っけるスタイル。ウニは甘く、バケットは香ばしく濃厚で食感も良いです。

店舗によって雰囲気は変わると思うのですが、こちらはワイガヤながらもどこか落ち着いた雰囲気。訪れた日の客層は3~40代が多めな印象でした。

お通し恐らく400円程度、お酒4~500円程度、お料理は7~800円台多め。
★使用金額の目安:1人あたり3~5000円程度。

八吉の店舗一覧はこちら

いかがだったでしょうか。美味しいお店を見つけたら追加して参ります。ウニ好きな皆さんのオススメ居酒屋がありましたらこちらよりぜひ教えていただけると幸いです。

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。