立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

【小ネタ】暖簾が「やきとり」なのに鳥がない?暖簾の見分け方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ひとりでディープ酒場を訪れると、自然と人生の先輩方と会話する機会に恵まれたりします。会話の内容は大体、酒場やお酒ネタばかり。ここでは、酒場で人生の先輩方から教えていただいた、小ネタを綴っていければと思います。

万が一、間違ってたらお手数ですがご指摘いただけると幸いです。。。

image

暖簾がやきとりでも、もつ焼き屋

暖簾に「やきとり」と書かれた酒場は沢山あると思います。当然、「やきとり」と表記があったら、鳥が串にささったものが出てくると想像しますよね。ですが、実は一切出てこない店も多々あるんです。そして「鳥」の代わりに出てくるものが「豚」というのは、呑兵衛の間ではよく知られている話。

「豚」しかないのに、「やきとり」と暖簾に掲げている理由は、昔は鳥が高価だったけれど手軽に焼き鳥を食べて欲しいといったところから、豚を焼き鳥に見立てて提供したのがはじまりだとか。

せっかく焼き鳥が食べたくて入ったのに、鳥が一切ないって切ないですよね。。。さて、そんな思いをしない為の見分け方はないのでしょうか。

焼き鳥屋ともつ焼き屋の見分け方

実は、暖簾の表記の仕方で大体どちらか見分けられるそうです!(もちろんそうじゃない場合も中にはあります。)

漢字=焼き鳥屋
ひらがな=もつ焼き屋

今までの、もつ焼き屋の暖簾を頭に浮かべると、確かにひらがなが多かったような。なるほどですね!

今宵も教えてくださった人生の先輩方に感謝感謝です。

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。