立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

せんべろおでかけプラン「昼から都電荒川線を巡るディープコース」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

せんべろ酒場=ハシゴする事が大半なこの頃。ただ、せっかく遠征しても酒場のハシゴだけじゃもったいないし、お腹ももたれてしまいます。そこで、今回よりせんべろ酒場おでかけスポット組み合わせた、ほぼ自身が体験したお出かけプランを紹介していきます。

第1回は早稲田~三ノ輪橋まで、東京都内を走っている都電荒川線を楽しむコース。飲むだけじゃなくウォーキングコースも含まれてますヨ!

―――休日11:00スタート―――

A.巣鴨駅「地蔵通りで食べ歩き・お弁当購入」

 alt=
巣鴨駅」で下車したら地蔵通りを歩き、都電荒川線の「庚申塚駅」を目指す。地蔵通りでは、食べ歩きメニュー昼ごはん用の弁当など(後から飛鳥山で食べるのだ。)を購入してみてはいかがでしょう。食べ歩きはお団子や大福、大学芋などの甘味から焼き鳥まで揃う。お弁当は、地蔵通り入口の比較的大きな甘味処「伊勢屋」が弁当系のメニューが種類豊富でオススメだ。また、コンビニで缶ビール等を購入してもイイかも!

B.庚申塚駅「一日乗車券を購入」

 alt=
まずは乗車時に「一日乗車券でお願いします」と車掌さんに伝えよう!
スイカやパスモなどのICカードで支払うと、自動的にICカードが一日乗車券の役割をしてくれてとっても便利。ちなみに一日乗車券は400円とリーズナブル。この価格で1日乗り降り自由って、オトクな感じがしません?

C.飛鳥山駅「日本一!?低い山頂で昼食」

 alt=
せっかくなんで、日本一低い!?と呼ばれている「飛鳥山」でピクニックはいかがでしょうか。「庚申塚駅」から4駅先の「飛鳥山駅」で下車します。ちなみに僅か10分ほどで山頂に到着と本当に低い(笑)こんなに低い山ですが…「山頂」~「王子駅」をつなぐ簡易モノレールなんかもあったりしますよ。山頂付近の木陰になったベンチに腰かけて…さぁ、お弁当ビールを取り出していただきましょう!自然に囲まれてのご飯は美味しいですねぇ。

D.荒川遊園地前駅「荒川遊園地~駄菓子屋でもんじゃ」

「飛鳥山」の山頂から簡易モノレールで下り「王子駅前駅」から荒川線にまた乗車。4駅先の「荒川遊園地前駅」で下車しよう。その名の通りココには「荒川遊園地」がある。入園料は僅か200円とかなりお財布にやさしい。入園したら乗り物に乗るもよし、釣りをするもよし、動物と戯れるもよし。色んな楽しみ方ができる。
そして、コバラが空いてきたら、付近にある駄菓子屋こどもの家 きくや」にて懐かしのもんじゃをいただこう。童心にかえれてテンション上がります。しかもこの店、駄菓子屋なのにビールを飲むことが出来るんです。昼下がりに一杯やっちゃいましょ!

E.荒川一中前駅「帝国湯~ドキドキの家谷酒店」

「荒川遊園地前駅」を堪能したら今度はすぐ先の「荒川一中前駅」で下車しよう。目的地は向かい同士の「帝国湯」と「家谷酒店」。距離は徒歩20分ほどと少々遠めですが…脂肪燃焼としてウォーキング!大正時代から創業され、昭和の雰囲気が残る「帝国湯」でひとっ風呂浴びたら、向かいにあるディープな「家谷酒店」へ。角打ちの中でもかなりハードな方かと思いますが…トライしてみてはいかがでしょうか。

F.三ノ輪橋駅「ジョイフル三ノ輪商店街でお買い物」

ディープゾーンのEを巡ったら徒歩で、「ジョイフル三ノ輪」へ。激安プライスなものが売っていたりと魅力的な商店街。こちらで夕飯のおかずでも買って帰ろうかな!

―――ゴォォォール!―――

いかがだったでしょうか。おでかけスポットが多めだったり、歩いたりと結構弾丸コースだったかもしれません。。(笑)せんべろ酒場については、ほんの一部(しかもマニアック系)を紹介しましたが…沿線内には、ステキな酒場がまだまだ沢山ありますよ。パーツだけでも、参考にしていただけると幸いです。
また、沿線の荒川区エリア6月上旬くらいまで様々な種類のバラが咲いていてキレイです。乗車中、景色を見逃さないようにしてくださいね!

271

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。