東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

せんべろおでかけプラン「日本最大級の東京競馬場で昼飲み」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

せんべろ酒場とおでかけスポットを組み合わせた「せんべろおでかけプラン」。

今回は日本最大級の東京競馬場でせんべろ!B級グルメ×昼飲みを楽しんで参りましたので、その模様をご紹介します。

昼飲みパラダイス「東京競馬場」

「東京競馬場(府中競馬場)」は、東京都府中市にあるJRAの競馬場です。

天皇陛下もご来場されるほどの競馬場ということで、規模も日本最大級で、建物も比較的新しいです。また、レストランやファーストフード、売店などの飲食店は100店舗近く参入しているので、さまざまなB級グルメを楽しむことができます。

※競馬場のお酒は高いので、コンビニなどで購入の上、持ち込みが無難かもしれません。

t_keiba

ファミリーやカップルなども多く見受けられ、競馬場特有のディープなイメージよりは、レジャー利用もできる現代的な雰囲気を持つ競馬場です。

「東京競馬場」へのアクセス

電車でのアクセスは、京王線「府中競馬正門前駅」が最短で、正門まで徒歩2分程度で到着することができます。また、JR武蔵野線・南武線「府中本町駅」からだと、東京競馬場臨時改札口から西門まで徒歩約5分程度です。

その他アクセス方法はこちら

今回はJR武蔵野線・南武線「府中本町駅」からアクセスしました。

img_9698

東京競馬場臨時出口から下車します。降りてすぐのキオスクでは競馬新聞がズラリと並んでいます。

img_9699

専用歩道橋=フジビューウォークをテクテクと5分程度歩くと、到着します。

「東京競馬場」に到着!

さて西門に到着しました。

img_9702

持ち込み注意事項があるようなので、念のため注意です。

img_9704

訪れた日は競馬開催日ではなく、パークウインズ日(場外発売日)ということで、入場料は無料。

※開催日についは入場料として200円(15歳未満無料)かかります。

img_9713

場内はとても広いので、ところどころに場内マップが設置されています。迷ったら確認しましょう。

img_9706

西門から入ってすぐ望めるのは、大迫力のフジビュースタンドです。

この広さ、一体何人がここで観戦できるのでしょうか!

img_9709

晴天の綺麗な青空、芝生の緑…色鮮やかな色彩に、日ごろ酷使している目が洗われるようです。

img_9796

フジビュースタンドの裏手(周辺)には、日本庭園やけやき並木、公園、子ども向けのフアフア レインボーランドなどがあったりして、緑が多いです。

子ども連れのファミリーやカップルなどが多いのも頷けますね。もちろん、お酒を片手に持ったおやじさんたちも同じくらい見受けられますが…。

「東京競馬場」×せんべろ

さてここからは、今回東京競馬場を訪れた最大の目的である、飲食店&B級グルメ=せんべろのご紹介です。

※競馬場のお酒は高いので、コンビニなどで購入の上、持ち込みが無難かもしれません。

img_9712

100店舗近く、88店舗の飲食店が参入しています(※2017年1月現在、公式サイトから軒数を数えました)。

img_9711
(フジビュースタンド1Fファストフードコート)

中には、レジャーシートを引いて座ってお子さんと食事をされている方も。

img_9742
(メモリアルスタンドB1Fフードプラザの様子)

こちらは、立ち飲みスペースと座れるテーブルスペースが設けられています。中にはお子さん連れ優先席があったりも。

img_9778
(メモリアルスタンドB1Fフードプラザの様子)

中継を見ながら、立ち飲みスタイルで愉しんでいる方が多かったです。

\印象に残ったB級グルメ飲みのご紹介/

お酒の自販機でおなじみ「戸松」

エリア:日吉が丘

「戸松」は日吉が丘エリアにある、から揚げやおでんなどをはじめとした軽食の売店です。

こちらの店で、吞んべえの皆さんに特筆したいのは、京都の地酒の自動販売機(100円)が設置されていたり、から揚げが美味い!という2点です。

img_9738

場内で配布されている冊子のグルメランキングで「鳥もも」が1位に輝いていたり、寂しいエリアながらもお客さんが次々と訪れていたりと、人気店ということが窺えます。

優しい雰囲気のお父さん達お二人で切り盛りされていて、目の前には立ち飲み用のテーブルやテーブル席なんかもあったりします。

img_9715

お酒はパック焼酎(むぎ・いも)が150円、ワンカップ350円、ビール380円、ハイボールや焼酎割り410円などが並んでいます。

アイスやジュースなども販売されているので、途中子どもがアイスを買いにきたりしているシーンも見受けられ、まるで駄菓子屋のようでした。

img_9714

アテになりそうなものは鳥もも・から揚げ360円、ポテト210円、おでん410円など。

img_9718
(説明文にご注目)

店先に設置されている日本酒の自販機は、1回100円でコップ半分の量。

銘柄は「黒松 白鹿」という京都の地酒で、30年ほど前に酒屋さんから「置かせてください」とお願いされ、そこからずっと設置されているそうです。

img_9723

2回分(200円)でこの量で熱燗タイプです。ほんのり甘く、飲みやすいお酒ですね。

▼お茶割り@410円/から揚げ360円
img_9729

お茶割りは焼酎が濃いめで嬉しい限りです。

そして、から揚げをかぶりとほうばります。カリカリっとクリスピーな食感、そして下味がすごくしっかりしていて、これは美味しい!酔いアテになります。

なんだかこれは独り占めしたい(笑)。あっという間に空になりました。

▼鳥もも@360円
img_9733

仲間が注文していた鳥ももも、カリカリジューシーで美味しかったそうです。ただ、下味というか味の濃さは、から揚げの方がしっかりしていたようなので、濃い味好きのあなたには、から揚げをおすすめしたいです。

\印象に残ったB級グルメ飲みのご紹介/

もつ煮が大人気「ドリンクよし野」

「ドリンクよし野」は、メモリアルスタンドB1Fのフードプラザ内にある、もつ煮やおでんなどの軽食が楽しめる売店です。

室内なので季節関係なく快適な空間で飲めます!

こちらの店で、吞んべえの皆さんに特筆したいのは、もつ煮が大人気だということと、焼酎ハイボールの銘柄が選べるといった二点です。

img_9745

お店は、陽気なお母さんたちお二人で切り盛りされています。お母さん曰く、こちらはもつ煮が大人気だそうで、競馬場内で賞を取られたそうです。

img_9746

お酒は、焼酎パック(むぎ・いも)150円、燗酒250円、ワンカップ350円、角ハイ360円、ウイスキーハイボール400円、焼酎ハイボール・ウーハイ400円、生ビール大570円(小410円)などが並びます。

看板にサントリーと掲げられているように、お酒メニューはどれもサントリーの銘柄を多く扱っているようですね。

img_9756

焼酎ハイボールは、黒霧島、いいちこ、鏡月から銘柄を選べます。そして割用の炭酸は、まさかのコカコーラのサーバーからでてきます(笑)。

「コーラから炭酸でてくるんですか!?」なんて尋ねると、「そうなの~」なんてケタケタ笑いながら陽気なお母さんたち。

img_9748

アテになるものは、乾き物100円からバラエティ豊かに揃えられています。

img_9750

枝豆やそら豆、ゆで玉子も100円と嬉しいプライスです。

img_9755

おでんは1皿5品で420円、みそおでんは1皿300円です。

▼酎ハイ@400円/みそおでん@300円
img_9763

焼酎ハイボールは、黒霧島を選びました!お母さん濃い目にしてくれてる?と思うほど濃い目でした。炭酸と黒霧島ってあまり飲んだことなかったんですが、意外とサッパリな感じでいいですね。

アテは、煮込みかみそおでんか…迷った挙句やっぱりみそおでんにしました。みそおでんは大根1つとコンニャク3つのヘルシーなラインナップ。

濃厚な八丁味噌ダレとお出汁のよ~くしみた濃い目のおでん。しっかりした味わいにお酒がすすむすすむ。

img_9772

大根はほっくりしていました。

img_9774

お水やお茶は無料で至るところで飲めます。

で、肝心の競馬はしたの?

仲間が買っていました。

img_9793

馬券を買うと更に楽しいんですが、今回は予想したり馬券を買うよりも飲むことに夢中でした…。

筆者にとって競馬場は競馬自体はたまにしかしないけど、せんべろしにわざわざ行きたいと思わせてくれる、雰囲気や昼飲みだけでも楽しくワクワクできる場所です。

開催日ではなかったので、開いていない飲食店も多数ありました。今度は開催日に朝から訪れて、競馬を愉しみたいですね。

という訳で、文末にはもうちょっとありますが、今回こんな感じで終わりです。

満足度:★★★★☆

東京競馬場の開催日をチェック(公式)

関連投稿はこちら↓

せんべろおでかけプラン「大手ビール会社の売店が勢ぞろい!開催日の中山競馬場で昼飲み」
せんべろおでかけプラン「開催日の川崎競馬場で絶品煮込みに舌鼓!」
せんべろ酒場とおでかけスポットを組み合わせた「せん...
せんべろおでかけプラン「歴史ある浦和競馬場の埼玉グルメで昼飲み!」
約5ヶ月ぶりの更新となる、せんべろ酒場とおでかけス...
せんべろおでかけプラン「牛モツ串とサッポロ生で乾杯!船橋競馬場で昼飲み」
せんべろ酒場とおでかけスポットを組み合わせた「せん...
せんべろおでかけプラン「レジャーにもピッタリな大井競馬場で開催日に昼飲み」
せんべろ酒場とおでかけスポットを組み合わせた「せん...

立ち寄り「直会スタンド宮(立ち飲み)」

帰りは、東京競馬場の正門から徒歩10分少々の場所にある、立ち飲みへお邪魔しました。

「東京競馬場」付近で見つけた酒場

東京競馬場の正門から坂を上ったところに2軒ほど酒場を見つけました。

img_9798

こちらは「ゆたか亭」という居酒屋。なんだか味わい深いですね。

img_9800

こちらは広々とした「川崎屋」という食堂です。朝早くから営業されていて飲むこともできるようです。

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク