東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

せんべろおでかけプラン「鶴見で昭和ディープな角打ち巡り~海に浮ぶ駅でのんびり」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

せんべろ酒場=ハシゴすることが大半なこの頃です。ただ、せっかく遠征しても酒場のハシゴだけじゃもったいないし、お腹ももたれてしまいます。そこでこの記事では、せんべろ酒場おでかけスポットを組み合わせた、自身が体験したお出かけプランをご紹介します!

第2回は鶴見駅~海に浮ぶ駅と呼ばれる海芝浦駅まで、角打ちと鶴見区のディープスポットを楽しむコース。健康を意識して、飲むだけじゃなくウォーキングもたっぷり含まれてます!最後にはルートマップもありますので、参考にしてみてくださいね。

A.JR鶴見駅 東口「昭和レトロな街並みに目を向けよう」

01

JR鶴見駅の東口で下車(もちろん京急鶴見駅でもOK)。11時開始という事ことで…まずはお腹を満たせる店を目指しますかね!

昼食ポイントで紹介している「B浅野商店」まで、徒歩15分ほどの道のりには、昭和レトロな建物がたくさん見られ、目を向けるとよりお散歩が楽しくなりますね。※写真のまむしや、町田屋酒店は閉店しています。

【閉店】B.浅野商店「昼から座って飲めるお惣菜屋でランチ」

※現在こちらのお店は閉店しています。

02

「A鶴見駅」から15分ほど歩き、お腹を空かせた後はランチにしましょう。

この浅野商店はお母さんお2人で切り盛りしているお惣菜屋。手作りの天ぷらやおにぎりなどを購入して、中の食堂で座っていただくことができます。ちなみにお酒も揃ってるんで、昼から一杯ですることもできてしまいます。なんて魅力的な店なんでしょう。

※現在こちらのお店は閉店しています。

→せんべろ詳細レビューはこちら

C.国道駅「昭和にタイムスリップ!」

03

「B浅野商店」から5分程歩くと、無人で有名な国道駅があります。ここは、昭和レトロ好きにはぜひ足を伸ばしていただきたいスポット!もう昭和の雰囲気がムンムンです。次回は国道下が営業している時間に伺いたいものです。

D.鶴見川「川の景色を楽しもう」

04

「C国道駅」から10分足らず歩くと鶴見川を横断できる橋が登場。鶴見川の景色を楽しもう!

E.豊嶋屋酒店

05

さて、ここからは角打ちを愉しみましょうか。

まず、角打ち1軒目は「C国道駅」から15分ほど歩いた、商店街の一角にある「豊嶋屋酒店」。角打ちエリアは「立ち飲みコーナーとしまや」という名称で別の入口があります。打ち場は昭和29年からやられているそうで味わい深い雰囲気です。

立ち飲みだけれど、ビールケースの椅子なんかもあったりして、常連のおやじさんが座って飲んでいたりも。乾き物や日本酒・焼酎割り(お母さんが注いでくれます)などがメインであります。カウンターに立つお母さんが気さくで、商店街の歴史を教えくださってりで、あっと言う間の30分でした。

→このお店の詳細(食べログ)

F.上州屋酒店

06

角打ち2軒目は、「E豊島屋酒店」から商店街を10分ほど歩いたところにある「上州屋酒店」。創業から90年以上とかなりの老舗店です。

店先ではご年配のおやじさんたちが集い、気持ち良さそうに青空飲みしています。こちらも立ち飲みコーナーは別の入口で、隣の酒屋で酒やアテを買ってから入ります。メニューは缶ビール類、乾き物・缶詰が中心です。

店内はTHE昭和ディープな雰囲気で、年季の入ったカウンターとコカコーラの冷蔵庫が印象的です!昭和レトロ好きな方はテンションあがる店ですね。こちらも切り盛りされているお母さんが気さくで、昭和トークに花が咲きました。

→このお店の詳細(食べログ)

G.村田屋酒店

07

角打ち2軒目は、「F上州屋酒店」から目と鼻の先にある「村田屋酒店」。こちらも立ち飲みコーナーは別の入口です。店内は小奇麗な感じで、落ち着いて飲むことができます。

立ち飲みコーナーで注文すると、カウンターに立つお母さんが出してくださいます。メニューは缶ビール類や乾き物(駄菓子も)などです。

お母さんからこの辺のオススメスポットを教えてくださったので、早速ワクワクで向かうことにしました。

→このお店の詳細(食べログ)

H.弁天橋駅「のどかな雰囲気を味わおう」

08

「G村田屋酒店」から10分ほど歩いたところにあるのが「JR鶴見線の弁天橋駅」。なぜこの駅に来たかって?終点の「海芝浦駅」に行くためです。村田屋酒店のお母さんから「海に浮ぶ駅があるよ」と聞いた瞬間に、とても興味が沸いたので行って見ることにしたんです。

ちなみに海芝浦駅まで行く電車は1時間で2本くらいなのでご注意ください。

08_2

途中の「浅野駅」でにゃんこ発見!のどかです。

07

昼下がりの電車は貸切状態(笑)。窓をそれぞれ見ると、左が海、右が工場と景色が異なっています。そうこの辺りは工場地帯なのです。

I.海芝浦駅「改札から出られない、海に浮ぶ駅でまったり」

09_2

弁天橋駅から乗車時間10分ほどすると、終点の海芝浦駅に到着します。

潮の香りがしてとっても気持ちイイです。船やベイブリッジ?なんかも望めて景色も良いですね。改札前には「東芝」の工場がお目見えしますが、敷地内なのでもちろん社員でないと改札を出ることはできません。なので、改札内でしばらくすごしますかね。

09_4

駅から繋がっている小さな海芝公園のベンチに腰掛け、下りの電車が来るまでしばし日光浴。海をボーっと見ていると、小さな悩みなんてどうでも良くなってきますね。
そんなこんなでここから鶴見駅に到着したのが16時すぎ。

鶴見エリアは、昼から飲めるディープなせんべろ酒場とおでかけスポットの宝庫でした!角打ちは3軒ほどの紹介でしたが、付近に後3~4軒ほど角打ちがあります。また、爽やかに夕方解散にしていますが…この後、国道駅や鶴見駅で飲んでもいいかもしれませんね(笑)。

天気の良い休日に、チョット足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。パーツだけでも、参考にしていただけると幸いです。

※日曜日は、定休の店がいくつかあるのでオススメしません。※角打ちは夕方で閉まる店が多いので注意。

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク