立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

鶴見「浅野商店(惣菜屋)」真っ昼間から座って一杯できる、惣菜屋の角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんなところに魅力的な惣菜屋の角打ちが!

2015年5月某平日。この日は夕方まで予定が空いていたので、せんべろ仲間と昼から鶴見の角打ち巡り。ランチはどこにしようかと、検索でこの店を見つけました。

こちらはお母さん2人が営む、惣菜屋の角打ち。天ぷらなどの惣菜類やおでん、焼き鳥、おにぎりなど…様々なラインナップが揃う上、店内で座って一杯できちゃう、魅力的で貴重な店なのだ!立石の「倉井ストアー」築地の「セレクトショップ タクマ」と同カテゴリーな感じですね。いや~こういう類の店を見つけるとワクワクしちゃいますね!

場所は花月園前駅からが一番近く徒歩5分足らず。ちなみに鶴見駅からだと徒歩20分程で、国道駅からだと徒歩10分程。せっかくなら昭和の雰囲気ムンムンの国道駅下車が、楽しいかもしれません。

まずは、鶴見駅から国道駅までお散歩。国道駅で昭和の雰囲気を堪能した後こちらへ。汗だくになりながら結構歩いてるけど、果たして営業してるのか?なんて若干の不安を抱きながら。。。

「あっ、あったーーーーーやってる!(ホッ)」

すぐさま、おでんと書かれた暖簾が目に入ってきた。

▼ワクワクする外観
021

早速覗いてみると…

▼入口で「おでん」や「おにぎり」が売られていた!
045

手作り感のあるおにぎり@100円と、おでん@60円。「やっすーーーーーー!」テンション上がってきた。

▼3時からは「焼き鳥」も販売されるようだ
049

焼き鳥@1本80円…これも良心的価格だなぁ。3時から販売される模様だ。

さてさて、ワクワクしながら店内に入りましょう。
すぐさま目に飛び込んできたのが、惣菜コーナー。天ぷら@50円~とかなりリーズナブル。そして、カップ麺などをはじめとした加工食品なども並んでいます。

▼揚げ物類や焼き魚など惣菜が並ぶ
023

カウンター内では、やさしげなお母さん2人がセッセとお惣菜を作っていました。

奥に進むと、食事処エリアが!!!!!し・か・も…座れるではありませんか。

▼4名がけのテーブルが3つ
032

さて、何にしようかな

テンションが上がって、注文を忘れてました。。食事処に貼られているメニューをみましょう。酒は300円がほとんど。アテは店内で並んでるものを選ぶ感じです。ちなみに支払いはキャッシュオン

▼お酒メニューも充実!
030

持ち込み、大トラはNGとのこと。

早速、カンパイしましょ!

とりあえず水分補給。

ウーロンハイ@300円
040

待ちきれず…少し飲んでからの撮影(笑)濃い目デス!しかし、平日真っ昼間から飲んでる輩は私たちくらいですね。。

天ぷら・コロッケ@各50円/なぜかウインナーが4本も
025

なぜかウインナーを4本も頼んでいた。理由は好きだからの一言につきる。後はにんじん天、ごぼう天、なす天などを。家で作ってもらったみたいな、やわらかい衣の天ぷらだ。やはりウインナーが一番気に入ったわ~(*´﹃`*)

▼ランチなんでおにぎり@100円も!
033

一応ランチなんで、おにぎり(鮭)もいただきましょ!手作りな感じがイイ~運動会でお母さんが握ってくれたのみたいで懐かしいな。ちゃんとほぐしてある鮭がたっぷりですよ。

▼サービスしてくれた漬物
039

飲んでいたらお母さんが、お漬物をサービスしてくださった。ありがたや~よく漬かっております(*´﹃`*)

まとめ

そういえば、お惣菜にご飯と味噌汁をセットにして、定食みたいに食べてる方もいたなぁ。
どこか懐かしさを感じる家庭的なお惣菜の数々だったし、一杯座って飲めるのもテンション上がった。お母さんたちも気さくでやさしかったんで、居心地よかったです。

1杯とアテというかランチを食べ終えたところで、お母さんたちに「今度は、焼き鳥とおでんを食べにきます!」と挨拶をして店を後にした。少し遠いので来訪はかなり先になりそうだけど…また伺いたい店です。

さて、お腹を満たしたところで鶴見×角打ち巡りスタートです!

お会計

◆ウーロンハイ@300円
◆天ぷら・コロッケ@各50円×8
◆おにぎり@100円

合計:2名、1杯ずつと上記アテでひとり600円

もう一杯飲んでもせんべろ圏内!

関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | 花月園前駅国道駅鶴見小野駅

立ち寄り

▼鶴見駅から1駅先の国道駅
020

▼無人だったりする
016

昭和の雰囲気漂う無人駅。突然民家のような建物があったり、酒場があったりする不思議な空間だ。今度はこの辺りの酒場に入ってみたい。

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。