立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

大塚「大つか(立ち飲み)」ここは大好きな立ち飲み屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2015年6月末で閉店

2015年6月末で幕を降ろす、大好きな立ち飲み屋である大つか。手作りアテが200円のあたたかい店だ。レビュー詳細はこちら

30年以上営まれている老舗なので、筆者はまだまだひよっこ。だけども、1ファンとして僭越ながら思いの丈を綴りたい。

▼駅近くのピンク系界隈に佇む
092

だから、頭に浮かぶのだ

いつもこちらに訪れるのは、軽く一杯飲みたい時、誰かと話したい時…そして同じ価格帯の立ち飲み屋に行った後。

それぞれ個性があるので、比較するものでもないと言うのは承知。だけど一部の立ち飲み屋を訪れると、こちらの店が頭に浮かんでしまうのだ。
何故なら、一部の安い立ち飲み屋に入ると、たまに「安いから我慢してね。」と言わんばかりに、乱雑に扱われることがある。

しかし、大つかは全く違う。こんなに激安なのに、いつでも、もてなしの心が伝わって来る。だから自然と足が向いてしまうのだ。

▼メニュー
154

濃い酒と楽しみなアテ

こちらの価格帯は酎ハイ240円、日替わりを含むアテは200円均一。立ち飲みの中でも激安で、1000円で本当に酔える、生粋のせんべろ酒場だ。

▼決まって頼む酎ハイ@240円
098

▼レモンシロップは合わせて入れたい
5647

濃い酒に、行く度に楽しみな日替わりのアテ。しかも、一部のアテは注文してからの調理をしてくれるので食欲を誘う。以前にイカ刺しを頼んだ時には、その場で丸ごとのイカをさばいてくれた。

また、この店で1番好きなアテは焼きそばだ。味が濃くって良いアテになるしお腹も満たせる。見かけると、大体注文している。

▼大好きな焼きそば@200円
066

いつもあたたかい雰囲気

他にも好きな所がある。ママとヒロさんが作り出すあたたかい雰囲気だ。行くと、さりげなく声をかけてくれて、あたたかさを感じる。

ママから何度かこんな事を言われた。

「あんたの投稿見たって人が来たよ!焼きそばの事書いてくれたでしょ。ありがとうね。」

ありがとうなんて、こちらこそだ。恥ずかしさと、気を遣わせてしまってなんだか申し訳ない気持ちが交差した。なんで筆者とわかったかは、未だに謎である。

今月で最後なので、ほぼ毎週訪れているけれど、店内は全くいつもの光景。帰り際にママから「またねー」と言われると、来月も続くんじゃないかって錯覚に陥る。

来週の6月末キッカリでラスト。最後だろうなと訪れてから、3度来店した。後2回くらい行けるだろうか。

沢山の楽しい時間をありがとうございました。ママ、ヒロさん、長い間おつかれさまでした。

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。