東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

堀切菖蒲園「ふっ子」二度美味しいかっぱハイとお通し300円に大満足!アットホームなコの字の大衆酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

この日は堀切菖蒲園ではしご酒。先日ご紹介した「みっちゃん」に続き…「せんべろ」とまではいかなくとも、それに近しい未訪酒場に行こう!(=いわゆる1500円べろ)シリーズからの一軒をご紹介します。

コの字のアットホーム酒場「ふっ子」

「ふっ子」は、小さなコの字カウンターが印象的な、ご夫婦で営まれているアットホームな大衆酒場。味わい深い雰囲気の中、ボリューミーなお通しや新鮮な魚介類で一杯やれる気軽なお店。

▼ゆらゆら赤提灯
208

駅から少し歩き、細い路地に入ってみると閉まっている店も多く、少し暗い。そんな中赤提灯がゆらゆらゆれるこちらの店を発見。

堀切菖蒲園駅からだと、徒歩5分足らずであろうか。

209

渋い店構えながらも店先には安心の料金表示があり、良心的な価格帯とあって、思いのほか入り辛いことはなかった

211

やや年季の入った店内には、小さなコの字カウンターがどっしりとあり、10名入らないほどの広さであろうか。ご夫婦で営まれているようで、「いらっしゃい」と気さくな女将と寡黙な大将が迎えてくれた。

229
(天井からつるされた傘が素敵)

やわらかい照明、インテリアに温かみがあり、アットホームな空間が広がっている。

女将さんと会話をしたり、テレビが流れていたりもするので、一人でもさみしくない環境。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記は税込み会計は後払い。お通しがあり1人あたり300円

216

お酒は日本酒・ビール・焼酎割りなどが並び、酎ハイやかっぱハイ等の300円が最安値。

▼アテメニュー
229_

アテは、炒め物や揚げ物など色々あるけれど、魚系のメニューが多く並んでいる。価格帯は4~500円がほとんど。

最後まで美味しいかっぱハイを初体験!

▼カッパハイ@300円
222

まずは、未体験のかっぱハイからスタート。お察しの通り、焼酎の水割りに新鮮なキュウリスティックが5本入っている。

やわらかな焼酎、そしてキュウリの青っぽさが爽やかでゴクゴク飲めてしまう…ということであっと言う間に2杯目に突入。

しかもこのキュウリ、塩をちょいとつけて普通に食べてもパリパリ新鮮で美味いのだ。一度で二度美味しいお酒だね。

▼バラエティ豊かなお通し@300円
225

「はい、お通し!」と出されてビックリしたのは上記のお通し。ボリューミーに3種も盛られており、アテを頼まなくてもコレだけで満足できる逸品。

内容はまぐろ刺し、枝豆、玉子焼き&いかくんとバラエティ豊か。どれも美味しかったけど、特にまぐろ刺しが脂がのっていて美味しかった。

▼めばるの煮付け@780円
236

アテは迷った挙句、ちょっと豪華にめばるの煮つけ。

甘辛のタレで煮込まれており、身がしまっている。ああ、ほっとするやさしい味。こういった豪華な煮付けって、自宅では中々作らない(作れない)ので、こんな風に酒場で気軽にいただけるのがありがたい。

お会計

◆お通し@300円×2
◆カッパハイ@300円×2
◆酎ハイ@300円
◆梅ハイ@350円
◆めばる煮付け@780円

合計:2600円程(1人あたり1300円程)

※酎ハイ類2杯ずつ、お通し、煮付けシェア
※お通し300円
※メニュー表記:おそらく税込み
1500べろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

話がはずんで、酒もすすんだ

女将さんと世間話をしながら、ゆったり一杯できて大満足です。この辺りの話いろいろ聞けて楽しかったです。自然とお酒がすすんでしまいました!

美味しい魚をお腹いっぱい食べたい時、ひとりさみしい時にピッタリな酒場だと思います。

小さなお店なので、1~2名がフィットするお店だと思います。アテのボリュームあるので、個人的には2名くらいで伺いたいお店です。今度は人気メニューだという、若鶏の皮炒めをいただきたいです。

また立ち寄りたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

関連ランキング:居酒屋 | 堀切菖蒲園駅

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼せんべろ更新情報を配信中

※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク