立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

大井町「しげちゃん(もつ焼き)」生ゴーヤ酎ともつ焼きがウマい老舗酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

戦後から続く老舗もつ焼き「しげちゃん」

この日は大井町在住の呑み仲間と大井町でハシゴ酒。この辺りの酒場に詳しい仲間でも、入ったことのない未訪店に行こうというのがコンセプト。

今回は、コンクリートの店構えが印象的なもつ焼き屋にお邪魔することに。

037
こちらは、戦後から創業された老舗のもつ焼き屋。もともと北品川でやっていたところを、10年近く前に現在の場所に移転したそうだ。昭和を感じられる雰囲気や、もつ焼きと生ゴーヤ酎がウマい魅力的な酒場であったので、是非呑んべえの皆さまにご報告したい。

083店前の壁には、かわいいキャラクターが描かれており、どこかホッと安心感が漂う。

080店内は全面コンクリートの壁で近代的な感じと、温かな昭和の雰囲気が融合している。座席はカウンターとテーブルがあり、20名ちょっと入れる程の広さ。

入口付近の大きなテーブルでは常連さんたちが集まり、楽しそうに一杯やっている。年齢層は比較的高めで5~60代がメインとなり、一人客が多かった。

さて、何にしようかな

042酒は焼酎やサワー類がメインとなり350円〜。

043アテはもつ焼きが3本で360円(1〜2本から可能で特に同種の数縛りはないようだ。)煮込み300円〜が中心となり、卵料理なども並ぶ。

相性バツグンの生ゴーヤ酎ともつ焼き!

▼ゴーヤ酎@390円
048まずは、すぐに目に飛び込んできたこちらから。焼酎を注ぎ入れたあとに、ゴーヤをすりおろし、水とともに流しいれたフレッシュな逸品。

青っぽい爽やかな苦味と、やや角のある焼酎が混ざり合い苦ウマ!そしてこの爽やかな苦さが、もつ焼きの甘いタレとよく合うこと。ぐびぐびススム。

▼煮込み小@300円
056アテは煮込みから。プルンプルンのシロ?と味の良く染みた豆腐。醤油ベースで甘くないから、素材の味がよく引き立っている。モツを噛み締めるとほのかに脂の甘みを感じた。ちなみに、臭みなんて全くないことをお伝えしたい。

▼てっぽう@1本120円
061大好きなてっぽう、まってたよ。弾力がありやわらか〜臭みは無縁。てっぽうの間に挟んであるのは、ネギではなく玉ねぎで甘みがあり食感がイイ。そして、タレはとろんとしていて甘めのタイプ。これが、ゴーヤ酎と良く合うこと。

▼シロ@1本120円
065シロも!こちらは皮っぽいタイプ。

▼チキンボールとタン@1本120円
071チキンボールはやわらか〜、タンは弾力あり。塩が多めで酒がススム。

▼チーズスクランブルエッグ@350円
076せっかくなんで卵料理もね。半熟でとろーん。

079味が濃くって、こちらも酒がススムよ。

お会計

◇席料@150円(?)
◆ゴーヤ酎@390円
◆煮込み小@300円
◆もつ焼き@1本120円(5本)
◆チーズスクランブルエッグ@350円
1人1500円ほど
2名で来店=お酒2杯、上記つまみシェア
★1500べろ

入って良かった

大井町に、このような老舗のもつ焼き屋があったなんて。雰囲気も味も良かったなぁ。
1人でも立ち寄りやすいし、またゴーヤ酎ともつ焼きを食べに伺いたいな。

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。