立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

千石「ティンカーベル(立ち飲み)」嬉しいお通し無料サービス!謎めいたお弁当屋の立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お弁当屋の立ち飲み「ティンカーベル」

千石と聞いて「どこ?」となる方もいらっしゃるかもしれない。

都営三田線で巣鴨の隣に位置する駅で、この界隈には角打ち「十一屋能村酒店」やコスパ高な洋食酒場「いぶし銀」など、隠れた良店が潜んでいたりする穴場的な街でもある。

仲間から「いつも混んでいる謎の立ち飲みがあるんだけど、1人じゃチョット…」なんて店があるそうなんで、この度同行することに。

040

早速向かうと、提灯や看板などはでていない店構え。確かに、詳細わからずなんで入り辛く謎めいている。いやーワクワクしてきた!

4〜5名ほどで満員になりそうな店内は、気さくなマスターが1人で切り盛りしている。カウンター奥に目をやると、調理場が広がっていた。

実はこちら、昼はお弁当屋で夜は立ち飲み屋になる二毛作店。立ち飲みをはじめてからは3年ほどとのこと。お弁当も立ち飲みも、ご夫婦で営まれているそうだ。

054

カウンター脇に置かれている水槽に目をやると、まさかのウーパールーパー登場。(手足がニョキっと、苦手な部類であったため写真は割愛。)

そして、先客には常連のお姉さん。終始ウーパールーパーを退治したいと出来上がっておられた。

さて、何にしようかな

店内を見回してもメニューはない。価格表記無いのはかなりドキドキするなぁ。大体揃っているそうなんで、とりあえず飲みたいものがあるか確認しましょう。

ちなみに会計は、先でも後でもオッケーとのこと。

無料サービスのお通しで一杯!

価格がいくらかビビッてたんで、とりあえず最安値そうなこちら。

▼酎ハイ@300円
048
ほんのり甘くサッパリ~ゴクゴクいけちゃうね。

▼お通し@無料
052
ツナとシソのディップとクラッカー。ディップが美味しくて酒がすすむ。

▼キビナゴ@サービス
057
つまみは無いんですか?なんて話をしていたら、キビナゴはどう?と炙って出してくださった。しかもサービスでいただいてしまった。。ごちそうさまです。

香ばしく苦すぎず美味しいなぁ。日本酒が飲みたくなる。ちなみに酒は日本酒や焼酎なんかもあるそうだ。

お会計

◇お通し@無料
◆酎ハイ@300円
1人あたり600円ほど
2名で来店=酎ハイ2杯ずつ、お通し
★酒3杯、無料のお通しでせんべろ可能

せんべろできる温かな店だった

マスターとの会話が楽しくって、あっという間の時間だった。いつも混んでいるのも頷ける温かな店だったなぁ。そして、かなりリーズナブルで有難い限り。

お通しが美味しかったので、今度はつまみをもっといただきたいな。

※8月12日(水)~16日(日)まで夏季休業だそうなので注意

関連ランキング:弁当 | 千石駅本駒込駅巣鴨駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。