立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

神田「立ち飲み 大松」イワシ好き必見!ライブ感が堪らない!ほぼ350円のイワシ料理立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

イワシ料理が美味しい「大松」

この日は茅場町の「にぎにぎ一 新川本館(立ち食い寿司)」で、ドリンク3杯付きのちょい呑みセットを堪能したにもかかわらず、飲み足りないと茅場町から八丁堀まで酒場探索。ところがオフィス街のため夏季休業が相次いだ結果に。。。そこで、久しぶりに神田へ移動することに。

こちらはイワシ料理専門の立ち飲み屋で、なめろうや刺身をはじめ蒲焼やつみれまで、数々のイワシ料理を堪能できる。一品あたりほぼ350円程度と良心的だし美味しいので、何度か伺っている店だ。

097
神田駅の北口から目と鼻にある。入り口は2つあるのでどちらからでも。

095
ほとんど350円。立ち飲みなのにちょい高?と思う方もいるかも知れないけれど、内容を知ったら、350円でも安いと感じる確率は高いはず。

109
店内はLカウンターメインで15名入れるかどうかの広さ。カウンター内では、大将が料理をセッセと作っている。立ち飲み屋なんだけども、毎度小料理屋の様な印象を受ける。それは多分大将が作り出すライブ感からなのだろうか。

周りには顔の赤い4〜50代の男性たちが、楽しそうにお酒を飲んでいる。この店であまり女性を見かけたことがないのはなぜだろう。

さて、何にしようかな

099
ドリンクは350円からで、サワー類が最安値。また、シャリキンホッピー450円などもあったりする。

102
アテはこのような感じで、ずらりとイワシ料理が並びほとんどが350円。ちなみに、こちらには記載がないがつみれ料理も色々と揃っている。

117
そそられるカッパハイ450円なるものも。

イワシ料理と驚きのカッパハイ!

まずはここから。

103
サッパリしたタイプ。焼酎はもちろんキンミヤ。

▼イワシなめろう@350円
111
アテはやっぱり、なめろうから。
こちらの料理は注文してから、一から大将が作ってくれる。このライブ感がさらに美味しさを演出しているように思う。

なめろうも注文してから、包丁でトントンとイワシや生姜、ネギなどを叩いて作ってくれる。脂の乗ったイワシとサッパリとした生姜のハーモニーが堪らない。ちびちびいけるよ。

▼イワシつみれワンタン揚げ@350円
116
生ワンタンを取り出し、生のつみれを乗せて包んで、ヒョイと油の入った鍋に落としていく。このライブ感がやっぱり食欲を掻き立てるんだよね〜堪らん。

パリッとした食感と、イワシつみれのほのかな苦みが美味しい。酒がグビグビすすんでいく。

▼カッパハイ@450円
121
メニューを見た瞬間気になった逸品。ドリンクのようでアテにもなる、お得感のある一杯だ。

さすがに焼酎の量は少ないし、飲みづらい(笑)その代わりに、自家製味噌が付いてくる。

130
この味噌が美味しくって、ポリポリすすむ。

▼つみれポン酢@350円
134
注文してから湯を沸かし、つみれを作ってくれる。イワシの味がしっかりして、ふんわり美味しい。このサッパリとしたポン酢がまた堪らんのよね。

お会計

◆酎ハイ@350円
◆カッパハイ@450円
◆つみれポン酢@350円
◆つみれワンタン揚げ@350円
◆なめろう@350円
1人あたり1500円ちょっと
★酒2〜3杯、アテ1〜2品で1500べろ可能

もっと食べたかった

胃袋が許せば、もっとイワシ料理をいただきたかった。ホント毎度あれもこれも食べたいとなる。
今宵も美味しいイワシ料理がいただけて満足。今度は蒲焼を食べたいな。

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 神田駅岩本町駅新日本橋駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。