立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

池袋「素うどん 四國屋」“チーズ入りいそべ焼き”で軽く一杯!温かなディープうどん酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

池袋でうどんと言えば「四國屋」

この日は職場飲み。飲み足りないなぁと一人で池袋をふらりと。なんだか、おセンチな気分だったのでホッとココロがあったまるあそこに寄ることにした。

こちらは、一見かなりディープなうどん酒場。池袋の呑んべえの間では言わずと知れた有名な店。

飲食店の傍らでリサイクルショップのように、洋服などが売られている不思議な雰囲気を醸し出しているため、なかなか足がすすまない方も多くいると推測される。当初は筆者もその一人であった。

しかしながらお酒やうどんを気軽に一杯いただける上、凛としたお母さんが優しく温かな酒場であるので、ぜひ呑んべえの皆さまにご紹介したい。

IMG_8913
場所は池袋駅西口からだと徒歩5分少々。メトロの丸井寄り出口だと更に近い。

IMG_8916
店内は5名入れるかどうかの小さな空間。お世辞にもきれいとは言えないが、味わい深い昭和の雰囲気。中では洋服や帽子などが展示され、売られている。

お母さんは元々、大塚でいそべ焼きを売っていたそうだ。その後、この辺りでラーメン屋を経て現在の店に定着したみたい。

凛としたお母さんは、無言でもなく、喋りすぎでもなく、ほどよいテンポで会話を投げかけてくれるし、喋りやすい雰囲気を作りだしているように思う。だから、とても心地よい空間。

さて、何にしようかな

IMG_8940
お酒は缶や瓶のワンカップやビール、お茶割り、チューハイなどがあり大体300円。

アテはいそべ焼き、天花おむすびは200円、素うどん300円、天花うどん500円。またうどんのトッピング類は100円で納豆や卵などがある。

また、うどん屋だけれど、ラーメン800円なるものも。

酒がぐびぐびすすむ!香ばしいいそべ焼き

▼お茶割り@300円
IMG_8941
宝のお茶割り。アルコールが4%と低めだから〆飲みにピッタリ。サッパリと飲みやすく、ごくごくいけちゃう。

▼サービスのお漬物
IMG_8945
「待ってる間にこれ食べてて」と出してくれたお漬物とミニトマト。野菜不足なのでとても嬉しい。トマト、甘くて美味しいなぁ。

▼チーズ入りいそべ焼き@300円
IMG_8946
香ばしい香りが店いっぱいに広がり、よだれがでてきそう。

IMG_8950
油で焼いてあるので、餅の表面は揚げてあるようなかりっとした食感、そして焦がし出汁醤油の香ばしさ、そしてチーズのクリーミーさがプラスされ、絶妙な味わい。美味しいなぁ。酒がごくごくすすんでいく。

かなりカロリー高めであろう逸品であったが、ぜひまた食べたい。

お会計

◇お通し・席料@無料
◆お茶割り@300円
◆チーズ入りいそべ焼き@300円
1人で600円
★酒2杯、「素うどん」や「いそべ焼き」でせんべろ可能

ホっとあったまった

ちょっぴりおセンチな気分であったのだが、お母さんの優しさやアテに心あたたまった。

気になってはいるものの、まだ未訪の方はぜひ一度伺ってみてはいかがでしょうか。あたたまりますよ。

▼天花うどん@500円
IMG_8928
こっちもイイ。天かすと鰹節たっぷり!あったまる。

関連ランキング:うどん | 池袋駅要町駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。