東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

野方「秋元屋」本家のやきとんに舌鼓!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

本家のやきとん「秋元屋」

野方といえばで思い浮かぶ、やきとんの「秋元屋」。言わずと知れたやきとん屋です。

桜台店や秋元屋系と呼ばれる店には何度か伺っているものの、ご本家には初めて訪れました。

IMG_9039

場所は野方駅から徒歩5分足らず。路地に入ったところにあります。

IMG_8999

暖簾をくぐり、店先の吹きっさらしのテーブル席を抜けて店内に入ると、若干の開き具合。金曜日の19時くらいに伺ったのですが、並ぶことなくスンナリは入れました。

店内はカウンターが広がり、奥にはテーブル席も。ワイワイガヤガヤと、活気のアル楽しい雰囲気で客層は3〜40代が多く見られます。

さて、何にしようかな

IMG_8998

お酒は最安値が320円で、金宮ストレートや特製ハイボールなどが並ぶ。サワー系は400円台がほとんどです。

IMG_8997

やきとんは1本120円、焼き鳥は1本130円で各種並んでいる。

質・味・ボリュームに大満足!

▼酎ハイレモン@460円
IMG_8988

まずは酎ハイで喉鳴らし!シュワシュワ炭酸で美味し~い。もちろん甘くない系で嬉しい限り。

▼チキンボール・てっぽう@各130円
IMG_9003

さてさて、早速てっぽうタレからいただきます。表面はカリっとしていて、噛むと弾力ありで若干の肉汁。もちろん臭みなんて無縁で、ああ美味しいなぁ。

チキンボールも、表面はカリっと!味はチキンの練り物のような感じ。美味しくってパクパクといけてしまう。

▼とりハツ@130円/自家製つくね@180円
IMG_9009

今度は塩でハツと特製つくねをもらう。

まず、こちらのハツはヤバイ!肉厚で弾力がある上に、噛むと口の中で肉汁がしたたりジューシー。焼き加減が絶妙だし、もちろん臭みなんて一切無縁。これは何本でもいける。

特製つくねは柔らかく、噛み締めるとホロっとほどける~。ふわっと胡椒のピリっと感と甘さが広がって美味しいなぁ。これももう1本食べたい。

▼特製ハイボール@320円
IMG_9025

お次は、特製ハイボールをオーダー!特製ハイボールは、焼酎ハイボールだとか下町ボールと同様のもの。

まず、ジョッキがキンキンなことにテンション上がり、もちろん氷はなし!シュワシュワで、甘すぎずサッパリしているからゴクゴクすすむ。

お酒の中で最安値にしてはコスパ高いです。

IMG_9023

炭酸が強めでしばらくシュワシュワっと。

▼かしら@120円
IMG_9016

カシラは味噌で登場。すごくやわらかくて、美味し~い。味噌はもちろんニンニクがちょっときいてる系。

▼白レバ@130円
IMG_9029

白レバがこの価格でいただけるなんて!濃厚で口のなかでとろけるよう。

▼ねぎま@130円
IMG_9037

鳥肉もやわらかくジューシー!しっかりとしたネギとの相性が抜群。

▼とりハツ@130円
IMG_9032

美味しかったんでおかわり。やっぱり塩でね。

お会計

◇席料@100円
◆酎ハイ+レモン@460円
◆特製ハイボール@320円
◆やきとん@各120円
◆焼き鳥@各130円
◆特製つくね@180円

1500円ちょっと(1人あたり)

※お酒2杯ずつ、上記の串をシェア
※チャージ:席料で100円
※価格表記:おそらく税込
1500べろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

全部美味しかった!

美味しいやきとんと焼き鳥を堪能できました。特に、とりハツと特製つくねが美味しかったので、次回もそれらを注文しようと思います。

IMG_9042

20時を過ぎた頃から行列が。。。

「秋元屋」の基本情報

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク