立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

関内「関内もつ肉店(立ち飲み)」まだ帰りたくない!上質な“もつ焼き”に魅了される

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

関内で人気の「関内もつ肉店」

この日は関内付近で予定があったので、時間までこの界隈の酒場探索。取り急ぎ目指したのは、関内で宿題店だったこちら。

こちらは、もつ肉がメインの人気の立ち飲み屋。一度伺ったことのある野毛の「宮川橋もつ肉店」と同系列のようで、とても気になっていた店。伺ったところ、もつ好きには堪らない店であったので、ぜひ呑べえの皆さまにご報告したい。

IMG_0430
場所は関内駅北口から徒歩5分たらず。

IMG_0391
昭和系の雰囲気を醸し出す店内は、1階と2階があり1階が立ち飲みでメインのようだ。広さとしては、20名くらい入れるくらいであろうか。

この日の客層は3~40代の男女で、まだ夕方だってのに皆さん楽しそうに一杯やられてる。こちらのお客さんたちは、場所が狭かったらちょっとズレてくれたり、荷物どけてくれたり皆さん気さくだ。

IMG_0392
同じみのバーナーも設置。

IMG_0390
食器は下げましょう。

さて、何にしようかな

価格は税別表記。システムは、まず入り口でお酒とアテを注文し、以降は都度注文で支払いは後払いとなる。

IMG_0379
酒は大体揃っており、焼酎割りがメインで珍しいホッピーのアレンジメニューなども並ぶ。価格は390円がほとんど。

もつ焼きは種類豊富で迷う。価格は130円からで、170円メニューが多く並ぶ。

立ち飲みにしては、ちょっとお高めな印象かな。。。

IMG_0419
若者は注意(笑)

もつ焼きがウマい!

▼ホッピー黄@390円
IMG_0381
いわゆる、レモンサワーである。ちなみに中の焼酎は、キンミヤと名前忘れちゃったんだけどもう一つから選べる。そして焼酎の量を聞いてくれるのが嬉しいね。もちろんキンミヤ&焼酎多めでお願いした。

▼ポテサラ半分@250円
IMG_0386
ポテサラにマヨソースとカリカリとしたフライドオニオンがたっぷり乗っている、カロリーを気にしちゃいけない逸品。もちろん美味くないハズがない!ハムが厚切りでこれまたイイね。

▼シロ(タレ)@170円
IMG_0412
あまりないタイプの白で、やわらか~で弾力はあまりなく口の中でとろける逸品だ。ほんの少し水っぽいのが気になったけれど、臭みがあるよりは断然イイ。

タレは結構甘めのタイプ。もうちょい塩気というかアクセントが欲しいと思っていたところに…

▼味噌とカラシ
IMG_0393
あっ!皿のフチに味噌とカラシがたっぷり添えられてるじゃないの。味噌をちょこっとつけるとアクセントになって美味しい。

▼上タン(塩)@170円
IMG_0411
やわらかさと弾力が絶妙!塩加減もいい塩梅!これは美味しい。お腹に余裕があれば、おかわりしたかった勢い。

▼ハイボール@390円
IMG_0414
お次はウイスキーハイボールで。キンキンのコップとソーダ、別々で出てくるのが嬉しいね。ウイスキーが濃いめで、すぐに酔ってしまいそう。

▼たたき(塩)@170円
IMG_0429
噛むと肉汁がブシャーっとしたたる肉団子。味噌にちょこっとつけて、美味いねぇ。

お会計

◆ホッピー黄@390円
◆ハイボール@390円
◆ポテサラ半分@250円
◆シロ@170円
◆上タン@170円
◆たたき@170円
+外税
1人で1700円ほど ※お酒2杯、串3本、つまみ1品]
★酒2杯、もつ焼き2~3本で1500べろ可能

美味しい”もつ”を食べたいときに

他の立ち飲みやもつ焼き屋と比較すると、ちょっとお高めな印象だったけれど、短時間で質の良いもつを堪能できたなぁ。しかし色々食べたくなっちゃって困ったわ(笑)そして、時間が限られているのが悔やまれた。

今度は、炙り系を注文してバーナーで炙りたいな。関内界隈に来たらまた伺いたいです。

関連ランキング:もつ焼き | 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。