立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

大山「富士そば」話題のふじ酒場でチョイ呑み!“天ぬき”を頼んだらまさかの…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ふじ酒場で話題の「富士そば」

この日は、今話題(?)の富士そばのチョイ呑み導入店、ふじ酒場にでも寄ってみることにした。

ふじ酒場とはなんぞや?って感じなのだが、いわゆる富士そばでチョイ呑みメニュー導入している店舗のことを指すようだ。対象の富士そばには、店頭に「ふじ酒場」と書かれた提灯が掲げられている。

このちょい呑みメニューを導入している店はまだ少なく、高円寺店、大山ハッピーロード店、東武練馬店、西荻窪店、新橋店、人形町店、石神井公園店、水道橋店の8店舗のようだ。(2015年9月末現在)

IMG_1759
今回、大山ハッピーロード店に寄ってみた。一見普通の富士そばだが、提灯が掲げられている。場所は、大山駅南口から徒歩2〜3分程度。

IMG_1764
ショーケースには、ふじ酒場メニューも並ぶ。

IMG_1767
23時ごろに伺ったら、予想外に空いていた。駅前のラーメン屋は行列だったのに対してだったので、ちょっと意外であった。もちろん筆者としては、ゆったり空間になりありがたいが。。

そういえば、店内はとてもキレイだった。新しい店舗なのかなぁ。

さて、何にしようかな

外の券売機でチケットを購入しよう。

IMG_1766
お酒は、生ビールと角ハイボールのみで各280円。ちなみに2杯目以降は1杯200円になる。

IMG_1773
アテは100円~。ちょい呑みメニューの販売時間帯は15時〜翌朝5時までのようだ。

天ぬきを頼んだら…

▼角ハイボール@280円/天ぬき@150円
IMG_1768
ボール、濃いめで嬉しいなぁ。

IMG_1772
天ぬきとは、天ぷらそばから「そば」を抜いたもの。かき揚げに大根おろしと生姜がのり、そこにたっぷりのそばつゆ。まさに天ぷらそばから「そば」を抜いた状態だ。おつゆが濃いめだから、酒がすすむね。更にたっぷりボリュームなので、これ1つで2~3杯はイケそう。

ただ、お年頃の筆者には少々油が重たい。。5年前だったらそうも思わなかったであろう。

そんな事を考えながら飲んでいると仲間がトレーを持って登場。「これみて~」と見せてきたのが下記。

▼かき揚げ+そばつゆ@110円
IMG_1782
「カウンターのかき揚げ買ったら、そばつゆかけてくれた!」

ほ、ほう。。(;゜0゜)

えっ、カウンターに並んでる揚げ物類って、その場で買えるのね。しかも無料でそばつゆかけてくれるんだ。。。これもある意味、天ぬきではなかろうか?しかもこっちのが40円安い(笑)

なんか、天ぬきじゃなくてこれでよかったなぁ。なんなら、カウンターに一緒にならんでいた、コロッケ@100円にそばつゆをかけてもらいたかったり。(当方、富士そばでは、もっぱらコロッケそばと決めている。)

▼ビール2杯目@200円
IMG_1780
そんなこんなで、もう一杯いきましょ。2杯目は食券でなく、カウンター支払いでOK。

▼かけそば@290円
IMG_1792
〆にはこちらを。余った天ぬきを浮かべていただきます。

うんうん、おなじみの味とやわらかさ。

お会計

◆ハイボール@280円
◆生ビール@200円(2杯目)
◆天ぬき@150円
◆かけそば@290円
1人あたり1000円足らず ※お酒2杯、つまみ1品とそば]

★お酒3杯、アテ1品でせんべろ可能

生ビールさえあれば

気軽に天ぷらをアテにチョイ呑みできたのはよかった!

ただ、わざわざ「ふじ酒場」対象店舗でなくても、生ビール取扱店でいいと思った次第(笑)今度はコロッケと生ビールで一杯やりたい。

▼煮浸しなす@100円
IMG_1787
仲間が食べていた逸品。さっぱりしていて美味しかった!

関連ランキング:そば(蕎麦) | 大山駅板橋区役所前駅中板橋駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。