立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

大山「キリンとラガーまん(立ち飲み)」電車を眺めながら一杯!ニューオープンの線路沿い立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

線路沿の立ち飲み「キリンとラガーまん」

⇒★再訪記事(2016年8月)再訪記事(2016年2月)│初訪問:2015年10月15日

「キリンとラガーまん」は、2015年6月にオープンの線路沿いにある立ち飲み。気さくなマスターが営む、安ウマで和気あいあいとした愉しいお店。

伺ったところ、アットホームで居心地よしな雰囲気かつ、ロケーションもステキなせんべろ優良店であったので、ぜひ呑んべえの皆さまにご報告したい。

IMG_4177

場所は駅から徒歩3分程度ながらも、少々分かりづらい立地。ハッピーロードを抜けたしょんべん横丁を通り、線路沿いをすすむと見えてくる。初訪で1人だと少々入り辛いかもしれないが、必要なのは最初のちょっとした勇気だけ。お兄さんが気さくなので、入ってしまえば問題なし。

ちなみに看板には動物の「キリン」が描かれている。

IMG_2715

入り辛さはあるものの、一度入ってしまえば賑やかで和気藹々とした雰囲気に、次第に愉しさが感じられる。

20名入れるかどうかの明るい店内は、基本立ち飲みスタイルだけれどいくつか簡易的な椅子もあり座ることができる

この日も、老若男女問わず多くの人で賑わっていた。

IMG_2714

ドアがあいていたので、風がそよそよと気持ちイイ。通過する電車や踏み切りを渡る人を見ながらの一杯ができる。

さて、何にしようかな

価格はわかりやすい税込み表記で、会計は後払い。一部座れるけれど、お通しや席料云々はもちろん発生しない

IMG_4161

お酒は、サッポロ黒ラベル生390円、ウーロン茶割り200円、酎ハイ250円、香ばし茶割り300円(焼酎おかわり200円)等と、かなり良心的な価格帯。

IMG_4166

ちなみに、こちらの酎ハイの焼酎は、嬉しい「キンミヤ」使用。そして、香ばし茶割り等には「タカラ」を使用するなど、割りものによって焼酎を使い分けられている模様。そういったこだわりが素敵。

IMG_4165

安ウマなアテは200円台程度から用意されている。

IMG_4138

こちらはオススメメニュー。ラガーまんのポテサラ320円、棒からあげ350円、数量限定まぐろ刺身350円などがオススメとのこと。

キリンなのにサッポロなの!?

まずは、酎ハイ@250円をもらうことに。ちょっと尖り気味の焼酎とシュワシュワ炭酸。甘くないのが嬉しい。後から「お疲れさんセット@500円」をみつけたのでそれに切り替えてもらった。

▼スモーク盛り@400円(お疲れさんセット)
IMG_2686

「お疲れさんセット」のアテには燻製をチョイス。よく燻されてる~味玉の半熟具合と味付けが燻製とよくマッチしていて美味しい!こちらは店内で燻して作っているそうで、数量限定の為すぐなくなってしまう日もあるとか。また食べたい時は早めに伺おう。

ああ、燻製を食べたら生ビールが飲みたいなぁ。

▼パーフェクト生@390円
IMG_2695

こちら一押しの生ビール。店名の「キリンとラガーまん」からして、「キリン」の生ビールが出てくるかと思いきや「サッポロ」が登場(笑)

肝心のお味は、パーフェクトと付いているだけあって、泡がきめ細かくクリーミー!ん~冷たくって美味しい。

▼サービスでいただいたから揚げ
IMG_2707

サクッと味が染みてて美味しい!ビールとよく合う。

▼こうばし茶割り@300円
IMG_2702

まさかのティーバック入りで、混ぜ具合で濃さを調節できるそう。本当香ばしくてこれはグビグビいけちゃうね。ちなみに200円でナカのおかわり(焼酎+水+氷)ができる。もちろんおかわり!

▼から揚げ南蛮@350円
IMG_2726

こちらは後から合流した仲間が頼んでいた、カロリーを気にしちゃいけない逸品。これで350円はコスパ高い!味が濃いめでジューシーな唐揚げにクリーミーなタルタル…美味しくないわけがない。

お会計

◆お疲れさんセット@500円
(酎ハイ+スモーク盛り)
◆サッポロ パーフェクト生@390円
◆こうばし茶割り@300円
◆こうばし茶割りナカ@200円

1人で1400円ほど ※酒4杯、アテ1品]
ちょっとやりすぎたみたい(笑)

※せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

居心地とロケーションが良い立ち飲みであった

皆さんとのおしゃべりや居心地がよかったりで、立ち飲みなのに気づいたら4杯も飲んでいた(笑)

皆さん気さくで和気あいあいとした居心地のよい楽しい空間な上、お酒もアテも安ウマ。生ビールやアテをいただいた瞬間、マスターのこだわりが伝わってきました。間違いなくまた近々伺いたいです。

YDMG6061

電車や踏み切りを渡る人を見ながらの一杯。

再訪の模様はこちら

関連ランキング:バル・バール | 大山

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。