立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

横浜-阪東橋「三吉橋フライ屋」ほぼ100円均一のフライと鯨刺しに舌鼓!ちょっぴりディープな安ウマ酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

安ウマでちょっぴりディープな「三吉橋フライ屋」

この日はせんべろ仲間と横浜遠足と称して朝からその界隈を、下記の順でハシゴ酒。

みのかん→②高橋うどん→③浅見酒店→④磯村屋→⑤内藤酒店→⑥日昇→⑦埼玉屋食堂→⑧フライ屋★→⑨ホッピー仙人→⑩コッコ堂→⑪大夢→⑫うっふ

阪東橋で8軒目に向かったのは、旗のような大きな暖簾が印象的なこちら。

こちらは、コの字カウンターの味わい深いフライ屋。「フライ」とは、いわゆる東京では「串揚げ」、大阪では「串カツ」だ。横浜界隈では「フライ」と呼ばれることが多く、店名に「フライ」とつく店が幾つか存在するようだ。

伺ったところ、ちょっぴりディープな雰囲気の中、フライや日替わりメニューが安ウマで愉しめるステキな酒場であったので、ぜひ呑んべえの皆さまにご報告したい。

IMG_4425

場所は、阪東橋駅から徒歩10分程度であろうか。旗のような大きな暖簾が目印だ。

ドアが開いているので、入りやすいなぁ。コの字カウンターのみの店内は、老若男女でにぎわっている。

椅子に腰掛けると、船鐘(?)なるものが目に飛び込んできた。何でもこの鐘を鳴らした人は、お客さん全員にお酒を奢らなければならないといったルールがあるそう。こういうの、ユニークだなぁ。また、店主も気さくであった記憶がある。

さて、何にしようかな

価格は税込み表記で、ちゃんと座れるがお通しやチャージ料などは発生しない。

IMG_4407

お酒は、生ビールやサワー類等ほとんどが300円となり、ホッピーは400円。

フライは様々な種類が並び、ほぼ100円均一。

IMG_4409

本日のメニューには、お刺身やグラタンなどが200~500円程度で並んでいる。

安ウマなアテに箸がすすむ!

▼レモンホッピー@400円
IMG_4404

瓶と焼酎が別々に出てくるタイプ!

▼くじら刺し@300円
IMG_4412

実はくじら刺しを食べるのはこれが初体験。鮮度がよく、ほどよい弾力がありつつもやわらかくて、まるで馬刺しに近いような味わい。美味しいなぁ、これで300円って良心的すぎる!このメニューはリピートしたい。

▼はんぺん・あさり@各1本100円
IMG_4421

衣はパン粉が細かいタイプでサクっとしている。

「はんぺん」はもちっとした弾力がたまらん!「あさり」はちょっと衣が厚めで脂が気になったけれど、あさりとフライってよく合うんだなぁ。どちらも美味しかった。

▼なすミートチーズ@300円
IMG_4417

気になったこちらもね。濃厚なチーズととろっとろのミートソースに絡んだナス!美味しくないわけがない。これで300円は嬉しいなぁ。酒がすすむ逸品だね。

お会計

1人あたり700円ほど

※お酒1杯ずつ、フライ4点、アテ2品シェア
※座りでお通し・席料無し
※せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

安ウマでニヤニヤ!

後ろ髪ひかれつつ、1杯ずつ飲んだところで退店。(ごめんなさい。)

ちょっぴりディープな雰囲気が堪らなかったですし、安ウマなお酒とアテに口角が上がりました!食べた瞬間から、安く美味しいものを楽しんで欲しいというお店のメッセージが伝わってくるようでした。こういった、安いけどちゃんと美味しいものを提供してくれるお店がやっぱり好きです。

カウンターのみなんで少数がベストだと思います。

近いうちゆっくりとまた伺いたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆3.7

関連ランキング:串揚げ | 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。