立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

中野区「店名非公開」謎の酒場に足が吸寄せられて

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
この企画について

このお店はなんとなく広めちゃいけない(←影響力はないですが。)でも、「こんなお店もあって、こんな体験したよ。」ということをお伝えしたい。そういったお店を「場所・店名非公開」でお伝えしていく企画です。

皆さんが、そんなお店と巡り会えた際に「紹介されてた店はここだったのか!」なんてちょっとした宝探し感や、既にご存知で「この店、店内はこんな感じなんだ。」なんて、ちょっとした発見になったら嬉しいです。

常連さんの集う愉しい酒場

場所は東京都中野区界隈。この辺りに住まれていて、ディープ酒場好きな方なら、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

こちらは、常連さんの集う看板のない謎の酒場。一度訪れたところ、店主のお人柄や雰囲気に忽ち引き込まれてしまったお店。

IMG_8802

最初に訪れたのは2015年の夏。

この辺りを徘徊していると、縦縞の屋根が特徴的なタバコ屋らしき店に、暖簾がかかっている。夏場で店の戸が少し開いていたので、隙間から中を覗きこむと、チラリとカウンターに立つ店主と目が合った。好奇心が掻き立てられたので、入ってみることに。

IMG_8812

年季の入った店内は、店主がお一人で切り盛りされているようだ。座席はカウンターと2名がけのテーブル席が2つ。先客は地元であろうおやじさんで、カウンターで店主と喋りながらチビチビと一杯やっている。

カウンター席に座るなり「何度かそこ通ったでしょ。」と店主。ウロウロと何度か素通りしていたのが、バレていた模様。

この店主が気さくで、下町酒場好きだったりするから、会話していると愉しい。ネットも見ているようだから、もしかしたらこの記事も読まれることがあるかもしれないな。なんてね。

また、店主の「うちはタバコ屋だからね。」というフレーズがやけに印象に残っている。酒場よりタバコ屋を主張しているところにカッコよさを感じたり。こちらは飲みながらタバコを購入⇒堂々と吸えるので、愛煙家には居心地の良い空間であろう。

さて、何にしようかな

恐らく価格は税込み表記で、席料やお通しなどは発生しなかった。

IMG_9099

お酒は上記な感じで、ビールは大瓶で480円は有り難い限り。またサワー類は大と少がありその差は、僅か20円というのが不思議。アテは100円台~300円台程度だったかと。とにかく、立ち飲み屋並みに良心的な価格ということが印象に残っている。

何食べたっけ・・・(笑)

何度か来店したのだけど会話に夢中で、何を注文したか記録が残っていないことを、まずご報告したい。

▼酎ハイ大@280円
IMG_8805

多分、大。あんまり甘くなかったはず。

▼大根おろし@100円台
IMG_8809

多分100円台。サッパリしたものを欲してた模様。

お会計

1人あたり1000円以下

※座りでお通し・席料無料
※せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

確実に会話がつまみの愉しい酒場

詳しい価格は覚えてないのですが、恐らく酎ハイ2杯とアテ1品で1000円以下でした。店主や常連さんとの会話や雰囲気が、最大のつまみなお店でした。

また近々伺いたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。