立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

新大久保「ピエロ(角打ち)」チョットケーキ50円で一杯!?タバコ屋×パン屋の角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

タバコ屋×パン屋の角打ち「ピエロ」

コリアンタウンとして有名な新大久保駅。十数年ほど前から数年間この界隈に住んでいた筆者にとっては、たくさんの思い出が溢れる地域だったりする。

先日この辺りで飲んだ際に、じっくり探索したいなぁなんて欲求が生まれたので、この日はこの界隈でハシゴ酒をすることにした。

「ピエロ」はこの地域に根ざしたタバコ屋兼パン屋。アルコールも販売されており、ちょっとした立ち飲み用のカウンターなんかもあったりして、いわゆる角打ちできるお店である。

ちなみに、在住時から存在しているお店ではあったが、タバコに縁のない筆者は完全スルーだった。当時は、この手の店に目を輝かせるようになるとは夢にも思わなかったし。(笑)

IMG_9467

場所は新大久保駅から徒歩3分程度であろうか。改札を背にして左の角をすぐ曲がり、直進すると見えてくるタバコ屋が目印。

店は明るくキレイなので、もちろん一人でも入りやすい。

IMG_9478

カウンターの中に立つお母さんに「ここで飲めますか?」と尋ねると「閉店時間までならどうぞ。」と迎えてくれた。

IMG_9477

お母さんは気さくでお話し上手な方なので、会話をするのがとても愉しい。

「あのお店、変わったんですね。」と尋ねると、「あそこは、4回も店が変わってるの。」と教えていただいたり。そして、とても興味深かったのが、この辺りの歴史について教えていただいたこと。

戦前のこの辺りはお屋敷町だったそうだが、戦争でほとんどが焼けてしまい、さらに戦後はドヤ街だったそうだ。ドヤ街であった当時は、色んな人たちがこの地に集まって来ていたとのこと。そして「コリアンタウンは最近。」と仰っていた。

今でこそ、新大久保と言えばコリアンタウンというイメージが定着しているけれど、確かに15年程前のこの辺りは、ポツポツと韓国料理屋がある程度だったものな。なんてちょっと脱線。

そういえば、お母さんに客層を尋ねたら、やはりおやじさんが多いとのことで、昼から飲んでいる方もいらっしゃるとか。逆にパンと牛乳なんて方は、いないそうだ。そんな使い方も良さそうだけどな。

さて、何にしようかな

お酒は、ビールや酎ハイ類、ワンカップ、ウイスキーなどが並んでおり、ほぼ定価かと。つまみになりそうなものは、駄菓子やパン、肉まん、缶詰であろうか。

チョットケーキ50円で一杯!

▼氷結@150円/チョットケーキ@50円/どんどん焼き@20円
IMG_9468

こんな感じでチョイスしてみた。氷結ZEROなんてシリーズがあったので購入したのだけど、自分にはちょっと甘かったかな。

IMG_9473

どんどん焼きのキムチ味は、まさに酒のつまみを狙って作られたんじゃないだろうかってくらい、お酒とよく合う濃い目な味わい。ニンニクのようなスパイスがきいていて、“どんどん”すすんでくね。なんちゃって。

IMG_9474

チョットケーキはいわゆる「スイスロール」をお母さんが切ったもので、一番の売れ筋商品だそうだ。特に男性の方が買っていくことが多いとのこと。スイスロール一本を買おうとは思わないけど、一切れなら気軽で欲しくなるね。ああ、懐かしい味。

お会計

1人で220円

※缶酎ハイ1本、駄菓子、ケーキ
※せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

お母さんとの会話が愉しかった

駄菓子やパンなんかで、チョット一杯できるのが嬉しいですね。お母さんとの会話も愉しめる角打ちでありました。

また、お母さんに会いに伺いたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆

写真 2016-01-09 11 20 14

気に入っちゃって、家飲み用に購入。

関連ランキング:パン | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。