立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

阪東橋「田原屋酒店(角打ち)」菊水の美味しさを初体験!住宅街のディープ角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

住宅街のディープ角打ち「田原屋酒店」

酒場があまり営業していないであろう三が日に、無謀に訪れたのは野毛エリア。「野毛ホルモンセンター」でホルモンを満喫した後に、野毛から20分以上歩いて伺ったのは宿題店であったこちら。

「田原屋酒店」は住宅街にある酒屋であり、店内で一杯飲めるいわゆる角打ち。ディープな雰囲気ながらも、店主や常連さんが気さくであたたかなお店だ。

IMG_9224

場所は阪東橋駅から徒歩10分少々であろうか。

この店は、入り口が2つに分かれている。左側がL字カウンターと椅子が置かれた角打ちコーナーで、右側が酒屋コーナー。角打ちエリアが一杯だったので、酒屋コーナー側から入店することに。

酒屋コーナーに入ると、入り口付近に立ち飲みテーブルがあり、3~40代の男性たちが一杯飲んでいた。想像していなかった同世代がいてなんとなくホッ。

奥にすすむと、先ほどの角打ちエリアと繋がっていた。L字カウンターには年配のおやじさんたちが並んで座っており、皆さんボトルを目の前に置き愉しそうに一杯やられている。

気さくな店主に「ここで飲みたいです。」と伝え、おやじさんたちの座るL字カウンターの対面に立たせてもらった。向い合わせだったので、ちょっと緊張…すると、店主が気さくに世間話をしてくださり、お蔭で常連さんと愉しく会話をすることができた。

さて、何にしようかな

システムは酒屋コーナーで好きなものを選んで、キャッシュオン

IMG_9204

冷蔵庫の中から好きなお酒を選んで支払おう。

IMG_9209

アテは、乾きものやレトルトのホットメニューなどもあるようだ。

また、メニューの横に飾られた、店名が刻まれた「清酒の女王 富久娘」という看板がとても印象的だった。「富久娘」は兵庫県の日本酒。

昔はお酒メーカーが無料で店名入りの看板を作って、店側はその看板を飾る。そういった宣伝方法が流行っていたそうだ。

IMG_9196

ちなみにこの店での販売は一升瓶のみ。

菊水の美味しさを初体験!

▼氷結@210円/味ごのみ@50円(?)
IMG_9193

まずは、「氷結」で喉ならし。アテはシチューも気になっていたのだけど、軽めに「味ごのみ」で。この手のおつまみ商品の中で「味ごのみ」が一番好き。置いてあると、気づいたら手に取ってる。

▼お茶割り@155円
IMG_9199

さっぱりと、アルコール低めのお茶割りでちょっと休憩。

▼菊水@おすそ分け
IMG_9207

常連さんとビールの話をしていた流れで、話題となったのが「菊水」。コンビニや酒屋でよく見かけるコップ酒だけれど、今まで手に取ることがなかったし、正直飲んでみようと思ったことがなかった。

だけれど、常連さんのこんな言葉を聞いて一気に興味津々になった。

一番搾りという言葉は、菊水が先だよ。

「かなり気になります!飲んだことないので、今度飲んでみます。」と伝えると、常連さんが「飲んでみてよ。」と、まさかの購入しておすそ分けをしてくださった。

一口飲んだ瞬間に驚き。こんなにフレッシュで飲みやすいとは夢にも思わなかった。独特のクセなんかもなく、美味しくってクイっといけてしまう。日本酒に合うアテと一緒に飲んだら更に美味しいだろうな。

ちなみに、常温か冷がオススメだそうだ。そんな、「菊水」の美味しさを教えてくださった、常連さんに感謝。

IMG_9213

そういえば、このお店で一番売れるビールはアサヒだそうだ。

ああ、人生の先輩方との酒場トークはとても興味深く、愉しい。

お会計

1人あたり400円ほど

※缶酎ハイ1.5杯ずつ、味ごのみシェア
※座りでお通し・席料無し
※せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

あたたかな角打ち

ディープな雰囲気ながらも、店主や常連さんがお優しくて、お蔭様で愉しい時間が過ごせました。

狭いお店なので、少数がいいと思います。

今度は常連さんオススメのシチューをいただきに、また伺いたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆

IMG_9307
帰りがけ、コンビニで見つけて購入してしまった。

関連ランキング:その他 | 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。