立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

御徒町「蜀郷閣(シュコウカク)」本格派でコスパ高な麻婆豆腐300円に舌鼓!略300円均一の四川酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

四川酒場「蜀郷閣(シュコウカク)」

「蜀郷閣(シュコウカク)」は、先日ご紹介した「日吉屋」と同じ系列で、お酒もお料理も略300円のメニューが揃う四川中華居酒屋。本格派四川料理がいただけるとあって中国人も多く集う店だ。ちなみに「日吉屋」よりも、広々しており中華色が強い店舗といえる。

IMG_1429

この日は御徒町界隈で仲間とはしご酒。中華料理で一杯したく、伺ったのは四川中華がいただける日吉屋の系列店。

場所は御徒町駅北口から目と鼻の先で、裏通りの建物2階にある。

IMG_1424

おっ、店先でサービスタイムの看板を発見!17時~19時半まではサービスタイムで飲み物全品250円!また、モツ煮込み+枝豆+餃子のセットが750円などワクワクしてくる価格設定。

IMG_1419

日吉屋とは異なり中華色が強い雰囲気だなぁ。店内は思ったより広く40名ほど入れそうな広さで、ワイワイガヤガヤと中国人グループや日本人のカップルなどで賑わっている。中国人が多いという時点で期待が膨らむ。

座席はテーブルのみとなるので、1人で来ている人はおらず完全にグループ向きな感じ。

そういえば、店名は読むんだろうなんて疑問が浮んできた。ってことでホールのお母さんに「お店の名前なんて読むんですか?」と尋ねると「シュコウカク」とのご回答。四川省から来ているネーミングだそう。

さて、何にしようかな

価格は税別表記となり会計時に消費税が発生する。

IMG_1383

お酒は、生ビール、サワー、ウイスキーなどほとんどが300円。前述したように、17時~19時半まではサービスタイムとなり250円となる。

IMG_1385

お料理は串焼きが1本100円、一品物は300円~380円のものが多く並ぶ。

IMG_1391

揚げ物やサラダから、五目焼きそばなどのお食事類まで。

IMG_1394

300円しゃぶしゃぶなんかもやっているようだ!つけダレを注文すると250円発生する模様。これは魅力的なので、今度注文することにしよう。

四川麻婆豆腐で酎ハイをグビグビ!

▼酎ハイ@250円(サービスタイム)
IMG_1387

まずはお決まりの酎ハイから。サービスタイム間際に入ったのだけど、ギリギリで250円にしてもらえた。

シュワっと甘くなくて飲みやすいタイプ。ゴクゴクいけちゃう。

▼焼き鳥@1本100円
IMG_1413

焼き鳥は日吉屋同様にジャンボサイズ。どれも、しっかりとちゃんと美味しい。タレはお酒が効いていて少し甘いタイプ。

▼麻婆豆腐@300円
IMG_1417

麻婆豆腐はこれで300円でいいの?ってくらいのたっぷりサイズで驚き!3~4人くらいでシェアしたいくらいのサイズだ。

IMG_1402

中国人のお客さんが多く見受けられたので、もっとスパイスが効いている本場的な感じを想像していたのだけど、ほどよくスパイシーで食べやすい塩梅

ピリッと山椒がきいていて、とろみがかっているソースが酎ハイをグビグビすすませてくれるね!美味しくてスプーンが止まらない。

▼トマト玉子炒め@380円
IMG_1398

美味しそうだったトマト玉子炒めもね。玉子のふんわり具合が最高!そして、味付けがかなり甘いので、甘いのが苦手な人は要注意。

お会計

1人あたり1050円ほど

※お酒2杯ずつ、上記のアテシェア
※座りでお通し・席料無し
※せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

グループでコスパ高な中華飲みができる!

ボリュームたっぷりで美味しい四川中華料理で一杯できて大満足です!しかも日吉屋と同様に、串焼きは1本100円、お酒や四川中華料理はほとんどが300円(サービスタイムは250円)です。さらに、ゆっくり座って飲めるのにお通しや席料云々はかかりません。まさに、庶民の味方とも言えるせんべろ優良店ですね。

また、ホールのお母さんの感じもよく気持ちよく飲むことができました!

広々している×四川中華料理推しということで、グループでワイワイと中華飲みをしたい時なんかにピッタリなお店なんじゃないでしょうか。

また伺って今度は300円しゃぶしゃぶを愉しみたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★☆☆☆☆

IMG_1422

昼は500円ランチをやっている模様!

関連ランキング:中華料理 | 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。