東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

池袋「ふくろ 西口本店」ディープで温かな雰囲気と焼酎小瓶のホッピーにほろ酔い!ランドマークな大衆酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

早朝営業のランドマーク酒場「ふくろ」

再訪記録:2016年12月2016年12月②2017年1月2017年3月

「ふくろ」は、創業から60年以上の老舗大衆酒場で、池袋では言わずと知れたランドマーク的存在。早朝8時から営業しており、様々なライフスタイルの呑んべえに対応してくれている有り難きお店。

IMG_4553

この日は池袋でひとりはしご酒。何処へいこうかなと迷い、入ったのはかなりお久しぶりなこちら。お通しシステムやアテがお高めなんてところで、長らく足が向かなかったのだが…先週伺ったところハマってしまい、立て続けに今週も訪問

場所は池袋駅西口から目と鼻の先。入り口は2つあり、比較的ディープ酒場なので、一人で初訪だともちろん入り辛さは満載

IMG_4540

裏口から入ると、よりディープな客層ともいえるおやじさんたちがコの字カウンターを囲む。フロアは1~3階まであり、グループだと2~3階に誘導されることが多い。今回は1階へ。

夜の客層は、基本40代以上のおやじさんたち。サラリーマンから年配の方まで、常連さん同士で赤ら顔で会話を愉しんだり、上司と部下で愚痴りあったり、一人で本を読んだり、なんてそれぞれのスタイルでここでの時間を愉しんでいる。

この日はたまたまだったのだが、常連のお父さんたちが「一緒に飲もうよ!」と声をかけてくださって、他愛もない会話で盛り上がったり…「あちらのお客さんからだよ。」と、対面の席に座っていたお父さんから、突然ホッピーセットをいただいてしまったり(当方が寂しそうだったゆえに、ご馳走してくれたそうだ)。そして「ちゃんとお礼するんだよ!」と、店員のお母さん。

なんだか店員のお母さんも、常連さんも温かい。そんなところがこの店の醍醐味なのだな。

さて、何にしようかな

価格はわかりやすい税込み表記。お通しがあり1人あたり250円

写真 2016-12-24 17 12 09

(2017年2月写真差し替え)

お酒は、アサヒ瓶ビール大500円、清酒320円、焼酎小瓶250円、ホッピー外(白・黒)220円、ハイレモン200円など。焼酎割り類は、焼酎小瓶と割りモノで分かれて出てくるスタイル。

アテは4~500円台の価格帯で、千葉から仕入れているという魚介類を中心に、よくある酒場メニューが並ぶ。タイミングによっては「マンボウフライ」なんていう珍しいメニューも。

ちなみに8日のサービスデーでは、アテが全品半額なので要チェック。

雰囲気とホッピーセットにほろ酔い!

▼焼酎小瓶@250円/ホッピー外@220円
IMG_4549

合計で470円ではあるが、小瓶入りなので2~3杯分飲める。そして、氷をちゃんと出してくれるのが嬉しい。行く度に思うのだけど、これはなんの焼酎なのだろう。

▼お通し@250円
IMG_4537

お通しはその時のタイミングで変化する。お腹が空いていたので、ボリュームありのメニューでラッキー!しっかりした味付けでホッピーがすすむ。

▼いかげそ唐ポン酢@430円
IMG_4546

ハマって2連続で注文したのは、イカげそ唐ポン酢。薄い衣でサクっと脂っこくなく、コリコリとしたゲソの食感。さっぱりとしたポン酢、そして紅葉おろしでピリっとしているのもイイね。美味しいなぁ。ホッピーと合うなぁ

お会計

1150円(1人)
※焼酎小瓶のホッピーセット、お通し、アテ1品
※お通し250円
※1500べろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

雰囲気が一番のつまみ!

味わい深い独特でディープな雰囲気、そして色んな人がいて、時たま温かさにふれられて…もちろん料理は美味しいですが、そんな空間にいることが一番のつまみなんだと思います。

お通しがあったり、アテがお高めなので、せんべろとはいきませんが、1500円以内なら十分愉しめます。

一人だと入り辛いかもしれませんが、入ってしまえばゆったり愉しい時間がまっているかも。

長らく足が向かなかったですが、この機会にお邪魔する回数が増えそうです。まさに「葦の髄から天井を覗く」だなと思った夜。ごちそうさまでした。

いつかマンボウトライしたいです(笑)。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★☆☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆

再訪記録:2016年12月

この日は池袋でちょっと一杯、一人飲みすることに。大体1階の裏手側にお邪魔させてもらうのだけど、この日は満席なんで2階に上がる。2階も大賑わいで店員のお姉さんは大忙し。

▼焼酎小瓶@250円/ホッピー白@220円
IMG_8554

いつものホッピー(白)でスタート。ホッピー飲みながら、隣のおやじさんから「B1とB2があって…」と、こちらのお店の謎の専門用語を教わったり。

▼はまぐり鍋@680円
IMG_8559

この日は寒かったので、はまぐり鍋をもらった。大きなはまぐり、たっぷりの豆腐、春菊、白菜入り。出来上がるのが待ち遠しい。

IMG_8568

はまぐりがパカっと開いたら食べごろ。貝出汁とふんわり味噌の味、そして大粒のはまぐりが美味しい。ああ、温まる。至福だね。

会計は、ホッピーセット、はまぐり鍋、お通し(250円)で1400円ほどのお支払い。帰り際、終始キビキビとクールだった店員のお姉さんより「前にも来たことあるよね!また寄ってよ」と、ニコニコと一言。こういうのに弱いんです。

再訪記録:2016年12月-2

年の瀬の昼下がり…買い物帰りにちょっと寄り道。

▼焼酎小瓶@250円/ホッピー白@220円
写真 2016-12-24 15 32 26

いつものホッピー(白)でスタート。

▼お通し@250円
写真 2016-12-24 16 49 23

お通しは、シソが香るタラコひじき。「美味しいですね~と」パクパク食べていたら「もう一つ食べる?」と店員のお姉さん。2つもいただいてしまった。

▼つみれ鍋@650円
写真 2016-12-24 15 37 03

お昼ごはんがわりにつみれ鍋。つくねが結構大きくってボリュームあり。

▼清酒@320円
写真 2016-12-24 16 15 56

お次は大関を熱燗でもらう。最初の一杯は店員のお姉さんがお酌してくれて…これはホッと温まる。

会計は、ホッピーセット、熱燗、つみれ鍋、お通し(250円)で1700円ほどのお支払い。途中フォロワーさんと遭遇し乾杯をしたりして、楽しい昼飲みでありました。

再訪記録:2017年1月

ふくろが恋しくなり一人で立ち寄り。1階裏手でスマホや本を読みながらしみじみと一杯。

▼焼酎小瓶@250円/ホッピー黒@220円
写真 2017-01-27 21 32 28

この日はホッピー(黒)からスタート!

▼まぐろ山かけ@530円
写真 2017-01-27 21 36 15

さっぱりとしたものを欲していたので、山かけをもらう。すりおろしたてで、しゃくっとネバネバ~、そして新鮮なまぐろで美味しい。

会計は、ホッピーセット、山かけ、お通し(250円)で1300円ほどのお支払い。落ち着いてしみじみと一杯飲めました。

再訪記録:2017年3月

3月は2~3度こちらで一人飲みをしましたので、食べたアテなどをご紹介。今月はなんだか朝食のようなメニューばかりで飲んでいます。

もちろん、注文するお酒は毎度ホッピーの黒か白!

▼生野菜盛り合わせ@530円
IMG_3925

ホッピーと合うかと聞かれたら微妙なところだけど、野菜不足なんでこの日は生野菜盛り合わせをチョイス!

レモンをキュッと絞って、たまにマヨをつけてね。美味しくたっぷり野菜補給ができました。

▼ハムエッグ@380円
IMG_1124

この日は、誰が作ってくれた目玉焼きが恋しい日もあるということで、ハムエッグをチョイス。

目玉焼きはもっぱらケチャップ派だけれど…ないので醤油で。とろ~んと半熟の目玉焼きとほんのり甘く香ばしいハム。さっぱりとしたホッピーがすすむすすむ。

基本情報

写真 2017-01-27 21 28 31

ふくろへは池袋駅西口側の駅構内、東武ホープセンターのさくら寿司横にある階段が近道。

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼せんべろ更新情報を配信中

※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク