立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

沼袋「ぱんち」漬物が旨すぎでお酒が止まらない!アットホームで愉しい漬物酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最新投稿はこちら↓

漬物が美味しすぎる「ぱんち」

「ぱんち」は漬物職人のマスターが営む、和気あいあいとした酒場。「漬物ってこんなに美味しかったのか!」と漬物が苦手な筆者が、忽ち好きになってしまった経緯のあるお店である。

※もちろんせんべろ・1500べろの範囲内で利用できるお店ではあるが…食べ飲みすぎによりせんべろの範囲内を遥かに超えてしまっているので予めご了承ください。

過去投稿(2015年8月)

IMG_7741

先日、マスターから漬物の開封情報が到着!という訳で、お疲れ気味のぱんちファンの仲間を誘って、訪れることに。投稿は2度目であるが、実はこちらの漬物にハマって、何度か通っていたりする。

場所は沼袋駅の北口から徒歩3分ほどとアクセスがしやすい。ドアが閉まっているので、初訪で1人だと少し入りづらさはあるが、入ると気さくな店主が迎えてくれる。必要なのは最初のちょっとした勇気だけ。

IMG_7857

店内に入ると、この日も常連さんで賑わっており、和気あいあいとした愉しい雰囲気。

座席はカウンターと奥にはテーブルがあり、看板には立ち呑みと記載されてはいるが、椅子が完備されている。

IMG_7848

こちらの店は、気さくなマスターが1人で切り盛りしている。マスターは元漬物屋で、東北を歩き回り独学で漬物を研究してきた漬物職人。関東某所の漬物倉庫で作られている、マスター手作りの漬物をこちらでいただくことができる。初訪でも温かく迎えてくれたり、時には酔っ払いや困った客には厳しく対応してくれるので、女性も安心して飲むことができる

客層は2~50代の男女が中心で、ほとんどが1人で訪れている常連さん。前述したように、安心して愉しく飲めるので、1人で訪れている2~30代の女性も良く見かける(女性へのナンパや迷惑行為は、入店拒否になる場合も)。

IMG_7856

奥はテーブル席。

さて、何にしようかな

価格はわかりやすい税込み表記(税別に変更されたかも)。座れるけれど、お通しや席料云々は発生しない

IMG_7753

お酒はサワー類の320円が最安値。ビールやハイボールから日本酒や焼酎まで置いている。

IMG_7749

アテは3~400円が多く並ぶ。もちろん漬物が数種類並び、タイミングによっては、違う漬物に出会えることも。

IMG_7842

メニュー表に載っていないものも。

IMG_7852

美味しい漬物でお酒が止まらない!

今回、食べ飲みした量が多いのでお酒とアテを分けてご紹介。(※サービス含む)

▼長芋@400円
IMG_7766

漬物で1番人気の長芋は、開封したばかりとのことで、特別に漬け汁と別で出してくださった。

▼漬け汁
IMG_7756

出汁のきいた漬け汁にたっぷりとつけて、ジャキシャキ、ジュワッと美味しい。本当に毎度外せないマストメニュー

▼オクラ@400円(?)
IMG_7776

今回、初体験で限定メニューのオクラの漬物は、出汁と塩加減がよく、そしてネバネバ食感が楽しめる。オクラ好きならハマる逸品。

▼ゆずかぶ@400円
IMG_7798

ゆずかぶも、個人的に外せないメニューの1つ。しっとりとやわらかくて、かぶってこんなに柔らかくなるんだと思わせてくれる。そして、甘酸っぱくほんのり柚子の香り。やっぱり美味しいなぁ。

▼辛しなす@400円
IMG_7799

今回初めていただいた辛しなす。湯煎して辛味をより際立たせた辛子に、日本では珍しい小ナスを漬けた、いわゆる粕漬け。甘酸っぱさとツンとくる辛さが混ざり合い、濃厚な味わいだからお酒が止まらない。

▼きゅうりの一本漬け@200円
IMG_7791

さっぱりとした浅漬けのきゅうりは、出汁がイイ塩梅で感じられる。

▼ねぎ味噌@400円
IMG_7811

ジャキジャキとしたネギの食感と、酸味がありながらも優しい信州味噌の香り豊か。これも、すすんじゃう逸品。

▼ザーサイ@350円
IMG_7862

ごま油で程よく味付けされていて、柔らかく食べやすい。

▼とり皮ポン酢@300円
IMG_7806

比内鶏やコーチンなどの、様々な種類の鶏皮をゆずで漬けた、漬物な鶏皮ポン酢。上にはネギや青じそがのり、さっぱりといただける。

脂がのっていたり、カリカリとしていたり、食べるたびに楽しくって美味しい!

▼牛スジ煮込み@450円
IMG_7821

一品ものでは1番人気のフルーツを使った牛すじ煮込み。カツオや昆布、赤味噌をベースに、肉を柔らかくしてくれるというキウイや、最後にはすりおろしりんごを入れているなど、フルーツならではの旨味もつまっている。

酸味が感じられて、まるで和風ビーフシチューのような味わいで美味しすぎる!

IMG_7823

牛すじもやわらかで堪らない。

▼ニラ玉@350円
IMG_7831

半熟で出汁が香るニラ玉は、青じそが隠し味だからさっぱり。裏がこんがりで香ばしくて美味しいな。

IMG_7839

半熟具合と青じその風味が最高。

▼酎ハイ@320円
IMG_7743

ほんのり甘めでシュワっと。ぱんちだけに、焼酎にややパンチがあるので、キンミヤではなさそう。

▼赤霧島お湯割り@450円
IMG_7786

肌寒かったんでお湯割りでポカポカ。

▼赤霧島水割り@450円
IMG_7826

温まったら水割りに切り替え。

▼赤玉パンチ@400円
IMG_7870

店名の「ぱんち」という名称の入った、赤玉パンチは、サントリーに作ってもらったと言うグラスでいただきます!氷の入った甘くてフルーティーなワインでゴクゴク飲みやすい。

お会計

1人あたり3000円ほど

※食べすぎ飲みすぎ(笑)
※お酒5杯ずつ、上記のアテシェア(サービス含む)
※座りでお通し・席料無し
※頑張ればせんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

今回も和気あいあいとした愉しい雰囲気の中、美味しい漬物や一品ものでゆっくりと飲むことが出来て大満足です!

いつもと違ったアテをいただいて、美味しいものを食べてほしいという、マスターの心意気が伝わってきました。

サワー類320円×2杯とキュウリの一本漬け200円なんて組み合わせでせんべろは可能ですが…やっぱりこちらに伺ってしまうと、色んな漬物を食べたくなってしまうので、1000円以内でってのが難しいです。ですが1500円あれば、愉しめると思います。

狭いので、1人か少数グループでの来店をオススメします。個人的には漬物をシェアしたいので、2人くらいで伺うのがベストです。あっ、女性1人でも居心地が良いですよ。漬物が忽ち好きになる、そんなお店です。

また近々伺いたいです。ごちそうさまでした!そういえば、お疲れ気味の仲間が、すっかり笑顔になっていました(笑)。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地のよさ★★★★★

関連ランキング:居酒屋 | 沼袋駅野方駅新井薬師前駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。