立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

ときわ台「鳥多希」何本でも食べたくなる絶品手羽先210円!グンと利用しやすくなった焼き鳥屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ときわ台に移転した「鳥多希」

「鳥多希」は数ヶ月前に大山付近の川越街道沿いから、ときわ台へ移転したばかりの焼き鳥屋。

IMG_9694

この日はひとり酒。焼き鳥が食べたいなぁと、未訪であった「鳥多希」に伺おうと歩く心構えで意気込んでいたら…まさかの移転したとの情報(事前に知ってよかった)。という訳で移転先のときわ台へ。

場所は、東武東上線のときわ台駅の南口から徒歩5分足らず。店先から店内の様子が窺えて、カウンターもあったりするので、初訪で一人でも比較的入りやすい

以前と比べると、駅からのアクセスも入店も、ハードルが下がり利用しやすくなった印象

IMG_9754

店内は真新しいわけではないけれど、そこまで古くもない。座席はカウンターとテーブル、小上がりがあり、3~40名ほど入れそうな広さ。

カウンター前には大きなテレビが流れているので、一人でも寂しくない環境。イイ意味で干渉されない系なので、自分のペースで干渉されず飲むことができる

IMG_9759

客層は3~50代の男女で1人客も見られるものの、基本誰かとグループでのシーンが多く見られた。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記は税別で会計時に消費税が加算される。座れるけれど、恐らくお通しや席料云々は発生しない模様。

IMG_9703

生ビールの銘柄はサッポロで、黒ラベル中ジョッキ450円、白穂乃香450円、ラガー中瓶600円。焼き鳥屋で、しかも良心的な価格帯で白穂乃香があるのは嬉しい

焼酎類は、宝酎ハイ330円、その他焼酎割りは380円がほとんど。ホッピーは白黒があり、セットで480円(中焼酎200円)。

IMG_9705

アテは、焼き鳥がメインで1本130円~。1種1本が基本となり、一人飲みに嬉しい本数の縛りなし。一品ものやご飯ものも並び300円台~500円台がほとんど。ちなみに、一品ものはハーフサイズにもしてもらえる模様。半額ではないっぽいので、金額は確認しよう。

また、本日のメニューがあったりも。どれも美味しそうで、何を注文するか迷ってしまうね。

手羽先に舌鼓!

▼宝酎ハイ@330円
IMG_9696

シュワシュワと泡が浮かび上がり炭酸強めで、ほのかに甘くて美味しい。2杯目から焼酎の濃さがグンと増して嬉しい限り。人によってさじ加減が違うのかな。

▼鶏皮キムチ@380円(?)
IMG_9721

ハーフサイズもできるそうなので、鶏皮キムチをもらうことに。通常価格500円に対して、逆算するとハーフサイズは380円。

出てきてびっくりのボリューム感!これハーフサイズ!?そして、てっきりチビチビ系のキムチにつけた鶏皮がでてくると思いきや、サラダだったのか。

IMG_9726

たっぷりのキャベツにキュウリ、レタスの上には、ピリピリ辛くてやわらかい鶏皮キムチやサクサクのフライドオニオン。そして、それらにマヨソースが絡み、ピリ辛なんだけどマイルドな味わい。

このボリューム食べれるかなと思ったけれど、下は野菜なんでぺろっといけた。

▼レバー@130円
IMG_9729

レバー(タレ)は焼き加減が絶妙で、一番上に刺さっているのはジューシーなハツ、それ以降はぷるっと濃厚なレバーで臭みもなし。ハツが大好物な当方にとってはテンションの上がる逸品。

IMG_9734

胃袋が許せば確実におかわりするのに…今度は塩でいただきたい。

▼手羽先@210円
IMG_9749

名物とも言えるくらいに、周りのお客さんがこぞって注文していた手羽先。

甘くない醤油ダレの手羽先は、表面はパリパリで中はジューシーで堪らない!添えられたわさびをつけると更に美味しい。

ああ、これも胃袋が許せば確実におかわりするのに…こういう時、一人飲みはネックだなぁ。

お会計

1人で1500円ほど
※お酒2杯、上記のアテ
※座りでお通し・席料無し(恐らく)
※せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

焼き鳥が絶品で大満足です。店員さんたちの感じもよく自分のペースで飲めました。移転後から、駅からのアクセスも入店のハードルも下がり、グンと身近な存在になって嬉しいです。

消費税加算やお酒が400円前後なので、正直1000円以内は厳しいですが…1500円あればサクっと飲みで愉しむことができると思います。焼き鳥だけでサクッと使いなら一人もよいですが、一品ものなどは量が多そうなので、色々愉しむなら誰かと伺いたいお店ですね。

また近々伺ってしまいそうです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★☆☆

手羽先が恋しくて2日後に再訪問

手羽先が恋しくて1週間あけずに再訪(笑)。その模様を合わせてご紹介。

▼白穂乃香@450円
IMG_9877

コクがありフレッシュで旨い!

白穂乃香はサッポロビールの箱入り娘と呼ばれ、これを店に置くには特別な契約をしなければならない銘柄だそう。近年「白穂乃香」にハマり、数軒でいただいてきたけれどやっぱり手間がかかる分、安くても500円台だった。それが450円とは、かなりリーズナブルで嬉しい!しかも小サイズ(380円)も用意されていた。

■その他「白穂乃香」がリーズナブルに飲める店
・春日「バーGucchi 冨士屋酒店」白穂乃香500円。昼は酒屋、夜はバーになる二毛作店。
・新橋「The Rockwell」白穂乃香570円。チャージ無しのお気軽バー。

▼煮込み@300円
IMG_9881

たっぷりの脂身が少ないもつと豆腐入りで、コクがあり臭みもなくて美味しい!後味がさっぱりしているから、スープまで飲み干せる逸品。

▼手羽先@210円
IMG_9898

やっぱり病み付きになる手羽先。

▼レバー塩@130円
IMG_9899

塩だとデフォルトでレモン&わさびが付いてくるのが非常に嬉しい!タレより断然塩が気に入ってしまった。

今回も、お会計は1500円ほど(お酒2杯と上記のアテ)でした!おひとり様は、自分のみでしたが…一人でも居心地良く飲めます。

★合わせてこちらもどうぞ:東上線のせんべろ酒場一覧(大山以外)

関連ランキング:居酒屋 | ときわ台駅中板橋駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。