立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

板橋「みちテラス」カリッとろ~たこ焼きに舌鼓!オシャレで親しみやすいたこ焼きバル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

たこ焼きで一杯できる「たこ焼きバル みちテラス」

「たこ焼きバル みちテラス」は、2016年2月20日にオープンしたばかりの、たこ焼きバル。オシャレな雰囲気の中、美味しいたこ焼きで一杯できる気軽なお店です。

IMG_0295

この日は板橋界隈でひとりではしご酒。「やきとん やんぐ」の後に、もう一杯飲みたいなぁと訪れたのはオープンしたばかりのこちら。

場所は、板橋駅西口から2~3分程度。オシャレな外観であったり、カウンターもあるので、女性一人でも比較的入りやすいと思います。

IMG_0324

入ると、気さくな2人のお兄さんがすぐに迎えてくれました。店内はバルという名がついている通り、キレイでオシャレな雰囲気。そして、たこ焼きのこうばしい香りがふわっと感じられて、食欲を誘います。

座席はカウンターとテーブルがあり、10名ちょっと入れる広さでしょうか。この日の客層は3~40代の男女グループや1人の男性、そしてテイクアウトでたこ焼きを購入している方がちらほら。

落ち着いてぼーっとできますし、たまにお兄さんが話しかけてくれたりと、適度な距離感が心地よいです。

IMG_0305

獺祭などの日本酒も並ぶ。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記は恐らく税込み。座れるけれど、お通しや席料はかからない模様(逆算すると恐らく…)

IMG_0319

生ビールの銘柄は、キリン一番搾りで350円、サワー類450円、角ハイ450円など、500円前後の価格帯で並んでいます。ビール、カクテル、ワイン、日本酒など、バーの様に様々なお酒を愉しめるのが嬉しいですね。

IMG_0318

たこ焼きは、4個350円、6個400円、8個500円、10個600円…と個数が細かく選べ、味はソース、塩、ユズポンの3種です。その他はたこせん200円や、バルらしくイタリアンメニューなどが並んでいます。

一人たこ焼きで乾杯!

▼生ビール@350円
IMG_0298

小ジョッキで登場した一番搾りは、フレッシュかつクリーミー!おかわりしたくなる美味しさ。ちょっと飲みたい時に量がちょうどよさそう。

▼たこやき4個@350円
IMG_0309

たこ焼きの味は「ゆずぽん」をチョイス。

香ばしい味わい、カリッとろ~っで食感が堪らなくて美味しい!そしてゆずぽんの爽やかな酸味がこれまたイイ。これはまた食べたいたこ焼きだなぁ。

▼角ハイ@450円
IMG_0312

2杯目は角ハイでサッパリと。シュワっと炭酸で喉ごしがイイ。

お会計

1200円(1人)
※お酒2杯、たこ焼き4個
※おそらく座りでお通し・席料無し
※メニュー表記:おそらく税込
1500べろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

洋風でオシャレなバルの雰囲気×日本人に親しみのあるたこ焼きのコラボがなんともユニークでしたし、店員のお兄さんたちも気さくで、落ち着いて気持ちよく飲むことができました

お酒が500円前後なのでせんべろは難しいですが、1500円あればお酒2杯とたこ焼きを愉しむことができます。

バーの様な使い方ができそうなので、後もう一杯飲みたい時にしっくりきそうですし、オシャレな雰囲気なので、女性一人でも気軽に利用しやすいお店だと思います。

今度は誰かと伺ってたこ焼きとお酒を愉しみたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★★☆

こちらも合わせてどうぞ:板橋駅周辺のせんべろ酒場一覧

IMG_0325

関連ランキング:たこ焼き | 板橋駅下板橋駅新板橋駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。