立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

新橋「たんぽぽ」夜は立ち飲みもできる!駅前ビルにニューオープンの汁なし坦々麺処

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

夜は立ち飲みもできる「たんぽぽ」

「たんぽぽ」は、2016年6月にオープンしたばかりの汁なし担々麺処。18時からは店内や店先の立ち飲みコーナーでちょっと一杯もできるお店。

IMG_4958

場所は新橋駅から直結している新橋駅前ビルの1階にある(信州おさけ村向かい・喜楽隣)。

店先には立ち飲みテーブルが置かれ、一杯飲める雰囲気がほのかに漂う。

IMG_5010

薄暗い店内に入ると、広島出身の気さくなお兄さんが迎えてくれました。

コの字スタイルのカウンター席が2レーンあり、店内は座って飲むことができる。1人客の男性がほとんどで、飲みというよりは、担々麺をすする人がほとんど

IMG_5007

ぱっと目を引くキリンビールのオブジェも。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込み。店内は座れますが、お通しや席料はかからないです。

基本食券式だけれど、飲みの場合は後払いが可能

IMG_5001

お酒は、生ビール500円、ハイボール・サワー類400円などが並ぶ。

新橋価格としては少々お高めな印象だけど、座れるのにお通しや席料がないのは嬉しい。

IMG_5003

アテは200円と300円の2種。

三色団子200円や広島名物のがんす炙り300円など、そそられるなぁ。

濃いめのウーハイでちょい飲み!

▼ウーロンハイ@400円
IMG_5014

サワー類は甘いそうなので、ウーハイを注文。後々メニューを見たら載ってなかった(すみません)。

焼酎は麦か芋か選べたので、麦をチョイス。焼酎が濃い目なのが嬉しい。

▼鶏皮の味噌煮@300円
IMG_5019

がんすも気になったのだけど、結局鶏皮の味噌煮込みをチョイス。

柔らかく煮込まれた鶏皮と弾力のあるこんにゃく。そしてスープは甘さ控えめで優しめな味わい。

▼もやしピリ辛あえ@200円
IMG_5021

何かの香辛料の味がする不思議な味…これはなんだろう。担々麺にも使われるものだろうか。

お会計

650円(1人あたり)

※お酒1杯ずつ、アテ2品シェア
※座りでお通し・席料無し
※メニュー表記:税込み
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

座って気軽に一杯飲めるのが嬉しいですね。そして居心地も良かったです。

飲みだけも良いですが、担々麺を食べる前に、ちょっと一杯飲みたいなんてシーンにぴったりだと思いました。

今度は担々麺をいただきたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★☆☆

関連ランキング:汁なし担々麺 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。