立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

秋津「もつ家 本店」たっぷり濃厚もつ煮350円を酎ハイで流し込む!縄暖簾の味わい深いもつ焼き立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

もつ焼き立ち飲み「もつ家」

「もつ家 本店」は、もつ煮が名物の味わい深いもつ焼き立ち飲み。

池袋駅から西武池袋線で電車にゆられ25分。初めて降り立ったのは、東京都東村山市にある秋津駅。ずっと気になっていた街のひとつ。

IMG_2742

場所は秋津駅南口から目と鼻の先。

渋めの雰囲気ではあるが、扉が空いているので入り辛いわけでもない

IMG_2738

縄のれんを潜ると、昭和から営業されているであろう渋い雰囲気が広がる。

カウンターが横に伸び、15名ほど入れそうな広さ。

演歌が終始流れていたり、壁に名言が貼られていたり、お客さんの年齢層も高めだったり…さまざまな味わいが色濃く感じられる。

IMG_2686

ちなみにこの店には、ほんの少し背筋が伸びる下記の禁止事項がある。

泥酔、大声、3杯以上、一時間以上、携帯電話の使用操作

泥酔や大声、一時間以上なんてのは、どこの立ち飲みでも、当然暗黙の了解で気を付けたい項目。

また、携帯の使用操作って、操作ばかりで飲まない客でもいたのだろうか。そしてスマホで写真撮影はしても大丈夫なのだろうか…ってことで店員さんに確認すると、人を写さなければOKとのことでホッ。

IMG_2729

思わず読み込んでしまう名言。

IMG_2735

荷物置きの役割をしているビールケース。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込みでキャッシュオン。

IMG_2721

予め1000円札や小銭を用意しておこう。

IMG_2703

お酒は、瓶ビール500円、酎ハイ類が各種350円、ホッピー400円(焼酎中200円)など。

アテは、名物のもつ煮350円をはじめ、もつ焼き・焼き鳥類が1本110円~で1種1本から注文可能。

IMG_2715

その他、乾き物やちょっとした一品ものは100円~。

IMG_2704

まるで角打ちのよう。

もつ煮で酎ハイをグビっと!

▼酎ハイ@350円
IMG_2699

全く甘くないプレーンなタイプ!やや存在感のある焼酎は、濃いめなのが嬉しい。

▼もつ煮@350円
IMG_2693

どんぶりに入ったもつ煮はボリュームたっぷり!一人だとこれだけでお腹いっぱいになりそうなほど。

ゴロゴロとたくさん入った「もつ」は臭みもなく、やわらかで歯切れが良く美味しい。スープは濃厚で出汁がでている。七味をかけるとアクセントになってさらに美味しい。

▼ピリ辛こんにゃく@100円
IMG_2731

出汁がよ~く染みててぷるん。これ、おかわりしたくなる!

▼つくね・皮@各110円
IMG_2709

まるでみたらし団子の様なつくねはビジュアルからして美味しい!タレの味もみたらし系で醤油が強く甘め。

ああ、皮がパリパリで香ばしく美味しいな~。ゆえに、おかわり!

▼とり・もつ焼き@各110円~120円
IMG_2714

とり110円、カシラ120円、タン110円。弾力があり昭和系のもつ焼き。

IMG_2723

辛子味噌をつけても美味しい。

お会計

1260円(1人あたり)
※お酒2杯ずつ、上記のアテシェア
※メニュー表記:税込み
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

30分程度2杯飲み終えた段階で退店。ほんの少し背筋が伸びるような(まぁ立ってるんですが。笑)、そんな空間での一杯もいいものですね。

プチプライスのアテがバラエティ豊かで、どれにしようかとワクワクしました。そしてもつ煮や皮タレ、美味しかったです!

1~2名でサクッと一杯立ち寄るのにぴったりなお店ですね。くれぐれも注意事項は守りましょう。

また立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★☆☆☆

関連ランキング:もつ焼き | 秋津駅新秋津駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。