立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

新橋「熟成古酒処」熟成古酒の魅力に触れられる!駅前ビルに立ち飲みアンテナショップがニューオープン

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

アンテナショップ「熟成古酒処」

「熟成古酒処」は、2016年6月に新橋駅前ビルの2号館にオープンしたばかりの、長期熟成酒研究会が運営するアンテナショップ。熟成古酒が販売される傍ら、熟成古酒を愉しむこともできる、いわゆる角打ちとも呼べるお店。

熟成古酒ってなんだろう?

長期熟成酒研究会では、「満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒」を熟成古酒と定義しています。

熟成古酒は吟醸酒、純米酒、本醸造酒などの「特定名称酒」ではないため、ラベルへの表示規定がありません。そのため、「熟成酒」「長期熟成」「秘蔵酒」などと書かれていても1、2年で出荷されているものもあります。こういった年数のものは熟成古酒というよりは、「ひやおろし」や「秋あがり」のような味の調和や円熟味を考慮した商品であるといえます。

(出典:長期熟成酒研究会

ふむふむ、日本酒(清酒)を3年以上熟成させたお酒ってことか!

IMG_5916

場所は、新橋駅から直結の新橋駅前ビルの2号館(こひなた側)にある。

IMG_5892

2号館なので、お間違えなく。

IMG_5895

「熟」という看板が目印。

IMG_5908

入口はオープンであったり、立ち飲みスタイルなので、一人でも入りやすい雰囲気。スペースは4~5名ほどが立てる広さであろうか。

棚にはずらりと熟成古酒が並び、こちらを購入することも可能だ。

「どうぞ」と気さくに迎えてくれたのは、カウンターに立つ店主さん。横浜で古酒専門の酒屋を営まれているそう。子どもの頃から酒屋で育ち、元々日本酒やワインに興味を持たれていたそうだ。

そして「長期熟成酒研究会」に参加したことがキッカケで、将来性のある熟成古酒の魅力に惹かれたのだとか。

イキイキと魅力を語る店主さんから、熟成古酒に対する愛が伝わってきた。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込みキャッシュオン

IMG_5932

熟成古酒は、一杯350円~500円のものがほとんどで、中には2500円なんて高額なものも。

熟成古酒は醸造の仕方、貯蔵・熟成の仕方、熟成年数の違いで3つのタイプにわけられているそう。

・濃熟タイプ
・中間タイプ
・淡熟タイプ

ちなみに上記の写真は、タイプ別に並べ替えてくださったもの。

IMG_5909

19時までは、本日の熟成古酒が200円。

IMG_5910

利き酒セットは3種1000円。

IMG_5913

熟成古酒にマッチするアテも用意されている。

熟成古酒の初体験!

▼熟露枯(うろこ)@500円
IMG_5899

飲みやすいもの×500円以内でお願いしたところ、こちらが登場。ワイングラスに入っているのが珍しくてイイ。

旨みと甘さが感じられて飲みやすい(日本酒のレビューが苦手なためこの程度で…)。

ラベルを見ると「洞窟低温熟成酒」との記載。なんだか洞窟で熟成されている様を想像して、より一層美味しく感じた。

▼ふきのとう@200円
IMG_5922

一瞬ビジュアルにひるんでしまった「ふきのとう」は、鰹の風味が口に広がり、後からふきのとうの苦み。これは熟成古酒とよく合う。

IMG_5920

お水もだしてくれる。

お会計

700円(1人利用)
※お酒1杯、アテ1品
※メニュー表記:税込み
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

短い時間ではありましたが、熟成古酒の魅力に触れられて満足です。

初心者でも気軽に立ち寄ることができるのが嬉しいですね。ちいさなお店なので、1~2名くらいがフィットするお店だと思います。

またふらりと熟成古酒を飲みに伺いたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★★☆

熟成古酒処
住所:東京都港区新橋2-21-1新橋駅前ビル二号館B103-5
営業時間:17時~22時
定休日:土日祝

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。