立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

神田「鶴亀」メロン付きの酎ハイ280円にニヤける!安ウマで味わい深い大衆居酒屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

大衆居酒屋「鶴亀」

「鶴亀」は、昭和28年創業の味わい深い雰囲気の大衆居酒屋。中華系メニューが揃っていることが特徴的で、メディアなどでも紹介されている人気店。

座って飲めるのにお通し席料などはかからず、お酒は250円~、焼き鳥1本100円~と良心的な価格設定が嬉しいせんべろ優良店であったので、ぜひ昭和酒場好きな吞んべえの皆さまにご報告したい。

IMG_6854

場所は神田駅北口から、目と鼻の先の路地にある。ハイボール250円など安価な価格表記の看板に、おもわず足が吸寄せられてしまう。

味わい深い雰囲気であったり、男性が多かったりするので、女性一人だと入り辛いかもしれない

IMG_6894

金曜とあって店内は盛況。サラリーマンたちが愉しそうに一杯やられている光景が広がる。

1Fと2Fがあり、座席はカウンター(1Fのみ)とテーブル。思ったより広々していて、合計で100席以上はありそうだ。

客層は3~60代のサラリーマン男性が中心で、中には女性グループが見られたりも。シーンは2~3名で誰かと訪れている方がほとんど

フロアを動き回る、中国人の女性店員さんたちは皆、にこにこと感じが良くて、気持ちよく飲むことができる。

IMG_6873

メニューが多くどれにしようか迷ってしまう。

IMG_6927

40席ほどある2Fでは、宴会が行われていることもあるそうだ。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込み。座れるけれど、お通しや席料はかからない

IMG_6861

お酒は、角ハイボール250円、チューハイ280円、サワー類330円などが並び、生ビール(アサヒ)は380円。

ボトル類も用意され、焼酎、日本酒、紹興酒、赤ワインなどが、1000円台から用意されている。おまけに、1ヶ月間ボトルキープ可能。

IMG_6890

店長さんオススメの人気のアテは、自家製焼き餃子600円、ニラモヤシ300円、ホルモン炒め450円など。

周りのテーブルを見ると、焼き餃子を注文している方が多く見られた。

IMG_6858

ちょっとしたスピードメニューから、揚げ物、炒め物、中華料理、食事類など種類豊富に、200円台から並ぶ。

串焼きは1本100円~で、2本表記になっているけれど1種1本から注文することが可能。

IMG_6889

ワインや日本酒、芋焼酎なども。

メロン付きの酎ハイにニヤける!

▼チューハイ@280円
IMG_6868

登場してびっくり!なんと、メロン付きではありませんか。メロンが刺さっているだけで、まるでカクテルのよう(笑)。

店員さんに尋ねると、1杯目のみサービスで、メロンorパイナップルをつけているそうだ。これはなんとも、心が擽られる嬉しいサービス!

肝心のチューハイは、プレーンで甘くなく、微炭酸でサッパリ旨い。

▼ホルモン炒め@450円
IMG_6902

ファーストフード並みにスピーディーに登場したのは、人気メニューのホルモン炒め。

ホルモンは、臭みなしでやわらかい!玉ねぎはシャキシャキで甘い。味付けは、中華風で薄すぎず、かといって濃すぎない良い塩梅。美味しいなぁ。

▼焼き鳥@1本100円
IMG_6910

焼き鳥は、ねぎま2本@200円、とり皮2本@200円をチョイス。

ねぎまがとってもジューシーで、肉汁が口の中でしたたり美味しい!これで100円は嬉しい。とり皮はタレでもよかったかもしれない。

〆のデザートに!

IMG_6905

チューハイについていたメロンは、〆のデザートとして美味しくいただきましたとさ。

お会計

900円ほど(1人あたり/誰かと利用)

※お酒1杯ずつ、上記のアテシェア
※座りでお通し・席料無し
※メニュー表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

IMG_6928

(1杯だけでごめんなさい…)

まとめ

豪華なチューハイに心が擽られ、そしてボリュームのある安ウマなアテがいただけて大満足です。

グループでのお客さんが多かったり、料理の量が多かったりするので、個人的には1人よりも誰かと利用したいお店でありました。グループで訪れてワイワイと飲みたいなんてシーンにピッタリだと思います。

今度は餃子を頂きたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★☆☆☆

関連ランキング:居酒屋 | 神田駅淡路町駅小川町駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。