立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

秋葉原「ビーフキッチンスタンド」牡蠣のアヒージョや大山鶏のカルパッチョが199円!?オシャレで気軽なせんべろ肉バル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

せんべろ肉バル「ビーフキッチンスタンド」

「ビーフキッチンスタンド(BEEF KICHEN STAND)」は、2016年7月に秋葉原アパホテル1Fにオープンしたばかりの、鉄板ステーキや種類豊富なバルメニューが安価で楽しめる、気軽な肉バル。

「もつ焼き牛舎」などを運営する、飲食店チェーンが展開している新たなブランドの様で、横浜の新杉田店に続き2店舗目の出店の模様。

IMG_0756

場所は、秋葉原駅の昭和通り口から目と鼻の先にあるアパホテルの1F。

看板には「チャージなし・ワンドリンク制」、「ビフテキ290円、アヒージョ199円」などの表記があり、激安具合にワクワクする。そして、「お一人様大歓迎」との記載も1人客には嬉しいね。

IMG_0647

ピークタイムの20時頃に訪れたところまさかの行列。という訳で、別の店で一杯ひっかけて22時頃に再訪したところ、すぐに入ることができた。

IMG_0764

明るくオシャレな雰囲気の店内に入ると、遅い時間帯にも関わらず多くの人で賑わっている。

フロアにはかわいい店員のお姉さんたち。感じが良いので気持ちよく飲めるし、女性一人でも安心して利用できそうだ

IMG_0766

座席はカウンター席とテーブル席、外にはテラス席があり、トータルで40名ほど利用できそうな広さ。この日の客層は2~50代の男女で、1人で訪れている方から4~5人のグループまでシーンは様々。

そういえば、オシャレな雰囲気なのに、BGMで懐かしの90年代J-POPが流れていたりして、なんだか親しみやすい空間だったなぁ。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記は税別会計時に消費税。座れるけれど、お通しや席料はかからない

IMG_0771

お酒は、リーズナブルなのがトリスハイボール230円や強炭酸チューハイ290円、サワー類280円、カクテル480円、プレモル生390円、こぼれワイン380円などが並ぶ。

こぼれワインって池袋の「肉酒場エコヒイキ」を思い出すなぁ。どれくらいこぼしてくれるんだろう。

IMG_0775

目玉は、名物ビフテキ50g・手ごね生ハンバーグ60g・牛ハツのレアローストなどのようで290円。安いように思えるけど、量を考えると妥当なのだろうか。

IMG_0774

小皿メニューは100円、130円、150円、199円、290円、380円に分けて用意されている。

激安価格で少しずつバルメニューがいただけるのはありがたい。どれがコスパ高いかなんて発掘するのも楽しそう!皆さんはどのメニューが気になりましたか?

アテを発掘するのが楽しい!

▼強炭酸チューハイ@280円
IMG_0777

シュワシュワの強炭酸で後味にほのかな苦味。

▼ポトフ@130円
IMG_0815

じゃがいもがやわらかで、まるで洋風肉じゃがみたい。塩気を感じるかなりしっかりした味付けなので、当然お酒がすすむ。

▼牡蠣のアヒージョ@199円
IMG_0797

シャレオツメニューなアヒージョが199円!?なんてテンションが上がって注文。

熱々のオイルの中には、小ぶりの牡蠣が5~6個入っておりにんにくが香る。牡蠣は若干の苦味を感じるものの…人によってはお酒をすすませてくれる良いスパイスになるのかもしれない。

▼大山鶏のカルパッチョ@199円
IMG_0811

今回、一番気に入ったのは大山鶏のカルパッチョ。やわらかな大山鶏のたたきと、さわやかなドレッシングの組み合わせが良い感じ。そして、レタスやトマトなどの野菜が添えられているのでヘルシーな感じがまたイイ。これで199円はコスパ高い

▼牛ハツのレアロースト@290円
IMG_0803

レアローストはなんだかステーキチックで迫力あり!だけど…メニューのイラストイメージと違う!?でも290円だから、ま、いっか(笑)。

IMG_0784

ステーキソースをかけよう。

IMG_0824

レアというよりはミディアムな焼き具合で、噛み応えがある感じ。

お会計

750円ほど(1人あたり/誰かと利用)

IMG_0826

「間違いないかご確認ください!」と、レシートを差し出して確認を取ってくれる店員のお姉さん。会計時にちゃんと確認してくれるのはありがたいけど、一組ずつ毎回聞くのは大変そうだ。

※お酒1杯ずつ、アテ4品シェア
※座りでお通し・席料無し
※メニュー表記:税別(会計時に消費税)
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

オシャレかつ気軽な空間で自分たちのペースでの一杯が飲めました。それでいてお通し・席料がかからないのは嬉しいですね。

正直、アテはチェーン特有の当たりはずれがあると思います。ですが、どれも激安プライスなので、その中で安ウマなメニューを発掘するのも楽しいかもしれません。

駅近でアクセスもしやすいので、一人でもグループでも使い勝手がよい印象ですし、オシャレな感じなので女性も入りやすいと思います。

そして、翌1:00までと長めの営業時間だったりもするので、1軒目使いよりも2~3軒目でちょっとアテつまみながら〆の一杯なんて使い方がイイと思いました。

ごちそうさまでした!

満足度★★☆☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★★☆

BEEF KITCHEN STAND アパホテル秋葉原店
住所:東京都千代田区神田佐久間町2-13-20 アパホテル1F
営業時間:16:00~翌1:00
定休日:無休

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。