立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

上野「たきおか3号店」旬のさんま刺し220円やじゃがカレー160円で一杯!おなじみの気軽な立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

立ち飲み「たきおか3号店」

「たきおか」は、上野・御徒町界隈では言わずと知れた、朝から飲むことができる人気の立ち飲み。同エリア内に本店から3号店まであり、今回訪れたのは3号店。

img_1463

場所は上野駅と御徒町駅の中間あたりで、徒歩5分少々程度であろうか。

外から店内の様子が窺え、一人客も多いので比較的一人でも入りやすい印象ではあるが、男性客が多いので、女性は若干の入り辛さがあるかもしれない。

img_1413

活気のある店内に入ると、テキパキと店員のお姉さんが誘導してくれる。

厨房を囲むカウンターと中央には樽テーブルがいくつかあり、30名ほど入れそうな広さ。中央エリアに立つと、ちょうど皆、前方向を向いておりなんとも不思議な光景。

この日の客層は、サラリーマンのおやじさんを中心に男性の一人客が圧倒的だった。

img_1462

店先で外飲みも気持ちよさそう。

そういえば、数年前に本店でよく見かけていたイケメン店員のお兄さんがいらっしゃった。見かけないなと思っていたら、3号店にいたんだ。なんて勝手に懐かしさを感じたり。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記は税込みで支払いはキャッシュオン

img_1411

予め1000円札や小銭を用意しておこう。

img_1415

お酒は、ビール大瓶(アサヒ)410円、生ビール410円、ホッピー410円(白黒)、ハイボール310円、そして酎ハイやサワー類は310円。

img_1417

アテは160円~300円までの価格帯で、刺身、揚げ物、煮物、煮込み、肉どうふ、串焼きなど、定番のものが並ぶ。

同じたきおかでも、他店舗とメニューが違っていたりするのが、訪問する楽しみになるね。

カレーとさんま刺しでグビっと!

▼酎ハイ@310円
img_1406

宝焼酎の酎ハイ!微炭酸で濃いめなのが嬉しい。

img_1427

しばし箸置き。

▼じゃがカレー@160円
img_1425

ゴロっと大きなじゃがいもと豚肉が入ったじゃがカレーは、どこか懐かしさを感じる家庭的なカレー。辛くないので食べやすく、ほんのりダシの味がして美味しい。

以前に「たきおか2号店」でもじゃがカレーをいただいたのだけど、あちらは甘めのスープカレー系だった。同じメニューでも店舗によって味が異なっているのが面白く興味深いなぁ。

▼さんま刺し@220円
img_1432

旬のさんま刺しを発見。もっと高値かと思いきや、220円というプチプライス!

img_1439

やわらかく、脂がすごくのってる!胸を張って新鮮とは言い難いけれど、美味しい。

▼とり天@230円
img_1444

とり天はカリッとジューシーで、食感がまるでチキンナゲットみたい。

img_1448

七味マヨにしても◎。

▼菜の花おひたし@160円
img_1423

この季節にもいただけるのが嬉しい菜の花のおひたしは、ほろ苦でマヨをつけるとまろやかになり美味しい。

お会計

1005円(1人あたり/誰かと利用)
※お酒2杯ずつ、上記のアテをシェア
※メニュー表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

旬のさんま刺しや名物のじゃがカレーで一杯できて満足です。たきおかさんは、ふらりと気軽にサクッと立ち寄れるのがやっぱり嬉しいですね。

今度はどこの店舗に立ち寄ろうかな。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★☆☆☆

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 御徒町駅上野御徒町駅京成上野駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。