立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

京都-三条「友立ち」不思議なポテサラ200円やローストビーフ400円に舌鼓!ニューオープンの安ウマ立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昼から飲める立ち飲み「友立ち」

「友立ち」は、2016年9月にオープンしたばかりの、細い小道にある隠れ家のような立ち飲み。土日祝は13時~、平日は14時~昼飲みできる気軽で安ウマなお店。

img_3686

場所は地下鉄三条駅7番出口から徒歩5分少々。細い小道を入ったところにある。

スナックの様な店構えながらも扉が全開なんで、入り辛さはない

img_3705

真新しい店内は、厨房を囲んだL字カウンターと 、後方にカウンターがあり、10名ちょっと入れそうな広さであろうか。

オープンしたばかりとあり、マイルドに和気あいあいとした雰囲気で、居心地が良い。この日の客層は3~40代の男女で、1人で訪れている方からカップルまで。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込み後払い

img_3700

お酒は250円~の価格帯で、生ビール(アサヒ) 300円、チューハイ類・ハイボール250円、ホッピーセット400円(焼酎中150円)などが並ぶ。

日本酒は、兵庫「白鹿250円」や京都「英勲350円」など関西のものがあったりするのが嬉しい。

img_3704

アテは100円~400円程度の価格帯で、呑んべえごころがくすぐられる、魚類や揚げ物などのラインナップが並ぶ。

思わず食べ過ぎてしまう!

▼ハイボール@250円
img_3688

銘柄はブラックニッカ。ちょうど良い濃さ!

楽しい食感のポテサラ

▼特製ポテサラ@200円
img_3691

人気メニューの特製ポテサラは、一口食べると、野菜でシャキシャキ、そしてもっちりしたような不思議でたのしい食感。

この食感はなんだろう…という訳で店主に尋ねてみると、「コロッケを潰して入れているんです」とのご回答。

なるほど、コロッケとは面白い発想!

爽やかなポテサラに衣が入ることで、ややこってり感とほんのり甘みが生まれ、よりお酒をすすませてくれる。そして、ピリっとした黒胡椒がアクセント。

ボリュームありのローストビーフ

▼絶品ローストビーフ@400円
img_3695

オススメメニューから選んだのは「絶品」と名が付いたローストビーフ。

登場すると大きさに驚き!このボリュームで400円でいいんですか!?酸味のある和風ソースがかかり、やわらかで美味しい。

▼青汁ハイ@300円
img_3698

2杯目は青汁ハイをチョイス。ほんのり甘めで飲みやすいから、ごくごくいけてしまう。

お酒がすすみすぎる鶏皮みぞれ和え

▼鶏皮みぞれ和え@250円
img_3702

ポテサラやローストビーフをいただいて…さらに注文したくなり、最後にオススメメニューからもう一品。

揚げたてでサックサク、まるで竜田揚げのような鶏皮。肉厚脂感のある鶏皮に、さっぱり酸味のあるポン酢と大根おろしが絡み合い、美味しい!

これで250円はテンション上がるなぁ。

お会計

900円ほど(1人あたり)
※お酒2杯(1人あたり)、上記のアテシェア
※メニュー表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

安ウマゆえにアテを食べ過ぎてしまって、お腹がいっぱいです。店員さんたちも感じがよく、居心地よく飲めました。時間があればもう一杯飲みたかったです。

狭いので1~2名の訪問がフィットするお店だと思います。色んなアテを食べたくなってしまったので、個人的には「友だち」と訪れたくなる立ち飲みでありました。

土日祝は13時~、平日は14時~から営業されていて、昼飲みできるのも嬉しいポイントですね。

また京都に行ったら伺いたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★☆☆

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 三条駅京都市役所前駅三条京阪駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。