立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

板橋「瀧野川」生ビール300円とボリューミーなお通し150円!昼から気軽に飲める定食屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

一杯飲める定食屋「瀧野川」

「瀧野川」は、創業から3~40年程のアパートの一階に佇む定食屋。昼飲みすることも可能で、呑んべえな常連さんが集うお店。

img_4675

板橋と言えば最近西口ばかりで徘徊しているなぁ、ということで東口界隈で飲むことに。

場所は板橋駅東口から徒歩3分程度となり、アパートの一階にある。

img_4671

扉には外観とのギャップを感じる貼り紙があり、「生ビール(中)300円」や「飲み食べ放題3000円」との表記。

img_4673

定食屋なので、もちろん定食メニューの表記も。

やや渋い店構えではあるけれど、定食屋なので1人でも気軽に入りやすい印象

img_4663

店内は、4名がけのテーブル席が並び、30名ほど入れそうな広さであろうか(カウンター席はない)。

フロアには明るい中国人のお姉さんたち。そしてメニューを見ると、餃子をはじめとした中華料理が並んでいたりもして、中華食堂の様な印象も受ける。

img_4668

周りを見回すと、出来上がっている常連のおやじさんたちがまったりと会話を愉しんでいる。ちなみに訪れたタイミングでは、食事利用というよりは、飲み利用のお客さんのみだった。

img_4662

奥にはテレビもあるので、1人でも寂しくない。これはどなたのサインだろう。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込み。お酒を飲む場合はお通しがある様で1人あたり150円

img_4656

お酒は、生ビール(アサヒ)・サワー類・日本酒が300円、ホッピーセット450円(焼酎中200円)などが並ぶ。ボトルは2000円から用意され、氷・ウーロン茶は無料!

img_4659

オーダー制の食べ飲み放題3000円も用意されており、人数で時間が変わる模様。4名以上だとなんと4時間!

img_4674

アテは、キャベツサラダ150円をはじめ、枝豆300円、キムチ280円など、ちょっとしたものからガッツリ系まで揃う。

img_4670

焼き餃子300円、五香砂肝350円、皮蚕豆腐350円など中華系メニューも。

img_4667

その他、春巻き・海老餃子・シュウマイなどは450円、豚角煮680円、海老マヨ780円なども並ぶ。

納豆もち380円に非常に惹かれたけれど、炭水化物なので止めておいた。

img_4660

定食メニューは500円~。すべての定食メニューに、ご飯、味噌汁、目玉焼き、コーヒーがセットになる模様。ご飯おかわり無料も嬉しいね。

ボリューミーなお通しや豚キムチで一杯

▼生ビール(アサヒ)@300円
img_4649

プハー!さっぱり苦味があって旨い。

テンションの上がるお通し150円

▼お通し@150円
img_4651

「はい、お通しです!」とビールと一緒に登場したのは、よ~く煮込まれた豚肉と豆腐。

思いのほか豪華なので、お通し300円くらいかなと思ったけれど…150円!こいつは嬉しい。

img_4654

ほろほろと箸で切れるやわらかさの豚肉は、濃すぎず優しい味付けでホッとする味わい。

▼お通し@150円
img_4655

もう一方のお通しは、アボカドの天ぷら。安価な上に違ったものを出してくれる粋な計らいに、グッと心をつかまれてしまった。

醤油をちょっとたらしてパクり!サクっとやわらかで美味しいね。

▼豚キムチ炒め@550円
img_4665

アテは迷った挙句、豚キムチをチョイス!注文してから5分ほどでスピーディーに登場。

img_4664

1人だとこれだけでお腹いっぱいになりそうなボリューム!豚もキムチもたっぷりなのが嬉しい。

そこまで辛すぎずピリ辛程度の辛さと、豚肉や油のコク…これは食べ応えがあるし、ビールがグビグビとすすむなぁ。

お会計

1025円(1人あたり)
※生ビール2杯ずつ、お通し、アテ1品シェア
※お通し150円
※メニュー表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

ゆっくり座って美味しい一杯が楽しめて大満足です!お通し150円にすっかり心をつかまれてしまいました。

こちらは食堂の中でも、比較的安価に飲める貴重なお店だと思います。昼から飲めるのも吞んべえには嬉しいポイントですね!

まさに吞んべえにはパラダイスのような、せんべろ優良店じゃないでしょうか。

アテにボリュームがあるので、一人よりは誰かと伺いたいお店でありました。

今度は餃子で一杯やりたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★☆☆

関連ランキング:定食・食堂 | 板橋駅下板橋駅新板橋駅

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。