立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
「せんべろ酒場」の飲み歩き情報を配信中!

福岡-天神「天ぷら ひらお」たっぷり黒霧島で無料惣菜とサクっと天ぷら80円~を楽しむ!コスパ最強の博多天ぷら食堂

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

九州最大の都市である福岡は、博多ラーメン・うどん、ごまサバ、明太子、天ぷら…など、美味しいものがつまった「食の都」。

天神や中洲などの繁華街では、気軽な酒場や屋台などが多く存在する。更に、角打ち発祥と呼ばれる北九州市では、昼から角打ちが楽しめるなど、時間が足りないと感じるほど魅力的な都市である。

福岡市を中心によく見られる、庶民的な博多天ぷら食堂。今回ご紹介するこちらは、博多天ぷらの中でも絶大な人気を誇るお店である。

博多天ぷら「天ぷらひらお」

「天ぷらのひらお」は創業から30年以上の、博多発祥の天ぷら専門店。素材・安全・直営にこだわり、手ごろな価格で楽しめる庶民派のお店。

ちなみに、福岡県福岡市を中心に現在6店舗を直営で展開されており(2016年11月)、今回訪れた「天神店」は、土日や昼時には外まで行列ができる大人気店である。

img_6756

場所は天神駅や西鉄駅から徒歩3~4分程度の天神東宝ビル1Fにある。現代的でチェーンの様な店構えなのでもちろん入りやすい印象

行列必須だけど並びたくない

人気店ということもあり、土日の昼時は外まで行列ができる

まず伺った日曜13時の時間帯は、外の通路までズラリと人であふれていた。あまりの行列に、へタレな筆者はもちろん断念。

再チャレンジは月曜の11時ごろ。店内で多少待っているお客さんはいたものの、5分程度でスンナリと着席できた。

また、店員さんに空いている時間帯を尋ねたところ、「平日の16時前後が比較的落ち着きますね」との一言。

並ばずに入れそうな時間帯まとめ

・平日10時半~11時あたりまで
・平日16時前後あたり

まずは食券を購入しよう!

メニューの価格表記はわかりやすい税込みで食券式。座れるけれど定食屋なのでお通しや席料はかからない

img_7174

まずは券売機で食券を購入しよう。

img_7223

お酒は、瓶ビール中瓶420円(アサヒ)、生ビール470円(アサヒ)、日本酒330円、焼酎270円(芋:黒霧島/麦:いいちこ)のラインナップ。

天ぷらの単品メニューは天ぷら80円~150円までの価格帯。

img_7224

定食メニューは720円~890円まで。

img_7181

今回はこんな感じで購入。

大きなカウンターが広がる店内

食券を購入したら店内に入り、店員さんの誘導に従う。満席の場合には、順番待ち用の椅子に腰かけて順番を待とう!

img_7184

店内は、ぐるりと厨房を囲んだ巨大なコのカウンターが広がり、30名ほど座れそうな広さであろうか。

老若男女問わず、学生や社会人、年配のおやじさんなど多くのお客さんで賑わっている。

img_7187

平日の昼時近くということもあり、周りのお客さんが注文しているの基本定食メニュー。

そんな空間でお酒を注文する行為は、なんだか背徳感がある。まさか飲んでるのって筆者達だけ?なんて思っていたけど、向かいのおやじさんがビールを飲んでいた。そんな光景にホッ(笑)。

img_7220

便利だなぁなんて釘付けになった、ご飯を盛りつけるマシーン。

無料惣菜と天ぷらと黒霧で至福なひと時

焼酎割り270円がお得

▼焼酎芋(黒霧島)@270円
img_7196

焼酎は麦と芋の2種類から選ぶことができ、麦は「いいちこ」芋は「黒霧島」。せっかくなので黒霧島をもらうことに。

注文すると店員さんが冷えたコップに焼酎をついでくれる。こぼしてくれたので、量は1合くらいであろうか。

img_7193

焼酎をこぼさないように、縦にそーっと割り用のカップに酌んでいく。

img_7214

入口付近にある給水所で、お水&氷を入れたら…黒霧島の水割りの出来上がり。

水割りやお湯割りだと、たっぷり2杯分は作れるのでかなり満足度が高い!

無料で取り放題の惣菜で飲む!

img_7185

テーブル上には、無料で取り放題のお惣菜が4つ置かれている。

▼惣菜@無料で取り放題
img_7191

この日のラインナップは塩辛、大根煮、安納芋のレモン煮、もやしの和え物。好きな種類・量を小皿に取り分け。

img_7198

天ぷらがくるまで、惣菜をつまみにしてちびちび飲んでいましょうかね。

ゆずが香る塩辛は、爽やかで美味しいなぁ。大根はよく味がしみているし、安納芋の煮物はレモン風味でねっとりフルーティ。もちろんどれも焼酎と好相性

おまちかねの揚げたて天ぷら!

天ぷらは、天つゆor抹茶塩をはじめとした3種の塩につけていただくスタイル。

▼天つゆ
img_7202

天つゆは大根おろしが落とされ、濃い目でしっかりした味わい。醤油が強めで出汁が香る。

▼海老@210円/鶏もも@120円
img_7211

天ぷらは、揚げたてのものをテーブル上のバットに置いてくれる。

揚げたてでサクッと音がでる食感!ただ、衣は思ったよりは厚めだったので、お年頃の筆者が食べ過ぎると胃もたれする恐れあり。

img_7222

海老はどっしりとした身、プリプリで海老の香りが口いっぱいに広がる。

鶏ももは、お肉がジューシーでやわらか~淡白ながらも、脂の乗った後引く味わいで美味しい!これは次回もいただきたいなぁ。

▼野菜天(芋)@80円
img_7208

野菜は芋(安納芋)をチョイス。ホクホクで甘~い!ジャンボサイズで食べ応えあり。

▼野菜(椎茸)@80円
img_7228

ん?まだ水割りがあまっているなぁ。ということで、あともう1品中の券売機で、野菜80円を購入。

選んだのはここ数年で大好きになった「椎茸」。サクっ、そしてぷるんとみずみずしくジューシーで美味い!これは肉厚でイイ塩梅の揚げ具合。これも次回いただきたい

お会計

760円(1人)
※焼酎1杯(水割り2杯)、天ぷら4品
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

30分ちょっと過ぎたところで、混雑してきたのでこれにて退散。美味しい天ぷらで一杯できて大満足です。

今度は椎茸と鶏もも2個ずつ注文したいです。ごちそうさまでした!

・土日祝は行列必須なので要注意
・人気店なので長っ尻は避けたい
・カウンターのみなので団体は不向き
・昼飲み可能で焼酎270円は水割り2杯作れてお得!

満足度★★★★★
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★★☆

関東でもこちらと同様のスタイルで博多天ぷらが楽しめます↓

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライター。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。