東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

沼袋「ぱんち」とろ~りチーズの麻婆豆腐と漬物三昧で至福なひと時!アットホームで愉しい漬物居酒屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

西武新宿線の駅である沼袋駅は、高田馬場駅から乗車8分程度の位置にある。

沼袋駅北口から細い路地に入った沼袋商店街は、ランドマークである銭湯「一の湯」や老舗酒場「ホルモン」をはじめとし、ぽつぽつと飲み屋が立ち並んでいる。規模は小さいながらも、どこか昭和の雰囲気が流れホッとできる街並みが心地よい。

行動範囲から比較的遠方な沼袋。定期的に訪れている理由の一つは、こちらの酒場が恋しくなることから。

やっぱり漬物が旨い「ぱんち」

過去記事:2015年8月2016年4月

「ぱんち」は漬物職人のマスターが営む、和気あいあいとした酒場。

漬物ってこんなに美味しかったのか!」と漬物が苦手な筆者が、漬物好きになってしまった経緯のあるお店。

※もちろん、気軽にせんべろ・1500べろの範囲内でも利用できるお店ではありますが、今回の会計は食べ飲みすぎにより、せんべろの範囲内を遥かに超えてしまっているので、予めご了承ください。

img_7474

場所は沼袋駅の北口から徒歩2~3分ほどとアクセスがしやすい。初訪で1人だと少し入りづらさはあるが、入ると気さくな店主が迎えてくれるので安心だ。

雰囲気などは過去記事をどうぞ↓

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はおそらく税抜き会計時に消費税。座れるけれど、お通しや席料はかからない

IMG_7753
(2016年4月撮影)

お酒はサワー類の320円が最安値。ビールやハイボールから日本酒や焼酎まで置いている。

IMG_7749
(2016年4月撮影)

アテは2~400円台の価格帯が多く並ぶ。

目を惹くのが店主自慢の漬物!店主曰く、漬物で人気なのはきゅうり1本漬け、長芋、ねぎ味噌など。

img_7510

他にもメニューがたくさん!中でも、最近人気なのがちょっと変わった麻婆豆腐450円だそう。

漬物三昧でお酒が止まらない!

▼博多の華水割り@400円
img_7475

先日の福岡旅行ですっかりハマってしまった博多の華を発見!うん、まろやかで飲みやすい。

▼長芋@400円
img_7476

こちらの長芋漬けが大好きで、訪れると必ず注文している。

厚切りでよく漬かった長芋。噛むとシャキっと食感でジュワ~っと出汁が染み出る。本当美味しくって、お酒がすすみすぎてしまうね。

▼ねぎ味噌@400円
img_7504

酸味のパンチが強くふわっと味噌の香り。シャキシャキとしたネギの食感も堪らない。これもね、やっぱりすすんじゃうよ。

▼きゅうり1本漬け@200円
img_7483

浅漬けタイプのきゅうり1本漬けは、さっぱりとしていて後から出汁の旨み。ああ、美味しいな。

添えられているのは、サービスで出してくださったザーサイの漬物。コリコリ食感が楽しい。

▼赤かぶ@300円
img_7505

こちらで初体験の赤かぶは、甘酸っぱくてまるでフルーツのようで、なんだかデザート感覚でいただける。

▼ゆずかぶ@400円
img_7482

訪れると大体注文している、大好きなゆずかぶ。しっとりとやわらか~食感で、甘酸っぱく柚子が口の中でほわっと広がる。

漬け汁がピンク色をしているけれど、着色料を使っていることはなく、赤かぶの色がでているんだそう。

▼酎ハイ@320円
img_7506

ほんのり甘めでシュワシュワ。やっぱり酎ハイが落ち着く…。

▼マーボー豆腐@450円
img_7490

最近、おなじみさんたちに人気だというマーボ豆腐は、ちょっと変わった風貌。

img_7496

チーズがとろ~ん。レンゲですくうと、トマトベースのソースに絡んだ豆腐がこんにちは。まろやかなチーズと、酸味やほんのりピリっと感がクセになる。

ちなみに辛口にもできる模様。

お会計

3000円足らず(1人あたり)
※お酒5杯ずつ、上記のアテ
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:恐らく税抜き(会計時消費税)
※酎ハイ類ならせんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

美味しい漬物やアテでゆっくりと飲むことが出来て大満足です!

こちらに訪れると、沼袋に住みたくなってしまうから困ってしまいますね(笑)。

酎ハイ320円×2杯とキュウリの1本漬け200円等の組み合わせで1000円程度の会計は可能ですし、サク飲みのお客さんもいらっしゃいます。ただ筆者は、こちらを訪れると漬物を色々食べたくなってしまうので、1000円以内に抑えるのがかなり難しいです(汗)。

狭いので、1~2名での訪問がフィットします。個人的には2名くらいで伺うのがオススメですね。マスターは女性にやさしいので、女性1人でも居心地が良いと思いますよ。

また年内に伺いたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の居心地★★★★☆

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。