東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

東京「吞うてんき」ハムカツ150円で三冷ホッピーをグビっと!タモリ倶楽部でもおなじみの立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

オフィスビルが立ち並ぶ、東京駅八重洲中央口。

img_8712
(駅周辺のオフィスビル)

リッチなお店が多い印象のこの界隈。隣駅付近まで歩けばまだしも…この辺りで1000円程度で楽しめる、酒場を探すのは難しい。

そんなこの界隈でも、吞んべえの一筋の光となる酒場がある。

img_8713
(駅周辺はキラキラとライトアップされていた)

今回訪れたのは、メディアでもおなじみの、長らく宿題店であったこちらの立ち飲み。

働く人のオアシス「吞うてんき」

「吞うてんき」は創業から15年以上の、サラリーマンが集う広々とした立ち飲み

メディアにも多数掲載されており、タモリ倶楽部でハムカツがクローズアップしたこともあるお店。

img_8716

場所は、東京駅八重洲中央口から徒歩5分程の裏通りにある。

扉はピッチリしまっているものの、店先に価格表記があるので、安心して扉を開けることができた

img_8742

昭和の懐かしい雰囲気が流れている店内は、サラリーマンをはじめとした、仕事終わりの人々で賑わっている。

6名用のテーブル、カウンターなどがあり、40名ほど入れそうな広さ。

フロアでは中国人のお姉さんたち。注文をするとテキパキとスピーディーに提供してくれる。

img_8744

広々としているし、誰かに干渉されることもない。なんだか楽で肩の凝らない空間だなぁ。そして、やや照明が落とされているので落ち着ける。

img_8769

そういえば途中、「6名入れますか?30分くらいなんですけど…」という、サラリーマングループがいらっしゃったりも。外に案内されて一杯やられていた。

img_8770

本棚があり、吞うてんき文庫なるものも。飲みながら読まれている方もいるそうだ。

img_8729

立ち飲みは2時間が制限時間。逆に立ち飲みで、2時間以上いる人っているのだろうか。

img_8740

ご法度事項。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込みキャッシュオン

img_8719

予め1000円札や小銭を用意しておこう!

img_8734

お酒は、酎ハイ・サワー類・ハイボール類・日本酒の350円が最安値で、生ビール(スーパードライ)は450円。

ちなみにこちらのハイボールは嬉しいダブルとのこと!また、一番お得に飲めそうなのは、ホッピーセット400円(焼酎中おかわり200円)

img_8737

アテは100円台から400円程度までの価格帯で、サラダ、揚げ物、炒め物などが並ぶ。

img_8724

本日のおすすめメニューなるものも。

高野豆腐の京煮250円やうの花200円など、古風なものがあったりするのも嬉しい。ペヤング焼きそば350円など、ジャンク系も!

肩の凝らない空間でちびちび一杯

▼ホッピーセット黒@400円
img_8718

まずは、一番お得そうなホッピーからスタート。

ジョッキが凍っていて三冷タイプかつ、焼酎も気持ち多めのようで嬉しいね。

焼酎は尖っているよりは丸みのある感じ。冷たくて美味しい!

▼うの花@200円
img_8730

こういった古風なものを見つけると、ついつい頼みたくなってしまう。

しっかりした濃いめの味付けだから、ちびちびつまんでゴクゴク飲める。

タモリ倶楽部で紹介されたハムカツ

img_8755

こちらは過去にタモリ倶楽部でハムカツが紹介されたお店でもある。という訳で、もちろん注文。

▼ハムカツ@150円
img_8751

ハムカツは1枚150円で2切れ。キャベツが添えられている。

img_8749

ペラペラというよりは、気持ち厚めで噛み応えのあるタイプのハム。

サックサクで油っこさもあまり感じないし、普通に美味しい。

▼焼酎中おかわり@200円
img_8760

中おかわりを注文すると別コップで出してくれる。

全体的に中3杯くらい飲めそうな量ではあったけど、次が控えていたのでここでは2杯まで。

▼まぐろ角煮@300円
img_8767

アテがなくなっちゃったなぁということで、最後に注文したのは、おなじみさんが注文していて美味しそうだった、まぐろ角煮。

たっぷり量で肉厚!しっかり濃い目の味付けで、後味にはしょうががふわっと香って、美味しい。これもちびちびつまんで、ゴクゴク系だ。

お会計

925円(1人あたり)
※お酒2杯ずつ、アテ3品シェア
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

肩が凝らない空間で、安ウマなアテで一杯飲めて満足です。

この界隈で庶民に嬉しい、貴重なお店ですね。

そういえば、お手洗いは男性と女性が別でした。女性用は洋式で綺麗でしたよ。

またこの界隈に来たら立ち寄りたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★☆☆

※2016~2017の年末年始休業日:12月31日(土)~1月3日(火)

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク