東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

秋葉原「やきとん元気」お酒がすすみすぎる皿なんこつ200円に舌鼓!広々活気のある元気なやきとん屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

広々とした「やきとん元気」

「やきとん元気」は、浅草橋で有名な「西口やきとん」の息子さんが営まれているという、やきとん屋。かなり広々としていて、活気のあるお店。

IMG_3274

以前に「西口やきとん」で働かれていた、亀戸「ヤッホー」の店長さんに、先日こちらのお話を伺い…秋葉原に来たということで、ふらりと立ち寄ってみることに。

場所は秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分程度。小道を入りオフィスなどの一角にある。

IMG_3276

お店はビニールカーテンで覆われ、なんだか味わい深い雰囲気。入口と書かれたカーテンをめくり店内に入ると…「いらっしゃい!」と店員さんより元気な掛け声。

IMG_3283

広々としていて味のある店内には、長いテーブル席がいくつか並び、厨房の横には2~3席程度のカウンター席。7~80名ほどは入れそうな広さであろうか。

IMG_3281

訪れたのは開店すぐということで、お客さんたちは少なかったものの、店員さんたちが元気で活気のある雰囲気

この日の客層はサラリーマン男性や女性グループなどが見られ、お一人さまからグループまで利用シーンはさまざま。個人的には一人というよりは、グループがしっくりくるようなそんな印象

さて、何にしようかな

価格表記は税抜き会計時に消費税。座れるけれど、お通しや席料はかからない模様。

IMG_3285

メニュー写真をバシバシとったはずが…まさかのデータ失念。メモ書きを下記でご紹介。

お酒は、瓶ビール大瓶(アサヒ)500円、酎ハイ&サワー類はジョッキのサイズで価格が異なり、小300円(300mL)/大500円(500mL)/メガ1000円(1000mL)、その他日本酒250円~などが並ぶ。

やきとんは1種1本より注文可能で、通常のものは1本100円~、かごしま産の黒豚シリーズは1本200円など。

その他、おなじみの「皿なんこつ200円」や「元気玉200円」などの一品ものも充実していた。

皿なんこつとやきとんでホイスがすすむ!

▼ホイス小@300円
IMG_3279

酎ハイやホッピーがメニューに見当たらず…一杯目に選んだのはホイスハイ!ほんのり酸味があり、後味はサッパリで旨い。

お酒がすすみすぎる皿なんこつ!

▼皿なんこつ@200円
IMG_3303

まずは、皿なんこつをつついてやきとんを待つ。熱々で甘辛い匂いがふわっと香り、食欲をさそう。

やわらかなお肉たっぷりで、ややネットリ脂感。甘辛い味わいでお酒がすすむすすむ。コラーゲン入りなのも嬉しいね。

これはおかわりしたくなる美味しさ!

▼ホイス大@500円
IMG_3302

早速、ホイスハイの小が空になったので、2杯目は大サイズでお願いした(最初から大にしておけばよかった)。個人的な所見として、やや大きめな中ジョッキほどの大きさ。

▼炙りカンパチ@200円/上タン@150円
IMG_3294

今回いただいたやきとんの中で、一番気に入ったのは上タン150円。ほどよく脂がのりと弾力、そして噛むと肉汁がしたたり美味しい!

炙りカンパチは、脂がのりやわらかく口の中でほどける。

▼黒豚カシラ・黒豚肩ロース・黒豚もも@各200円
IMG_3300

黒豚シリーズは、カシラ、肩ロース、もものラインナップで注文。

驚いたのがカシラが、ほぼアブラのタイプだったこと。黒豚ももが、ジューシーで肉肉しく美味しかった。

▼黒豚レバー@200円
IMG_3292

レバーはやわらか。タレはサラっとしていてあっさりとしたタイプ。

▼サービスでいただいた鳥かわ
IMG_3304

サービスでいただいた鳥かわは、酢とラー油の香りがして中華のような味わい。これはお酒がすすむすすむ。普通に次回も注文したい。

お会計

1400円足らず(1人あたり)
※お酒2杯ずつ、上記のアテシェア
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税抜き(会計時消費税)
1500べろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

空いている時間帯で、ゆったり気軽に飲むことができました。どれも美味しかったですが、やっぱり「皿なんこつ200円」が絶品で、お酒がすすみました!

一人の方もいらっしゃいましたが、広々としていたりカウンター席が少ないので、個人的には仲間とワイワイ訪れたいお店でした。

また皿なんこつをいただきに立ち寄りたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆

この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
▼飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

▼更新情報を配信中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。