東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

高円寺「ほんずなし」青森の地酒やねぶた漬が楽しめる!気軽に青森に触れられる立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

青森が楽しめる「ほんずなし」

「ほんずなし」は、2017年4月オープンの、青森の老舗食品メーカーである「ヤマモト食品」の子会社が運営している立ち飲み。

青森の地酒や「ねぶた漬」などの青森に関連したつまみが楽しめる、青森のアンテナショップのようなお店。

ちなみに店名の「ほんずなし」を調べると、青森弁で人をばかにするような言葉とでてきました。次回は、由来を聞いてみたいとです。

IMG_2274

場所は高円寺駅から歩くこと5分程。

明るく真新しい店構えなので、女ひとりでも気軽に入りやすい

IMG_2282

早速ドアを開けると、スタッフのお姉さんとともに、ねぶたの顔が迎えてくれる。

IMG_2283

真新しい店内は、カウンターとテーブルがあり、30名程は入れそうな広さ。

フロアでは、女性のスタッフさんたちが、お客さんに話しかけています。スタッフさんたちはフレンドリーな印象で、気軽に話しかけられる雰囲気

この日の客層は、おひとりさま男性をはじめ、女性グループやサラリーマングループなど。一人もしくは二人で訪れている方がほとんどでした。

流れているラジオに耳を傾けたり、パンフレットを広げたり、自由気ままに一杯。和気あいあいというよりは、各々が愉しめる空間

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込み後払い

IMG_2278
(クリックで拡大)

お酒は、陸奥男山や陸奥八仙など青森の地酒がずらりと並ぶ。量は半合280円~、一合強560円~の2種。半合サイズは飲み比べができてイイですね!

IMG_2277
(クリックで拡大)

アテは、280円~400円程度の価格帯で、「ねぶた漬」や「ねぶた松前漬」など運営されているヤマモト食品の商品がずらりと並ぶ。

また、青森産のホタテを使用した「ホタテフライ」や、りんごde食卓シリーズが楽しめる「野菜スティック」なども。

IMG_2298

ヤマモト食品の商品の数々。どれもお酒との相性が良さそう。

青森の地酒とアテを楽しむ!

▼陸奥男山CLASSIC@半合280円
IMG_2287

一杯目は、ねぶた漬けを注文することを考えて、青森の地酒をチョイス。青森の八戸市で古くから愛されている地元銘柄だそう。

IMG_2285

スタッフのお姉さんが、たっぷりこぼしてくれる。

IMG_2294

どっしりとしつつお米の味、そして後味は全然しつこくない。思ったより口に合いスイスイと飲めるし、アテをあまり邪魔しない感じなのもイイ!

ロングセラーのねぶた漬け

▼ねぶた漬け@280円
IMG_2292

まずは看板メニューである「ねぶた漬」から。

「ねぶた漬」は、数の子やするめ、大根や胡瓜など、海の幸と山の幸がコラボした醤油漬。

販売から半世紀のロングセラー商品だそうで、青森に行ったことのない筆者でももちろん存じている。

存在感のある数の子、シャキシャキとした大根や胡瓜、そしてネバ~っとネバネバ感がありしっかり味。ああ、一杯目を日本酒にして大正解!どんどんお酒がすすんでいく。

▼緑茶ハイ@380円
IMG_2300

2杯目はサッパリタイプの緑茶ハイ。焼酎は濃くもなく薄くもなく丁度良い塩梅。

りんごマヨ&りんご南蛮味噌に釘付け!

店内を見回していると、まるでジャムのような小瓶を発見。「りんごde食卓」というシリーズのようで、小瓶にはそれぞれ「りんごマヨ」、「りんご南蛮味噌」との表記。

りんごマヨって、マヨネーズにりんごが入ってるってこと!?これは気になる…

IMG_2301

早速「これが食べられるメニューはありますか?」と尋ねると、「野菜スティック」とのご回答。

▼野菜スティック@380円
IMG_2304

ということで、野菜スティックを注文。もちろん、先ほどの「りんごマヨ」と「りんご南蛮味噌」が添えられている。

「りんごマヨ」は、たっぷりとりんごの果肉入り。酸味とコク、ほんのり甘いフルーティーさがあり、ピリっとアクセントで黒こしょう。これは好きな味!美味しい~。これ、から揚げなど、揚げ物につけていただきたい!

「りんご南蛮味噌」は、すりおろしたりんご入り。思いのほかパンチのあるピリ辛具合、そしてふわっとりんごの甘さ。キュウリとの相性が抜群。

IMG_2307

りんごマヨにはりんごの果肉入り!例えるなら朝食りんごヨーグルトのマヨバージョンのような感じ。

お会計

1220円ほど(1人)
※お酒2杯、アテ2品
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

IMG_2466

まとめ

気軽に青森の食文化が楽しめて満足です!青森旅行に行きたくなりました。

一人でも少数グループでも使い勝手の良いお店だと思います。キレイだったり、女性店員さんがいらっしゃったりもするので、女性でも立ち寄りやすいのではないでしょうか。

そういえば、ねぶた漬などの商品をこちらで購入できるのかどうが伺うと、現在はまだされていないとのことでした。この先、青森土産の店頭販売も検討中とのことです。

ちなみに、ねぶた漬とりんごマヨを通販で購入してしまおうかな…と目論んでいます(笑)。

また立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

「ほんずなし」の基本情報

最寄り駅:高円寺駅
住所:東京都杉並区高円寺北2-17-4
営業時間:月~土曜日15時~23時(LOフード22時/ドリンク22時半)
日・祝 15時~22時(LOフード21時/ドリンク21時半)
定休日:不定休

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク