東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

阿佐ヶ谷「酒ノみつや 裏の部屋」公園を眺めながら気持ちの良い一杯!昼飲みできる気軽な角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

中央・総武線にある阿佐ヶ谷駅は、新宿駅から10分ほどで到着できる駅。駅周辺にはいくつかの飲み屋街があり、降り立つたびにワクワクします。もちろん、立ち飲みなどせんべろできる酒場もいくつか見受けられます。

この日はそんな飲み屋街ではなく、久しぶりに巨大なアーケード商店街である「阿佐谷パールセンター」へ。「阿佐谷パールセンター」といえば…で思い浮かぶのは、やっぱりあの角打ち。という訳で2年近くぶりに足を伸ばすことに。

裏の部屋で角打ち「酒ノみつや(三矢酒店)」

「酒ノみつや(三矢酒店)」は、大正13年から続く、ワインやビール、地酒など豊富な品揃えが自慢の老舗酒屋。

店奥の「裏の部屋」では、売られているお酒でちょっと一杯飲むことができる、いわゆる角打ちができるお店です。

IMG_2189

場所は阿佐ヶ谷駅から、長く伸びる「阿佐谷パールセンター商店街」を筆者の短い足で歩くこと10分少々。ちょっと歩きますが、アーケードがあるので雨の日でも安心。

IMG_2188

店先には「角打ち処 裏の部屋」と書かれた看板。「ちょっと見てって!」というコメントが背中を押してくれる。

IMG_2193

店内は、日本酒やワインなどたくさんのお酒で溢れています。

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込みキャッシュオン

IMG_2197

まずは「ここで飲みたいです」との旨を伝え、入口のカウンターでお酒やアテを購入します。

IMG_2190
(クリックで拡大)

カウンターで注文できるお酒は、サッポロラガー中瓶350円、日本酒250円~、ワイン350円、紹興酒350円など。基本酎ハイ類は見かけません。

IMG_2231

この日の「本日の生」は、りんごのビール600円と、インディカIPA600円の2種。

少々お高めなクラフトビールが、気軽にいただけるのは嬉しい限り。

IMG_2229
(クリックで拡大)

かぶってるところがありますが、裏の部屋に貼られていたメニュー。

IMG_2191

アテは150円~250円程度までの価格帯でちょっとしたものがあります。ちなみに、店内の乾き物やチーズなども購入できた記憶(前回はベビーチーズ50円をアテに…)。

寿司職人の江戸前寿司が楽しめる!

ちなみに裏の部屋では寿司職人による江戸前寿司(早川寿司)を不定期で楽しむことができます。

2016年にクラウドファンディングで「角打ちに寿司カウンターを」というプロジェクトを出されており、現在それが実現されている形です。

まさかの角打ちで、握りたてのお寿司で一杯できるってサイコーの取り組み!

IMG_2212
(クリックで拡大)

価格帯は握り一貫200円、つまみ一皿300円程度と出張にしてはリーズナブル!

IMG_2213

早川寿司は18時~されているようで、20時頃になると混雑していることも多いのだとか。

公園を眺めながら気持ちの良い一杯!

さてさて脱線しましたが…ここからは裏の部屋で一杯飲むことにしましょう。

IMG_2219

店内を奥にどんどん進むと、まるで秘密基地のような空間が広がります。なんだか、以前に比べると広々とした印象でテーブルも増えてる!

IMG_2227

タチスペースは、ケースで作られた長テーブルが並び、基本立ち飲みスタイル。

▼サッポロラガー中瓶@350円/漬物@150円
IMG_2201

この日は天気がよく、ポカポカとしていたので、お酒はサッポロラガー中瓶で乾杯。アテはヘルシーに漬物で。しかしこの漬物、ありがたいことにたっぷりと量が多いのなんの!一人だと食べきるのが大変なのでご注意を。

ちなみにカウンターで注文するアテは、店員さんが奥の部屋まで届けてくれます。

IMG_2226 (2)

たっぷりと注いでゴクゴクゴク。プハー!

IMG_2222

扉が全開なので、裏の部屋の目の前は公園と言う抜群のロケーション。目に優しい緑や、公園で遊ぶ子どもを眺めながら一杯。ああ、気持ちがイイ。

途中、通りかかったサラリーマングループが「おっ!いいねぇ~~寄ってく?」「仕事中ですよ(苦笑い)」なんてひとコマ。うんうん、こんな光景を見せられたら、飲みたくなるよなぁ。なんて、ちょっとした優越感を感じたり(笑)。

IMG_2214

そんなこんなで、肌寒くなってきたことだし、中瓶を飲み終えたところでこれにて終了。帰り際には分別の上お片づけをしてテーブルを一拭き

IMG_2230

確認したい注意事項。

お会計

500円(1人)

※赤星中瓶、漬物
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

僅かワンコインで、昼下がりから気持ちのイイ一杯が楽しめて満足です。

今回、ほとんど貸切状態で、ゆったり・のんびりと飲むことができました。暖かくなるこれからの季節、扉全開での昼飲みはサイコーでしょうね。

小さな空間なので、訪問は1~2名がおすすめです。比較的、数ある角打ちの中でも入店ハードルが低く、入りやすいお店だと思います。

今度は早川寿司の開催日に訪れて、日本酒とお寿司を楽しみたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

「酒ノみつや 裏の部屋」の基本情報

公式ツイッター

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク