東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

赤羽「いこい 本店」焼酎ハイボール190円・アテ110円~!昼飲みできる人気の激安立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

北の玄関口である赤羽は、せんべろの聖地と呼ばれ、吞んべえから愛される街。

筆者の行動エリアからわりと近い赤羽ですが、訪れる回数はあまり多くない。理由は単純で、ついつい板橋でばかり下車してしまうからです。そんな赤羽へ訪れるタイミングは、無性に飲みたくなる天気の良い休日の昼間や昼下がり。

今回足が向かった先は、2~3年ぶりの訪問となる「いこい 本店」。

大人気立ち飲み「いこい 本店」

「いこい」は、メディアなどでおなじみの大人気立ち飲み。お酒は190円~・アテは110円~と、激安価格により駄菓子屋感覚で楽しめてしまうお店。

ちなみに、晩杯屋のオーナーがこちらで修行をされていたというのは有名な話。

IMG_2483

場所は赤羽駅から歩くこと3分程。

外から見通しの良いこちらは、活気がありいつも大先輩のおやじさんたちで盛況。故に初訪問でひとりの場合、少々ハードルが高いかもしれません

_IMG_2513

店内は、中央にどっしりとコの字のカウンター、脇にはテーブルが囲んでいる。一人の場合はカウンター、グループの場合はテーブルといった具合。

訪れたのは平日の昼下がり。まだ辺りは明るいけれど、ご隠居さんをはじめサラリーマングループなどで、ほぼスペースが埋まりはじめている。

IMG_2497
(タバコの吸殻は床が灰皿代わり)

お店全体が活気に包まれ、「ハイ、煮込みー!」と、カウンター内の店員さんたちは声を張り、テキパキと出来上がった商品を渡しています。

ちなみに、カウンターやテーブルの前に立ったら、すぐにお酒を注文します。迷ってる暇なんてありませんので、予め決めた上で入店しておきたい。

IMG_2514

カウンター周りは、ほんの少し背筋の伸びる緊張感が漂う。馴染みであろうお客さんたちは、ほろ酔いつつも規律正しく、飲み終えたらサッと店を後にしています。

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込み

カウンターの場合にはキャッシュオン、テーブルの場合には後払いと立つ場所で変動

注文は、ハッキリと店員さんに伝えよう。

IMG_2500

お酒は、焼酎ハイボール190円が最安値。生ビール(サッポロ)中360円、赤星大瓶410円、日本酒200円、サワー類230円~、黒ホッピーセット340円(中180円)、シャーベットハイボール260円など。

アテは110円~価格帯で多数並んでおり、どれも一人前程度の量。また、ホワイトボードには日替りのメニューも。

メニューを眺めていると、思わず笑みがこぼれる激安プライス

IMG_2513

串焼きは2本180円~。

駄菓子屋感覚でサクっと一杯

▼ゴールデンハイボール@230円
IMG_2486

ちょっと奮発(笑)をして、1~2杯とも焼酎ハイボールより40円高い、ゴールデンハイボール(ゴールデンチューハイ)からスタート!ん~焼酎濃い目で嬉しい限り。

▼もつ煮込み@110円
IMG_2492

まずは、スピードメニューの煮込みから!出汁とコクでしっかり味、そしてもつはやわらか~。チューハイがすすむすすむ。

▼まぐろ山かけ@180円
IMG_2488

新鮮なまぐろとネバ~っとしたとろろ。

IMG_2496

美味しい!わさびがちゃんと添えられているのも嬉しい。

▼鳥皮@2本180円
IMG_2506

ラストは鳥皮。最近、焼き鳥まみれの生活を送っているのに、こちらでもまた焼き鳥。1本90円にしては大きめのサイズで、思わずニヤけてしまう。

IMG_2509

串から外して七味をたっぷり!そして、タレと七味を思う存分ローリングしてパクっと。邪道とも言われかねない食べ方ですが、こんな食べ方が好き。

味は言わずもがな、表面はパリっと香ばしく、噛むとやわらか~。タレは甘めでサラっとタイプ。濃い目のチューハイがグビグビとすすんでいく。

お会計

750円足らず(1人あたり)
※お酒2杯ずつ、アテ3品シェア
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

久しぶりに、サクっと駄菓子屋感覚の安ウマアテで一杯できて満足です。

こちらはお酒が濃い目なのも嬉しいですよね。

190円の焼酎ハイボールであれば、3杯飲んでもまだ400円以上のお釣りがきてしまいます。どうですかこの激安っぷり!

一人でもグループでも利用できるお店だと思います。一人だと最初はややハードルが高い感じですが、そんな緊張感のある空間も愉しんだもの勝ちなのかもしれません。

もう少し暖かくなったら、久しぶりにシャーベットハイボールで一杯やりたいです。ごちそうさまでした。

ちなみに、付近にある系列の「いこい 支店」は、朝7時から営業されているので、そちらでは朝飲みすることも可能です。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆

「いこい 本店」の基本情報

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク