東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

福島-会津若松「皆川食肉店」たっぷり美味しいホルモン焼き400円で一杯!味わい深く温かい肉屋の鉄板焼き酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

都内から車(東北自動車道経由)に乗り、4時間ほどで到着できる福島県の会津若松市。実は父方の故郷なので、幼少期より両親と何度か訪れています。

会津若松は、城下町として歴史情緒溢れる街並みが広がり、そして「末廣酒造」や「宮泉銘醸」などいくつかの蔵元が存在していたりと、東北の酒処としてもおなじみの街。

そんな会津若松でも、せんべろがしてみたい!と思い立ち訪れたのは、父が子どもの頃から存在していたという、飲食店が併設された肉屋です。

肉屋の裏の酒場「皆川食肉店」

「皆川食肉店」はこの地で創業から50年以上続く、老舗の食肉店。

肉屋の裏手に回ると、コの字カウンターの飲食スペースが併設されており、昼は担々麺・夜は鉄板焼き酒場に変化する、なんとも魅惑的なお店です。

創業当時は肉屋と焼肉屋が別々に並んでいたそうですが、約44年ほど前に改装し、現在のスタイルになったとのお話を伺いました。

ちなみに昼は、息子さんが担々麺屋で修行をされていたことから、担々麺屋をやられています。

IMG_3226
(外観は普通のお肉屋さんだが…)

皆川食肉店へのアクセス方法はいろいろあります。

【電車&徒歩】
西若松駅より徒歩15分程
会津若松駅より徒歩30分強

【バス&徒歩】
一の丁白山軒前より徒歩3分程度
詳しくはこちら

【車・タクシー】
10分ほど(タクシーで1000円程)

IMG_3214

到着すると、店先にはまさかの「売り切れました」との表記。ビクビクしながら裏手に回ると…しっかり暖簾がかかっていてホッ(昼の担々麺が終了だったようです)。

IMG_3228
(裏手に回ると酒場への入口)

ピッチリと閉まった扉に若干の入り辛さはありますが、行っちゃいましょう。

IMG_3257

ガラガラと引き戸を開けると、10席ほどの年季の入ったコの字カウンターが広がり、なんとも味わい深い雰囲気に感激

IMG_3233

カウンターに目を向けると、少しカーブがかった正方形の鉄板がいくつか。このような鉄板を見るのは初めてで、胸が高鳴る。

IMG_3232

こちらは、大女将さん、女将さん、息子さんとご家族で営まれており、温かくアットホームな空間

父は昔こちらの近所に住んでいたので、85歳だという元気な大女将さんとこの辺りの話で盛り上がっていました。

そして、次第にご近所の常連さんたちが訪れ、和気あいあいと温かな時間。

ちなみにこの日のお客さんは、地元の常連さんがほとんどでしたが、中には筆者の様に遠方からのお客さんも見られました。

IMG_3302
(クリックで拡大)

壁にはたくさんのサイン。中には中田英寿さんや大林素子さんのサインも!

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込み。座れるけれど、お通しや席料はかかりません


(クリックで拡大)

お酒は、生ビール・瓶ビール550円、チューハイ類400円、ホッピー400円(仕上がりタイプ)、バッタ割り(青汁)500円、お酒(名倉山)350円、ワイン400円、一刻者450円など。

鉄板焼きはほとんどが400円の価格帯で、ホルモン焼きが多く並ぶ。

白・黒・赤について尋ねてみると、白⇒豚ホルモン、黒⇒レバー、赤⇒ハツとのご回答。黒だけ思いつかなかったので、なるほどと納得。

ちなみに鉄板焼きで、よく頼まれるのは白400円だそう。この日は生憎売り切れで残念。

IMG_3260

すぐつまめそうな冷奴250円やチーズのりハム250円、こぶくろ刺し400円なども。

ホルモン焼きとホッピーで酔い気分

▼ホッピー@400円
IMG_3238

1杯目はホッピーから!こちらのホッピーは白のみで、最初から混ざった仕上がりタイプ。スッキリサッパリ美味しいけれど、アルコールはやや薄め。

ライブ感が堪らない!ホルモン焼き

▼カシラ@400円
IMG_3239

鉄板焼きはまずカシラを注文!野菜もお肉もモリモリで登場。

IMG_3242

鉄板焼きは、店員さんに手伝ってもらいながら、自分で焼いていくスタイル。

まずは、ラードを溶かしながらひいて。

IMG_3244

最初にお肉を炒める。

IMG_3251

炒め終わったらお肉に野菜を乗せて、店員さんにタレをかけてもらってしばし待つ。このタレをたらした瞬間、こうばしい香りが立ち上がり…

ああ、早く食べたい。

IMG_3264

野菜がしんなりしてきたら混ぜてできあがり。

ちなみに辛いものがOKな方は、にんにく辛子味噌を入れて仕上げてくれます。

IMG_3262

もうね、ビジュアルからして美味しい!そして、目の前で作る過程のライブ感が堪らないのですよ。

IMG_3266

鉄板から直接つまんで早速一口!

お肉はやわらかくてジューシー、野菜はシャキシャキ。そこに、醤油タレが絡み、ああ美味しい。箸もホッピーもこりゃすすむ。

▼ジンギスカン@500円
IMG_3271

こちらは、ジンギスカン!にんにく辛子味噌を混ぜてもらったので、思いのほか結構なピリ辛具合。お肉に脂がのっているので、ふわっと香るにんにくとピリ辛感がバッチリ◎。

▼バッタ割り@500円
IMG_3273

あっという間に1杯目が無くなったので、2杯目はバッタ割り。

何だろうとわくわくしながら飲んでみると、青汁割りだ!ほんのり甘くて飲みやすい。

自慢の玉子やきは必食

▼玉子やき@400円
IMG_3276

大女将さん自慢の玉子やきは、女将さんがテキパキと目の前で作ってくれます。

IMG_3279

女将さんの華麗なヘラ裁きで、あっという間に玉子焼きが完成!と思いきや…

IMG_3281

ヘラでカット。

IMG_3284

さらに、まさかのソースとマヨを投入。

細かく刻まれたピーマンやにんじん、ハム、そして、半熟で甘めの玉子が絡み合い、ふわっと美味しい。こちらにソースとマヨネーズとは!まるでお好み焼きのような味わいで、お酒ともよくあう。

大女将さんが作ってくれた黒

▼黒(レバー)@400円
IMG_3291

最後は黒で〆。大女将さんがテキパキと作ってくださいました。

IMG_3297

レバーは、新鮮でほどよくやわらかいので歯切れがよく美味しい!臭みもなくパクパクといけました。

お会計

1500円足らず(1人あたり)
※お酒2~3杯ずつ、鉄板焼き4品シェア
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込
1500べろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

帰りはお店の方がタクシーを呼んでくれました。

温かくアットホームな雰囲気の中、美味しいホルモン焼きで一杯できて大満足です。ボリュームがあったので結構お腹にたまりました。

小さなお店なので、一人か少数グループでの訪問がおすすめです。

ちなみに担々麺は、昼に連絡をすれば夜にも頂けるそうです。

少々アクセスはし辛いですが、大衆酒場×ホルモン好きな方にぜひともおすすめしたい酒場です。

今度は日本酒(名倉山)でちびちびと鉄板焼きをいただきたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

タバコ:確か夜は喫煙

タクシーは、会津若松駅付近にある、あいづタクシーが便利。

「皆川食肉店」の基本情報

IMG_3272

定休日に注意!

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク