東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

大塚「らくや食堂」金宮酎ハイ300円とまぐろ400円で一杯!魚が旨いアットホームな立ち飲みがニューオープン

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 355

魚が旨い立ち飲み「らくや食堂」

再訪記録:カマ煮でちょっと一杯(2017年5月)

「らくや食堂」は、2017年5月12日にオープンしたばかりの立ち飲み。

料理一筋の大将が腕をふるう、魚介や一品料理が楽しめるアットホームな雰囲気のお店です。

IMG_5843

場所は大塚駅南口から徒歩2~3分程。以前は蕎麦屋だった場所です。

中の様子が伺えたり、女性店員さんがいらっしゃったりするので、女一人でも気軽に入りやすいです。

IMG_5870

扉を開けると、「どうぞー」とカウンター越しに大将と中国人のお姉さんが迎えてくれました。

店内は真新しくアットホームな空間。

こちらは1階が立ち飲み、2階は座りで利用できるつくり(1階は8名入れないほどの広さで、2階の座席はおそらく6名ほど)。

IMG_5878
(雨の日ハイボールチャレンジ用のあみだ)

訪れたタイミングは、たまたまお客さんがおらず貸切状態。料理一筋、そしてお酒好きな大将とお酒やお店の話をしたりと、愉しい時間。

IMG_5884
(2階は座って飲むことができる)

2階はテーブル席があります(確か6席程度)。

IMG_5888
(階段が急で酔いが冷める)

お手洗いは2階。

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込み後払い。お通しが出てきますが、無料サービスみたいです。

IMG_5857
(クリックで拡大)

お酒は、亀甲宮焼酎300円(金宮25度:水割り、ソーダ割り、お茶割り)が最安値。生ビール(プレモル)400円、焼酎芋・麦400円、角ハイ400円、日本酒一合400円など。

アテは200円~400円程度の価格帯で、ちょっとしたものから、揚げ物や炒め物など。

IMG_5883

生ビールはプレミアムモルツ!

IMG_5871

熱燗はヤカンスタイルで出してくださるそうです。

IMG_5859
(クリックで拡大)

本日のメニューはお刺身など充実。ちなみに日本酒は随時変わるそうです。

IMG_5891
(クリックで拡大)

雨の日に一杯飲むと、あみだのハイボールチャレンジができるそうです(当たるとハイボールが一杯無料)。

2017年6月は「とりあえずセット」なるものも。

美味しいアテと会話でお酒がすすむ!

▼亀甲宮焼酎ソーダ割り@300円
IMG_5849

まずは亀甲宮焼酎ソーダ割り=キンミヤ酎ハイからスタート。レモン入りでプレーンなタイプ。シュワッと丸みあり飲みやすい。

▼お通し@無料サービス
IMG_5845

登場したお通しはもやしの和え物。無料サービスでした!

▼まぐろぶつ@400円
IMG_5853

まぐろぶつは、やわらかで歯切れがよく、脂感もほどよくあり美味しい!

「美味しいですね~」と伝えると、「今日のまぐろは、本まぐろだよ。」と大将。この日はたまたま本まぐろを仕入れたそうで、ラッキーでした♪

▼じゃがバター@無料サービス
IMG_5856

続いて、たまたま運よく「女性にサービス」ということで、熱々のじゃがバターを出してくださいました。

通常350円のじゃがバターは、大将イチオシのメニューだそうです。

こちらのじゃがバターは少々変わっていて、千切りというか麺のような形状のじゃがいもをバターで炒めた逸品。

鰹節とバターの香ばしさ、ピリっと黒胡椒のアクセント、そしてシャキシャキ感でお酒がすすむすすむ。

▼まぐろの皮@無料サービス
IMG_5877

さらにサービスでいただいてしまったのは、まぐろの皮。このまぐろの皮は、皮ぽん酢250円というメニューで注文できるようです。

通常ぽん酢ベースのようですが、いただいたのは胡麻ダレベースでした。脂が乗り噛みしめるほどに美味しい。日本酒と相性がよさそうな逸品でした。

お会計

1600円(1人)
※お酒4杯、アテ1品、お通し
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

いただいたアテが美味しかったり、大将との会話が愉しくてついつい飲みすぎてしまいました。

大塚は近年好きだった立ち飲みが閉店してしまったりと、最近足が遠のいていましたが…この様なアットホームなお店が出来て嬉しいです。

駅からアクセスもしやすいですし、気軽に立ち寄れるお店だと思います。タイミングによっては常連さんも多かったりするのですが、女性店員さんもいらっしゃいますし女性も立ち寄りやすいお店なのではないでしょうか。

ちなみに、当初から昼の営業も検討中とのことですが、今のところスタートは未定のようです。

また伺いたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

再訪記録:2017年5月

初訪問から1週間後にまたふらりと立ち寄りました。

カマ煮でちょっと一杯!

▼亀甲宮焼酎ソーダ割り@300円
IMG_6243

亀甲宮焼酎=キンミヤのソーダ割りからスタート!

▼まぐろカマ煮@350円
IMG_6247

おすすめホワイトボードにあったまぐろカマ煮は、思いのほかジャンボサイズでお得感あり!身がギッシリつまっていて食べ応えがあるなぁ。

味付けは濃かったり薄かったりということもなく、ちょうどよい塩梅。

▼じゃがいもソーメン?@無料サービス
IMG_6251

サービスで試作のじゃがいもソーメン(?)をいただきました。薄口でサッパリとしたお出汁、細切りのじゃがいもはシャキシャキ噛みしめるとじゃがいもの香り。ちなみに上に乗せる具は検討中とのこと。

大将は面白いメニューを考えるなぁ。ワクワクします。

そんな感じで、キンミヤソーダ割り2杯とカマ煮で会計は900円。

この日は常連さんが多く賑わっていました!満員に見えても実は奥が空いていたりもするので、思い切って扉を開けてしまいましょう。

「らくや食堂」の基本情報

最寄り駅:大塚駅(南口徒歩2~3分)
住所:東京都豊島区南大塚1-60-20
営業時間:16:00~24:30頃まで
定休日:不定休(2017年5月中は無休)

IMG_5872

2017年6月3日、4日はお休みとのことです。

らくや付近の立ち飲みはこちら↓

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク