東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

亀戸「うまかっぺや」酎ハイ類がオールタイム一杯100円!驚きのコスパ最強そば居酒屋が登場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

JR総武線の亀戸駅は、亀戸ホルモンや亀戸餃子などでも知られる食の名物が多い街。

筆者の知るところで10軒近くの立ち飲み屋が存在し、まさにせんべろタウンと呼べるエリア。亀戸では近年、せんべろできるような価格帯の立ち飲みや、昼飲みできる酒場が増加傾向にあります。

そんな亀戸で今回訪れたのは、またまたオープンしたばかりのこちらのお店。

前代未聞のそば居酒屋「うまかっぺや」

「うまかっぺや 亀戸店」は2017年4月創業の、「カレーラーメン」と「世界にひとつだけの蕎麦」が自慢の居酒屋。

こちらのお店でまず特筆しておきたいのが、酎ハイ類がオールタイム一杯100円という点と、ゆったり座れるのにもかかわらずお通しが無料サービスという点です。

ちなみに平井にある「魚大将うまかっぺや」の暖簾分けのお店だそうで、ラーメンや蕎麦はこちらでしか扱っていないそうです。

IMG_6949

場所は亀戸駅北口から徒歩10分足らずの道路沿いにあり、以前にご紹介した「ハッスルラーメンホンマ」のお隣。

IMG_6951

店先には「お飲み物100円」と書かれた大きな看板。メニューもしっかりとあったり、真新しいので、初訪で一人でも入りやすい

IMG_6977

真新しくやわらかい雰囲気の店内は、カウンター席とテーブル席(4名掛け×2、2名掛け)があり、20名ほどが利用できそうな広さ。

「いらっしゃいませー」とカウンター越しに優しく迎えてくれたのは、店主と店員のお兄さん。お二人で切り盛りをされていました。

ちなみに店主は以前、大島の「(前)番外地」の跡地で営業をされていたそうですが、この度亀戸に移ってこられたとのことです。

IMG_7003

訪れたのは平日の18時頃。店員さんとの距離が丁度よかったり、先客がいなかったこともあり、のんびりと居心地が良いなぁ。

IMG_7007

キッチンの先にはテレビも設置。

さて、何にしようかな

価格表記は税抜き会計時に消費税。ゆったり座れる上にお通しがでてきますが、無料サービスとなり席料など云々はかかりません

IMG_6964

前述したように、酎ハイ類は一杯100円!生ビール(モルツ)中ジョッキは290円。酎ハイ類はオールタイムで何杯注文しても100円

IMG_6965
(クリックで拡大)

ハイボール類は270円~。

IMG_6967
(クリックで拡大)

定番の酎ハイ類以外は300円~、焼酎濃い目(+25mL)は50円。

IMG_6969
(クリックで拡大)

酎ハイよりソフトドリンクの方が高いってどういうことですか…(笑)。

IMG_6959
(クリックで拡大)

串焼きは1本100円~あり、1種1本から注文可能で塩タレ選べます。一品ものは大体が3~400円台の価格帯。

IMG_6961
(クリックで拡大)

揚げ物もバラエティ豊か。

IMG_6963
(クリックで拡大)

らっきょやお新香などサッパリ系は250円程度~、チヂミ680円や牛ホルモンみそ焼き380円なども。

IMG_6974
(クリックで拡大)

ご飯ものは、店主自ら打っている蕎麦メニューが並ぶ。また前職場で賄いで好評だったというカレーラーメンなる珍しいものも。

IMG_6975
(クリックで拡大)

丼ものや定食メニューも。

IMG_7001

日替りで、本日のおすすめメニューなるものも。この日はえびメニュー!

激安酎ハイと安ウマなアテに驚き!

100円酎ハイと無料のお通し

酎ハイ類は100円なんで、小ジョッキだろうと勝手に思っていたんですよ。それが、やや小ぶりながらも中ジョッキレベルのサイズで登場!

▼酎ハイ@100円
IMG_6954

じゃあ焼酎がかなり薄いんだろうなぁ。いや、やや薄めながらも焼酎の存在感はある。さらにシュワシュワ強炭酸でプレーンという、筆者がドンピシャで好みのタイプ。

えっ、本当にこの酎ハイが100円で良いの???しかも時間縛りもなくオールタイムで???

そして、一杯100円がいつまでか尋ねると、「店が潰れるまでずっと100円です」とニッコリご回答。

すごい、すごすぎるよ。さらにさらに…

▼お通し@無料サービス
IMG_6957

酎ハイと共に登場したお通しは魚の唐揚げ。

お通しがおいくらなのか尋ねてみると、「お通しは無料サービスなんです」とのご回答。

∑(゜ロ゜ノ)ノこれは夢ですか?

過去の経験から、座り×お酒が100円台など激安なお店の場合、大抵がお通し代で400円前後ということが多いのですよ。それが、お通しが出てきてそれが無料サービスって…前代未聞としか言いようがない

酎ハイ類100円もお通しサービスも、店主のお客さんに還元したいという想いからされているそうで、頭が下がります。

脂の乗った美味しい〆さば

▼〆さば@350円
IMG_6979

アテは、オススメの〆さばから。ほどよい締まり具合、そして脂がしっかりと乗っていてこれは美味しい!酎ハイがグビグビとすすんでいく。

大ぶりで100円のとりレバー

▼とりレバー@100円
IMG_6988

とりレバーは思ったよりジャンボサイズ!塩がちょっと強めながらも、プルっと食感そして臭みもなく美味しい。

ちなみに串焼きは塩かタレか選べます。

また食べたいえび焼き

▼えび焼き(本日のオススメ)@140円
IMG_6991

本日のオススメから選んだのはえび焼き。

IMG_6996

丸ごと食べられるようにしっかりと焼かれ、ガブりとかじると濃厚な味噌、しっかりとした身…これは香ばしくて美味~~~い。酎ハイがどんどんすすんでいく。

レモンハイおすすめです

▼レモンハイ@100円
IMG_6989

3杯目はレモンハイに切り替え、先ほどの強炭酸プレーンの酎ハイにレモンが入ったもの。うわーーー爽やかシュワシュワで美味い!最初からレモンハイにしておけばよかったなぁ。

世界にひとつだけのそば!

帰り際に名刺をお渡しすると、実は当サイトをご存知だった店主のお兄さん。

そして、ご要望によりせんべろシールもお渡しすると「シールのお返しに蕎麦食べてみますか?」との嬉しいご提案。

シールの物々交換で蕎麦をいただいてしまうとは…なんとも、わらしべ長者のよう。

IMG_6999

「世界にひとつだけのそば」と謳っているこちらのお蕎麦は、今までにない米ぬか入りのものだそうで、どんなお味かワクワク。

▼ざるそば@無料サービス
IMG_7009

シールがまさかの蕎麦に変わるとは…

IMG_7013

まずはそのまま食べて、次は粗塩につけて、その次はわさびにつけて、最後はつゆにつけて…様々な食べ方で楽しめるお蕎麦。

IMG_7014

細めで、噛み締めるとほんのかすかに甘味が感じられるような香りの良いお蕎麦。どの食べ方もよかったけれど、個人的には瀬戸の粗塩と出汁が強めなつゆが好み。スルスルっと軽いので、〆にもよさそう。

お会計

960円(1人)
※酎ハイ類3杯、お通し(無料サービス)、〆さば、串焼き2本
※チャージ:座りで席料・チャージ無し
※価格表記:税抜き(会計時消費税)
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

IMG_7068

3杯飲んで、お通し、〆さば、串2本で960円……。信じられない

まとめ

稀に見る激安っぷりに大興奮の一時でした。しかも、激安でもちゃんと美味しい上、店員さんたちとの距離感も丁度良く、居心地も良いのです。

これは間違いなく、前代未聞のせんべろ優良店なのではないでしょうか。

駅からは少し離れていますが、ほんの徒歩10分足らず。カウンター席もテーブル席もあるので、一人でも少数グループでも使い勝手の良いお店だと思います。

キレイだったり、店員さんたちもニコニコとお優しいので、もちろん女性一人でも

ちなみにこちらは深夜3時まで営業されているので、21時以降から混雑することが多いそうです。18時~21時までが比較的空いていているとのことなので、その時間帯が狙い目なのではないでしょうか。

激安っぷりに心配になるレベルなので、皆さんたくさん通いましょう♪

素敵なお店なので、この先大人気店になりそうですね。メディアでも取り上げられそうな予感。

今度はカレーラーメンをいただきに、近いうち立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★★☆
おひとり様女性の居心地★★★★★
タバコ:喫煙

うまかっぺや 亀戸店の基本情報

住所:東京都江東区亀戸4-35-16シャローム亀戸1F
営業時間:18時~27時
※土日祝関係なく営業時間は上記に変更になったそうです(2017年6月現在)
定休日:月曜日(※月曜が祝日の場合は火曜)

うまかっぺや 亀戸店付近の酒場↓

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人・せんべろライターで、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク