東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

北九州市-折尾「高橋酒店」温かさと風情に魅了される!大正時代から続く老舗角打ちにどっぷり浸かる

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

福岡県の博多駅から新幹線に乗り20分足らずで到着できる小倉駅。そう、もうここは角打ちの発祥地とも言われている憧れの北九州市。

北九州市は角打ちをはじめとした酒場の宝庫であったり、人々が温かかったりと、忽ち魅了されてしまう魅惑的な都市。

IMG_7534
(折尾駅付近にある堀川の様子)

今回は北九州市の小倉駅から鹿児島本線の快速に揺られ、20分ほどで到着できる折尾駅へ。

折尾駅付近に流れる堀川の川沿いには、角打ち、立ち飲み、スナックなどがひしめき合い、風情のある飲み屋街が広がっています。

そんな折尾で訪れたのは、長らく憧れだった言わずと知れたこちらの角打ち。

大正時代創業の角打ち「高橋酒店」

「高橋酒店」は創業は大正時代、間もなく創業100年を迎える、角打ちのできる老舗酒屋。

メディアなどでも度々紹介されている銘店、そして現在は4代目の方が切り盛りをされています。

IMG_7595

場所は折尾駅東口から堀川の川沿いに歩くこと7~8分程度。川沿いは味のある飲み屋がひしめき合い、歩くだけでもワクワクと胸が高鳴る。

IMG_7596

到着するなり風情のある佇まいに圧倒。

まじまじと眺めていると…「大丈夫だから入り~!」と常連のお父さんたち。

東京の角打ちで、常連さんからこんな言葉を掛けられたことが今まであっただろうか。初っ端からじわじわと温かさが伝わってくる。

IMG_7575

お父さんたちに背中を押されすんなりと入店。

年季が入った店内には、L字に置かれたカウンターがあり、店内・外と合わせると20名ほど利用できそうな広さ。

常連であろうご年配のお父さんたちが気持ちよさそうに陽気に飲んでいます。

IMG_7588

カウンターに立つ店主のお兄さんに「焼酎が飲みたいのですけれど…」と伝えると、システムを説明してくださいました。

さて、何にしようかな

価格表記は税込みで支払いはキャッシュオンでも後払いでもとのことでした。

IMG_7586
(クリックで拡大)

お酒のラインナップはこのような形。価格帯は缶チューハイ165円~、缶ビール200円~、ビール大瓶370円など。

IMG_7587

日本酒、焼酎類などもあります(注文するとグラスについでくれます)。

IMG_7579
(クリックで拡大)

焼酎の場合には、氷や水をセルフで無料利用することができます。

IMG_7578

アテは乾き物や缶詰から…

IMG_7564

焼き鳥や天ぷら、焼き魚などのお惣菜類まで。大体数十円~200円程度の価格帯です。

温かく愉しく美味しい一杯

▼白波・かわはぎ@320円
IMG_7545

まずは芋焼酎の白波とかわはぎをもらう。焼酎はたっぷり一合、一升瓶からついでくれます。

また、かわはぎは紙皿に乗せてだしてくれました。角打ちなので、お皿の代わりに紙皿なのだそうです。

こんな風情がまたお酒を美味しくしてくれますね。

IMG_7584

別でコップをだしてくださるので、後ろにある冷凍庫から氷をセルフで入れて飲むことができます。ちなみに冷蔵庫にはお水もありました。

IMG_7547

早速、カランと氷をまわして芋焼酎をなめる。ふうー、落ち着くなぁ。風がそよそよと入ってくるので気持ちがイイ。

IMG_7591
(高倉健さんの母校が望める)

途中、店主のお兄さんや奥さま、福岡市内から自転車で訪れたというパワフルなお父さんと会話をしたりして…丁度良い距離感でとても愉しい時間

「子どもの頃は、酔っ払ったお客さんがよく堀川に落ちていた」なんてお話や、「あそこの学校は高倉健さんの母校で…」なんてお話など、この辺りのお話を伺えたり。

IMG_7572
(レンガ床には所々くぼみが)

創業当時から唯一変わらないというレンガ床は、多くの人が立っていたという場所ほどくぼみができていました。

また、お姉さんがiPadでこの辺り観光情報や、おすすめのお店をご親切に教えてくださったり。

いいなぁ北九州市。温かいなぁ。

会話をアテにお酒がすすむ。次は何を飲もうかな。

IMG_7551

「福岡と言えばお酒(日本酒)だよ」なんて言葉に背中を押され、2杯目はおすすめの「国の寿 上撰」の冷酒をいただいた。

▼国の寿上撰@270円
IMG_7552

これまた並々とたっぷり。

口当たりがよく、甘みがあり飲みやすいのでスイスイといけてしまう。

▼焼き鳥もも@ごちそうになってしまいました
IMG_7560

仲良くなった自転車のお父さんが焼き鳥をごちそうしてくれました。さらに、福岡やお酒について色々と教えてくださったりで…ありがとうございます。

焼き鳥は温めてからパラっとのりのふりかけをかけてくれました。しっかり味で海苔の香りが堪りませんね。

IMG_7549

母親が好きなジュリーのポスターを発見。早速写真を撮らせてもらって、LINEで送りました。

IMG_7581

時間が止まった古時計。このまま時が止まればいいのに。まだ東京に帰りたくない…。

お会計

590円(1人)
※お酒2杯、アテ2品
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

温かく風情のある空間の中、愉しいお酒が飲めて大満足です。

そしてお酒二合も飲んで、アテをつまんで、会話も愉しんで使用金額は590円って…凄すぎます。

行ってよかった、そう思える素敵な酒場でした。いつまでも続いて欲しいです。

北九州市を訪れたらまた絶対に立ち寄りたいです。もちろん1~2名で。ごちそうさまでした。

そしてこの後、自転車のお父さんに同行させてもらい、付近の角打ちへ向かったのでした(笑)。

満足度★★★★★
おひとり様女性の入りやすさ★☆☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆

タバコ:外に灰皿があります

「高橋酒店」の基本情報

「高橋酒店」周辺の様子

IMG_7537

堀川沿いには沢山の飲み屋が並んでいます。

IMG_7539

価格帯を見るとどこも安い!

IMG_7538

生ビール一杯100円!?

IMG_7540

立ち飲みも見つけました。

IMG_7541

上記立ち飲みのメニュー表記。酎ハイ250円、おでん50円~とリーズナブルです。

おすすめの資さんうどんへ

脱線しますが、こちらで教えていただいた「資さんうどん」へ立ち寄りましたのでご紹介。お姉さん、ごぼ天うどん美味しかったです♪ありがとうございました。

訪れたのは小倉駅から徒歩圏内の「資さんうどん 魚町店」です。

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク