東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

大阪-新世界「最強の朝・昼飲みパラダイス!」また訪れたい酒場まとめ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1

とある理由で、弾丸で大阪に降りたった某日。短い時間ではあったが2日間に渡り、朝〜昼酒のメッカである新世界の酒場をめいっぱい堪能した。今回、再訪したいと筆者が感じた酒場をご紹介したい。

「酒処 みふね(立ち飲み)」

こちらは創業70年ほどの、酒屋併設の立ち飲み。

ふらふらと朝酒できる店を探していたところに、風情が感じられる酒場を発見ということで立ち寄ってみた。

IMG_2136

場所はジャンジャン横丁の脇道を入ったところ。

IMG_2126

歴史を感じる店内はL字カウンターが広がり、カウンター内では背中のまあるいお母さん2人が切り盛りしている。先客は常連のおやじさんたちで、皆さん陽気に愉しい時間を過ごされている。

IMG_2118

お酒はワイン150円、酎ハイ230円からビール大瓶380円まで。毎度、大阪で驚くのがビール大瓶の安さだ。アテはショーケースに入ったお惣菜類、おでん100円や湯豆腐110円など。

▼アサヒビール大瓶@380円
IMG_2115

プハー!朝ビールサイコー。

▼田楽@1本110円
IMG_2121

熱々のこんにゃくに、味噌がたっぷり。味噌が甘く深みがあって美味しい。

出してくれる際にお母さんからこんな一言。

「田楽は串をはずして、箸で食べてな。それがミソや。」

そして、言葉を発しながら自分で笑っている。とにかく陽気でダジャレまで飛び出てくるお母さんがとても素敵。

▼おでん@各100円
IMG_2131

味がよ~く染みたおでん。出汁が効いていて、甘すぎないのがいいなぁ。パクパクいけてしまう。

【お会計 800円ほど】
※ビール大瓶、アテ2品

ダジャレを発するお母さんが印象的だった。皆さん明るく陽気で楽しい時間が過ごせた上に、激安すぎる良心的な価格帯。まだ大阪に居たいと思わせてくれる酒場でした。

満足度:★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★☆☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆

⇒食べログ「酒処 みふね」

「越源(串カツ)」

カウンターのみの小さな串カツ屋。実はこちらの串カツと、サバっとした店の雰囲気にどハマりし、2日間に渡り訪れた(笑)。

連日ランチは串カツと決めていた。伺ったことがなく行列のない店を探していて、こちらにたどり着いた次第。

IMG_1983

場所は通天閣付近の裏路地にある。

店内は、10名入るかどうかの広さ。店主は寡黙なおやじさんかと思いきや、さりげなく「どっからきたの?」と声をかけてくれたりで、気さくで優しい。

お酒はタルハイレモンが最安値で320円。大体300円台が多かったように思う。串カツは120円串がほとんどで90円~280円まで。

▼ニッカハイボール@370円
IMG_2202

串カツといえば、やっぱりハイボール!

▼とりカツ@120円
IMG_2195

こちらの串カツは、かなり細かいパン粉を使用しているようで、カリッとしており衣が薄くしつこくない。そして、ソースはさらっとタイプで酸味を感じる甘さ。まさに筆者にとってドンピシャで好みな串カツである。

2日間に渡り食べて1番気に入った串は「とりカツ」。衣はカリッっと、鶏は柔らかジューシーで肉汁がしたたる。そして、添えられた山葵をつけるといいアクセントになるんだこれが。

また、角煮のようなプルプルな豚バラ@260円、とろーんとした煮たまご@120円、ホクホクのかぼちゃ@110円も食べておきたい逸品と言える。

【お会計 1500円ほど】
※お酒2杯、串5本程度
※座りでお通しなし

書いてたらまた行きたくなりました。間違いなく、大阪に行ったらまた訪れるでしょう。個人的に、今まで食べた串カツの中で、No.1でした。

現在でも、大阪を訪れる度に立ち寄っています(2017年2月現在)。

満足度:★★★★★
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

⇒食べログ「越源」

「酒の穴(大衆酒場)」

周りの店が行列を作る中適度な空き具合で、酒飲みの穴場とも言える大衆酒場である。

先ほど紹介した「越源」が開店するまで、一杯飲もうと比較的空いていたこちらにお邪魔したところ、これが後々大正解であった!

IMG_2176

場所は通天閣付近の裏路地にある。

渋めの店内はL字カウンターが広がり、大衆酒場といった印象。カウンター内ではテキパキとした寡黙なお母さんとお兄さん。客層は、ほとんど男性で一人で来ているおやじさんたちが多かったように思う。

IMG_2165

お酒は酎ハイ類が300円、ビール大瓶は450円だ。アテはちょっとした100円の小鉢や串カツ、種類豊富なお好み焼きや焼きそばまで。

▼アサヒビール大瓶@450円
IMG_2159

プハー!やっぱり大阪はビール大瓶が安い。

▼串カツ南瓜@100円
IMG_2172

次も串カツだけれど待ちきれず、フライング!衣は厚めで、パン粉が粗いタイプ。ソースは二種で好きな方をかける方式。南瓜は煮物をつかっているのか出汁の味がして、ホクホクやわらか~これは美味しいなぁ。

▼八宝菜@200円
IMG_2166

まるでスープのような八宝菜。出汁がよくきいていて酒がすすむすすむ。こりゃ〆にもよさそうだね。こんなに野菜がたっぷりで200円って安すぎでしょ!

【お会計 1000円ほど】
※ビール大瓶、アテ2品

店名の如く、まさに酒飲みの穴場でありました。帰り際「ありがとうございました~!」と寡黙なお母さんが大きな声で一言。ギャップがたまりません。
八宝菜と南瓜の串カツはマストですよ。今度はお好み焼きも食べたいです。

現在でも、大阪を訪れる度に立ち寄っています(2017年2月現在)。

満足度:★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆

 ⇒「酒の穴」のせんべろ投稿はこちら

「ホルモン道場」

こちらは、大衆酒場のようなホルモン焼き屋。

外から見える大衆的な雰囲気に誘われて入ってみることに。

IMG_2155

場所は、ジャンジャン横丁にある。

IMG_2150

店内はコの字カウンターが広がり、カウンター内の鉄板でホルモンを焼いているので、終始香ばしい香りにつつまれている。客層はお子さん連れのファミリーから、年配の方までさまざま。

IMG_2141

酒は酎ハイ類が350円、ホルモンは大体500円ほどだ。

▼酎ハイ@350円
IMG_2143

ちょっと甘めのタイプだったような。

▼ホルモン盛り合わせ@550円
IMG_2153

8種のホルモンがミックスされた逸品。タレがソースベースのようで甘みと酸味がふわっと感じるられる。どれも臭みなくやわらかで美味しい。ごはんが欲しくなる。添えられたモヤシもタレが絡み美味い。

【お会計 1300円ほど】
※酎ハイ2杯、ホルモン

目の前で焼いてくれるライブ感がたまりませんでした。ソースベースのタレも珍しく美味しかったです。

満足度:★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

⇒食べログ「ホルモン道場」

新世界は朝〜昼酒のパラダイスですね。安くて美味い、せんべろ酒場の宝庫でした。半年後くらいにまた行きたいです!

\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。休肝日は週3日目標。情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
※投稿内容は投稿者が来店時に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
スポンサーリンク